人生にゲームをプラスするメディア

ミドルウェアブランド「CRIWARE」がMMO FPS『Destiny』に採用、ムービーの細かな表現から開発の効率化にも貢献

ゲームビジネス 開発

ミドルウェアブランド「CRIWARE」がMMO FPS『Destiny』に採用、ムービーの細かな表現から開発の効率化にも貢献
  • ミドルウェアブランド「CRIWARE」がMMO FPS『Destiny』に採用、ムービーの細かな表現から開発の効率化にも貢献
  • ミドルウェアブランド「CRIWARE」がMMO FPS『Destiny』に採用、ムービーの細かな表現から開発の効率化にも貢献
CRI・ミドルウェアは、ミドルウェア製品のブランド「CRIWARE(シーアールアイウェア)」が、MMO FPS『Destiny』に採用されたと発表しました。

PlayStation 4/3(海外ではXbox One/360も対応)『Destiny』は、『Halo』シリーズで知られるBungie社が開発する多人数同時参加型オンラインFPSです。今回「CRIWARE」は、高画質・高機能ムービー再生ミドルウェアとしてムービーシーンの高画質再生を実現し、『Destiny』がこだわる映像美をサポートしています。

「CRIWARE」のゲーム開発に最適化した独自のコーデックとエンコード技術で、通常ではつぶれやすい細かい線や砂塵などの表現までクリアな再生を実現しています。また、1本のムービーに複数の音声と字幕を持たせることができるマルチリンガル機能で、データ容量を抑えた複数言語対応を実現。更に、プラットフォーム共通の再生プログラムにより、マルチプラットフォーム開発の効率化にも貢献したとのこと。

なお、Bungie社『Destiny』プロデューサーからのコメントも公開されています。

「我々 Bungie社はこれから発売されるタイトル “Destiny” において、ミドルウェア “CRI Movie(Sofdec2海外版)” を採用することを嬉しく思います。CRI Movieを使用することによって複数のプラットフォーム上でディスク容量や圧縮率と戦うことなくDestinyにおける美しい高解像度のムービーを収めることができました。CRI・ミドルウェア社は、我々のタイトル開発ワークフローにおけるいくつかの重要な機能追加を行うために一緒に働いてくれました。サンフランシスコオフィスと日本オフィスのCRIのチームは素晴らしいテクニカルサポートを行ってくれたことも付け加えます。」
-Bungie Inc. “Destiny” プロデューサー


(c)2014 Bungie, Inc. All rights reserved. Destiny, the Destiny Logo, Bungie and the Bungie Logo are among the trademarks of Bungie, Inc. Published and distributed by Sony Computer Entertainment Inc. in association with Activision.
※「PlayStation」は、株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントの登録商標または商標です。
※「Xbox 360」、Xbox 関連ロゴは米国 Microsoft Corporationおよび/またはその関連会社の商標です。
※CRI・ミドルウェア、CRI・ミドルウェアロゴ、「CRIWARE」、「CRI Sofdec」「CRI MOVIE」は、日本およびその他の国における株式会社CRI・ミドルウェアの商標または登録商標です。
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  2. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

    【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  3. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

    「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  4. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  5. 【レポート】100センチの巨尻に会いに行く!グラドルVRビデオ「トキメキメテオ」、その見どころは?

  6. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  7. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

  8. 【DEVELOPER’S TALK】最新技術で温故知新・・・開発者の思い入れが詰まった「ハルヒ」の集大成『涼宮ハルヒの追想』

  9. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  10. 【CEDEC 2013】「アジアの常識は、日本の非常識」矛盾を解消するところに新しいビジネスモデルが生まれる

アクセスランキングをもっと見る