人生にゲームをプラスするメディア

【GTS 2014】日本人なら米を食え!新潟コンピュータ専門学校でコシヒカリを配布中

幕張メッセにて開催されている東京ゲームショウ2014には、最新のゲームはもちろんのことですが、未来のゲーム業界を担う学生達の作品も展示されています。

その他 フォトレポート
【GTS 2014】日本人なら米を食え!新潟コンピュータ専門学校でコシヒカリを配布中
  • 【GTS 2014】日本人なら米を食え!新潟コンピュータ専門学校でコシヒカリを配布中
  • 【GTS 2014】日本人なら米を食え!新潟コンピュータ専門学校でコシヒカリを配布中
  • 【GTS 2014】日本人なら米を食え!新潟コンピュータ専門学校でコシヒカリを配布中
  • 【GTS 2014】日本人なら米を食え!新潟コンピュータ専門学校でコシヒカリを配布中
  • 【GTS 2014】日本人なら米を食え!新潟コンピュータ専門学校でコシヒカリを配布中
  • 【GTS 2014】日本人なら米を食え!新潟コンピュータ専門学校でコシヒカリを配布中
  • 【GTS 2014】日本人なら米を食え!新潟コンピュータ専門学校でコシヒカリを配布中
  • 【GTS 2014】日本人なら米を食え!新潟コンピュータ専門学校でコシヒカリを配布中
幕張メッセにて開催されている東京ゲームショウ2014には、最新のゲームはもちろんのことですが、未来のゲーム業界を担う学生達の作品も展示されています。

新潟コンピュータ専門学校のブースでは、現在就職活動中の学生が作ったゲームがズラリと20作品ほど並び、一度にすべてを展示しきれないので毎日ローテーションでゲームを展示しているとの事でした。

本ブースで特徴的なのは、ゲームの展示数もさることながら日本人のソウルフードであるお米(コシヒカリ)が配布されている事です。

確かに新潟はお米の国ですが、なぜコンピュータの専門学校のブースでお米を配っているのか尋ねた所、「我が校と姉妹関係にある新潟農業・バイオ専門学校の学生達が丹精込めて作ったお米なんです。こういった大きな場でコラボレーションが出来ればと思い配布しています。」との事で、昨今盛り上がりを見せる農業のIT活用を目の当たりしました。

両校のコラボはゲームショウ以外では特にないようですが、今後はもっと連携し様々な展開をしていきたいとのこと。ゲームと農業の未来を切り開く若者達にコシヒカリのような輝く未来があらんことを!
《山崎浩司》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

  2. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

  3. 「FGO バビロニア×ココス」コラボ初日に中野店へ行ってみた! 外観・店内、更にバイト募集までFGO仕様に【レポート】

  4. これは依存症不可避?モンスターエナジーの新たなフレーバー「ミュール」にコジプロが反応

アクセスランキングをもっと見る

1