人生にゲームをプラスするメディア

ミドルウェアブランド「CRIWARE」がMMO FPS『Destiny』に採用、ムービーの細かな表現から開発の効率化にも貢献

ゲームビジネス 開発

ミドルウェアブランド「CRIWARE」がMMO FPS『Destiny』に採用、ムービーの細かな表現から開発の効率化にも貢献
  • ミドルウェアブランド「CRIWARE」がMMO FPS『Destiny』に採用、ムービーの細かな表現から開発の効率化にも貢献
  • ミドルウェアブランド「CRIWARE」がMMO FPS『Destiny』に採用、ムービーの細かな表現から開発の効率化にも貢献
CRI・ミドルウェアは、ミドルウェア製品のブランド「CRIWARE(シーアールアイウェア)」が、MMO FPS『Destiny』に採用されたと発表しました。

PlayStation 4/3(海外ではXbox One/360も対応)『Destiny』は、『Halo』シリーズで知られるBungie社が開発する多人数同時参加型オンラインFPSです。今回「CRIWARE」は、高画質・高機能ムービー再生ミドルウェアとしてムービーシーンの高画質再生を実現し、『Destiny』がこだわる映像美をサポートしています。

「CRIWARE」のゲーム開発に最適化した独自のコーデックとエンコード技術で、通常ではつぶれやすい細かい線や砂塵などの表現までクリアな再生を実現しています。また、1本のムービーに複数の音声と字幕を持たせることができるマルチリンガル機能で、データ容量を抑えた複数言語対応を実現。更に、プラットフォーム共通の再生プログラムにより、マルチプラットフォーム開発の効率化にも貢献したとのこと。

なお、Bungie社『Destiny』プロデューサーからのコメントも公開されています。

「我々 Bungie社はこれから発売されるタイトル “Destiny” において、ミドルウェア “CRI Movie(Sofdec2海外版)” を採用することを嬉しく思います。CRI Movieを使用することによって複数のプラットフォーム上でディスク容量や圧縮率と戦うことなくDestinyにおける美しい高解像度のムービーを収めることができました。CRI・ミドルウェア社は、我々のタイトル開発ワークフローにおけるいくつかの重要な機能追加を行うために一緒に働いてくれました。サンフランシスコオフィスと日本オフィスのCRIのチームは素晴らしいテクニカルサポートを行ってくれたことも付け加えます。」
-Bungie Inc. “Destiny” プロデューサー


(c)2014 Bungie, Inc. All rights reserved. Destiny, the Destiny Logo, Bungie and the Bungie Logo are among the trademarks of Bungie, Inc. Published and distributed by Sony Computer Entertainment Inc. in association with Activision.
※「PlayStation」は、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標または商標です。
※「Xbox 360」、Xbox 関連ロゴは米国 Microsoft Corporationおよび/またはその関連会社の商標です。
※CRI・ミドルウェア、CRI・ミドルウェアロゴ、「CRIWARE」、「CRI Sofdec」「CRI MOVIE」は、日本およびその他の国における株式会社CRI・ミドルウェアの商標または登録商標です。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  3. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  4. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  5. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  6. 『シェンムー』聖地巡礼ガイドマップを制作した横須賀市にインタビュー! 担当者ふたりの情熱がファン垂涎のアイテムを作り上げた【特集】

  7. 【レポート】VR映像ってどうやって撮影されるの?グラドル星名美津紀の撮影現場に潜入

  8. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  9. 体感型筐体「VR センス」がいち早くプレイできる店舗が登場、『超 真・三國無双』など対応タイトルも発表

  10. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

アクセスランキングをもっと見る