人生にゲームをプラスするメディア

New 3DSは日本での普及を見すえたハード? 3DS新モデルの狙いとゆくえとは

Newニンテンドー3DS――10月11日より、3DSシリーズに新たな仲間が加わります。任天堂はどのような狙いで新モデルをNew 3DSと名づけ、これからどう売っていくのか? 発表された情報を元に類推してみます。

任天堂 3DS
『スマブラ』のみならず、サードパーティー製のタイトルのプレイアビリティ向上もアピールしていたCスティック
  • 『スマブラ』のみならず、サードパーティー製のタイトルのプレイアビリティ向上もアピールしていたCスティック
  • New 3DSはamiiboにひと足早く対応。3DSでの対応は2015年以降の話だと思っていたので、これはうれしい誤算でした
  • スーパーファミコンをモチーフにしたボタンカラー。いっそ、もっと同機のコントローラーによせたカラーも出してほしいところです
  • クレードルは寝かせるタイプから立てるタイプに。そうして空いたスペースにamiiboを置いてほしいのでは……というのは考えすぎでしょうか
  • なんらかの手段で、New 3DSのスピーカーの詳細についてもアナウンスしてほしいところです
8月29日に配信された「Nintendo 3DS Direct 2014.8.29」で3DSの新モデル「New ニンテンドー3DS」と「New ニンテンドー3DS LL」が発表されました。その性能や特徴は当サイトの関連記事や公式サイト、そして任天堂がアップロードしている「約90秒~」を見ていただくのが確実です。ここでは、New 3DSはどのような思いで作られ、発売後いかなる道を歩んでいくか……といってしまうと大げさなのですが、発表された情報を元に想像をめぐらせてみたいと思います。

◆スーパー……ではなくNewな3DS


2012年末、Wii U発売直前から発売当時の任天堂は公式サイトやTVCMでWii Uを「スーパーなWii」と表現していました。ファミコンの後継機としてスーパーファミコンが出たときを思い出させます。ところが3DSの新モデルが冠するのは「スーパー」ではなく「New」。「New」がつく任天堂の大ヒット商品といえば『Newスーパーマリオ』シリーズ。若い世代にも伝わりやすいよう、最近のヒット作にあやかったのかもしれません。

◆New 3DSは日本での普及を見すえたモデル?


『大乱闘スマッシュブラザース for 3DS』には間に合いませんでしたが、ユーザーの中にカメラ操作用の右スティックを望む声も多かった『モンスターハンター4G』と同時発売というのは、カプコンにとっても任天堂にとってもかなりの追い風。年末商戦に向けて、コンスタントに普及台数を伸ばしてくれそうです。

また、前述のニンテンドーダイレクトでは、Cスティックを『MH4G』のみならず『ドラゴンクエストX』、『ファイナルファンタジー エクスプローラーズ』などでも便利であるとアピールしており、アクションゲームなど、カメラ操作を要するタイトルもリリースしやすくなりそうです。格調スライドパッドをリリース→新モデルでボタンとスティック追加……という流れを見ていると、3DSの次世代機では最初からこのくらいの数のボタン、スティックを用意してくるのかもしれません。

その一方で、ボタンやスティックに頼らない遊びとして、裸眼立体視機能の強化や、NFCリーダーの搭載もうれしいところ。特に3DS用のNFCリーダー/ライターは2015年前半の発売を目指すと発表されていましたので、新モデル先行とはいえこんな早いタイミングで対応してくるのは意外でした。立体視やamiiboを活用したゲームにも期待がかかります。

逆に気になったのは、欧米市場での年内発売は予定にないというところでしょうか。海外市場はホリデーシーズン(11月下旬~年内いっぱい)にいかに発売を間に合わせるか、いかに売るかが勝負どころ。ここを逃してしまうとスタートダッシュでつまづいてしまいます。

ちょうど時期をあわせてWii Uと2DSのパックが発表されたことからも、海外ではNew 3DSはまだ普及の見込みがないと考えているのでしょう。それは任天堂にとっては痛手かもしれませんが、我々日本のユーザーからしてみるとちょっと楽しみなことでもあります。海外で売れる見込みが少ないのなら、自然と日本の方を向いた施策やソフトが多くなるかもしれません。

◆New3DS専用ソフトはどうなる?


任天堂製携帯ゲーム機の新モデル専用ソフトというと、これまでにもゲームボーイカラー専用ソフト、DSi専用ソフト、そしてDSiウェアなどが見られました。ですが、ゲームボーイカラーは本体が急速な普及を見せた(これは「Nintendo Online Magazine No.21」に詳しいです)ことで、末期はほとんどがカラー専用ソフトになったほど。逆にDSiは専用のパッケージソフトは『モンスターファインダー』ただ一本だったり、DSiに代わるポジションとなるダウンロードソフトはすでに多くリリースされていたり……と、どれもNew 3DSの今後を予想する材料にはなりづらそうです。

そんなNew 3DS専用ソフト第一弾はWii『ゼノブレイド』の移植作。国内外を問わず高い評価を誇る、Wiiきっての大作RPGです。その後何タイトル出てくれるのかは分かりませんが、今後を期待させてくれる一本です。また、New 3DS専用とは言わずとも3DSとNew 3DSで処理速度やグラフィックの表現が異なるソフトも開発中とのことで、これも続報が気になります。

また、ネットではNew 3DSのABXYボタンの配色とCPUの性能アップに着目して「New 3DS専用でSFCのバーチャルコンソールが配信されるのでは」などという予想も見られました。ボタンの配色はちょっとした遊び心という可能性もありますが、そうなってくれればこれも本体普及のカンフル剤になってくれるかもしれません。

あれこれと予想を並べてみましたが、やはり百聞は一見にしかず。9月下旬から順次全国のショップに向けてNew 3DSの試遊台を提供するとのことですので、気になった方はやはり実機を触ってみるのがいいでしょう。筆者は3DS LLで3DSからスペックダウンしてしまったスピーカー周りの仕様がどうなったかが気になりますがこれは店頭の試遊台では体感しづらそうなので、更新を期待して公式サイトもこまめにのぞいてみようと思います。

(C) 2014 Nintendo
《蚩尤》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!

    リメイク発表で話題沸騰の『ゼルダの伝説 夢をみる島』ってどんなゲーム?実は「26年前の異色の名作」!

  2. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

    『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  3. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  4. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  5. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  6. 『スーパーマリオメーカー2』Nintendo Directの映像からわかる16の新要素

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  9. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  10. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る