人生にゲームをプラスするメディア

『ブレイブリーセカンド』TGSに試遊出展を予定! マグノリアフィギュアも飛び出した生放送をご紹介

スクウェア・エニックスは、「生放送!ブレイブリー〇〇企画会議」にて、ニンテンドー3DSソフト『ブレイブリーセカンド』を東京ゲームショウに試遊出展するとの予定を明かしました。

任天堂 3DS
『ブレイブリーセカンド』TGSに試遊出展を予定! マグノリアフィギュアも飛び出した生放送をご紹介
  • 『ブレイブリーセカンド』TGSに試遊出展を予定! マグノリアフィギュアも飛び出した生放送をご紹介
  • 『ブレイブリーセカンド』TGSに試遊出展を予定! マグノリアフィギュアも飛び出した生放送をご紹介
  • 『ブレイブリーセカンド』TGSに試遊出展を予定! マグノリアフィギュアも飛び出した生放送をご紹介
  • 『ブレイブリーセカンド』TGSに試遊出展を予定! マグノリアフィギュアも飛び出した生放送をご紹介
スクウェア・エニックスは、「生放送!ブレイブリー〇〇企画会議」にて、ニンテンドー3DSソフト『ブレイブリーセカンド』を東京ゲームショウに試遊出展するとの予定を明かしました。

ターンの前借りや、防御を固めることで行動数を繰り越すといった個性的な戦闘システム、そして主人公パーティはもちろんのこと敵として立ちはだかる様々なキャラクターがそれぞれ魅力的に描かれ、バトルから物語まで多くのユーザーを魅了した『ブレイブリーデフォルト』。

その続編となり、また前作のヒロイン・アニエスがさらわれることで物語の幕が開く『ブレイブリーセカンド』にも、多くの注目が集まっています。まだ本質の多くは秘められたままですが、本作での活躍が期待されている魔王バスター・マグノリアの凛々しくもキュートなビジュアルに、既に心を奪われた方も少なくありません。

古き良きRPGを踏襲しながら遊びやすさも追求されている『ブレイブリーセカンド』。残念ながら発売日はまだ明かされていませんが、本作の魅力を体感する機会は予想以上に早く訪れることがこのたび判明しました。

8月25日の21時から開始した「生放送!ブレイブリー〇〇企画会議」は、その名の通り企画会議を配信するといったコンセプトに基づき、まだ公式の決定ではないものの、進行している企画や、構想段階のアイデアなどをユーザーに直接伝える番組となっており、その中で『ブレイブリーセカンド』の最速となる試遊体験の予定が飛び出しました。

来月実施される「東京ゲームショウ2014」に『ブレイブリーセカンド』を試遊出展すべく、専用のバージョンを現在鋭意制作中とのことです。しかもその試遊出展版には、アスタリスクを所持する新キャラクターや、新たなジョブも収録予定という発表も。前作ファンにとっては、見逃せない出展となりそうです。『ブレイブリー』シリーズが、東京ゲームショウに試遊出展を行うのは今回が初の出来事。それだけに、どのような手応えを用意してくれるのか実に楽しみです。

またこの番組内では、今年のコミックマーケットで販売した限定200個の「おすわりイデアちゃん」が2時間弱で完売した話や、様々なグッズの要望が寄せられたことなども明かしており、番組の後半では「どのようなグッズを用意したらいいか」「推すべき部分はどこか」などの、まさに企画会議といったやり取りが交わされました。

さらに、「マグノリア 1/8フィギュア」の最新バージョンを直にお披露目。そのサイズの大きさを改めて実感させられると共に、以前のバージョンよりも更にブラッシュアップされ、より完成度が高められている様子を確認することができました。

なお雑談の中では、「追って体験版も用意したい」との話も飛び出しました。タイトルにもある通り、あくまで「企画会議」なので正式な告知ではありませんが、開発陣が制作する意欲を持っていることが分かっただけでも、現段階では充分な朗報と言えるでしょう。TGSでの試遊出展とともに、今後の動向に期待が募ります。

『ブレイブリーセカンド』は、発売日・価格ともに未定です。

※画像は、生放送の映像をキャプチャーしたものです。

(C) SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
MAIN CHARACTER DESIGN:Akihiko Yoshida.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》
臥待 弦(ふしまち ゆずる)

楽する為に努力する雑食系ライター 臥待 弦(ふしまち ゆずる)

世間のブームとズレた時間差でファミコンにハマり、主だった家庭用ゲーム機を遊び続けてきたフリーライター。ゲームブックやTRPGなどの沼にもどっぷり浸かった。ゲームのシナリオや漫画原作などの文字書き仕事を経て、今はゲーム記事の執筆に邁進中。「隠れた名作を、隠れていない名作に」が、ゲームライターとしての目標。隙あらば、あまり知られていない作品にスポットを当てたがる。仕事は幅広く募集中。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新ポケモン「ウミディグダ」公開!パルデア地方のディグダ…ではない!?

    『ポケモン スカーレット・バイオレット』新ポケモン「ウミディグダ」公開!パルデア地方のディグダ…ではない!?

  2. 『モンハンライズ:サンブレイク』傀異化したラージャンが、見た目だけでもうヤバい!「無料アプデ第2弾」を前に、震え上がるハンターたち

    『モンハンライズ:サンブレイク』傀異化したラージャンが、見た目だけでもうヤバい!「無料アプデ第2弾」を前に、震え上がるハンターたち

  3. 『スプラトゥーン3』プライベートマッチを“中断できる”便利機能紹介―しかし悪用を危惧する声も…

    『スプラトゥーン3』プライベートマッチを“中断できる”便利機能紹介―しかし悪用を危惧する声も…

  4. 『スプラトゥーン3』通信問題・操作感に絞った「臨時更新データ」配信決定!マニューバー、ワイパーなどの不具合修正へ

  5. 『ポケモン』スケールダウンが止まらない!?生まれ変わりつつある“悪の組織”という概念

  6. 『ポケモンSV』謎の新ポケモン発覚!?トレイラーに映り込んでいた“目玉エンジン”にファン騒然

  7. 『モンハン』真正面から見た「フルフル」が怖い!海外公式の“どアップ画像”に「いいね」1.4万超え

  8. 『星のカービィ』とコラボしたグッズ「ぷわぷわシリーズ」が発売!笑顔と寝顔、カービィの可愛らしさを2つの表情でお届け

  9. 『モンハンライズ:サンブレイク』アプデで、フゲンが使う環境生物の当たり判定に修正―里長がついに脱“カエル初心者”へ

  10. 『ポケモンSV』囚われの身だったポケモンがついに解禁!?3DS以来の再会に「出るの何年ぶり!?」

アクセスランキングをもっと見る