人生にゲームをプラスするメディア

『英雄伝説 閃の軌跡II』シリーズを代表する「オリヴァルト皇子」と、士官学院の先輩「ジョルジュ」が登場

日本ファルコムは、PS3/PS Vitaソフト『英雄伝説 閃の軌跡II』の最新情報を公開しました。

ソニー PS3
オリヴァルト皇子
  • オリヴァルト皇子
  • 『英雄伝説 閃の軌跡II』シリーズを代表する「オリヴァルト皇子」と、士官学院の先輩「ジョルジュ」が登場
  • 『英雄伝説 閃の軌跡II』シリーズを代表する「オリヴァルト皇子」と、士官学院の先輩「ジョルジュ」が登場
  • 『英雄伝説 閃の軌跡II』シリーズを代表する「オリヴァルト皇子」と、士官学院の先輩「ジョルジュ」が登場
  • ジョルジュ
  • 『英雄伝説 閃の軌跡II』シリーズを代表する「オリヴァルト皇子」と、士官学院の先輩「ジョルジュ」が登場
  • 『英雄伝説 閃の軌跡II』シリーズを代表する「オリヴァルト皇子」と、士官学院の先輩「ジョルジュ」が登場
日本ファルコムは、PS3/PS Vitaソフト『英雄伝説 閃の軌跡II』の最新情報を公開しました。

『英雄伝説 閃の軌跡II』は、人気ストーリーRPG『英雄伝説』シリーズ最新作。前作『英雄伝説 閃の軌跡』の続編となる本作では、内戦状態となった巨大国家エレボニア帝国を舞台に、若き士官学院生たちの激動の日々が壮大なスケールで描かれていきます。

今回は、エレボニア帝国内で対立する《貴族派》と《革新派》のどちらにも属さない、新たな第三の勢力として登場する「軌跡」シリーズ屈指の人気キャラ「オリヴァルト皇子」や、前作「閃の軌跡」で主人公リィンたちをサポートしていた士官学院の先輩「ジョルジュ」の情報が公開されました。

◆登場人物


■オリヴァルト皇子(27歳)
CV:子安武人さん

エレボニア帝国の皇帝ユーゲントIII世の長子で、風流人として知られる皇子。庶出のため帝位継承権は放棄しており、その分しがらみが無いせいか、最近では社交界やメディアなどに積極的に顔を出して名前が知られていました。トールズ士官学院の理事長を務めており、リィンたちが所属する特科クラス《VII組》設立の立案者でもあります。かねてより帝国内で激化する《貴族派》と《革新派》の対立を憂慮し、最新鋭の高速巡洋艦《カレイジャス》の建造を主導。各地の中立派・良識派に働きかけ、自ら“第三の勢力”となることで内戦を食い止めようとしていました。しかし内戦勃発と同時に《カレイジャス》と共に消息不明となってしまいます。

■ジョルジュ・ノーム(19歳)
CV:森岳志さん

トールズ士官学院2年に所属する、ツナギを着た恰幅のいい先輩。学生ながら卓越した技術力を持ち、導力バイクを自作したり士官学院の技術棟を1人で担当するなど、各方面から頼りにされていました。士官学院のクロウ、トワ、アンゼリカとは1年の時以来の仲であり、学院の行事ごとも協力して運営していました。それだけにクロウの“離脱”には、3人とも思う所があるようですが──。エレボニア帝国での内戦勃発と同時に士官学院が襲撃された際は生徒会長のトワと共に学院内に残っていましたが、そのまま消息が分からなくなっています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

『英雄伝説 閃の軌跡II』は2014年9月25日発売予定。価格はPS3の通常版が7,800円(税抜)、PS Vita通常版が6,800円(税抜)、PS3限定ドラマCD同梱版が8,800円(税抜)、PS Vita限定ドラマCD同梱版が7,800円(税抜)です。

(C)2014 Nihon Falcom Corporation. All rights reserve
《ひびき》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『原神』延期されていた「Ver.2.7アップデート」5月31日実施!予告番組には「夜蘭」や「魈」の姿も

    『原神』延期されていた「Ver.2.7アップデート」5月31日実施!予告番組には「夜蘭」や「魈」の姿も

  2. PS5専用で『ファイナルソード』発売!豪華12か国語入り、3D立体視には非対応

    PS5専用で『ファイナルソード』発売!豪華12か国語入り、3D立体視には非対応

  3. 「PS5」の販売情報まとめ【5月19日】─「ビックカメラ.com」がPS5/Xbox Series Xの抽選販売開始、「ひかりTVショッピング」も受付中

    「PS5」の販売情報まとめ【5月19日】─「ビックカメラ.com」がPS5/Xbox Series Xの抽選販売開始、「ひかりTVショッピング」も受付中

  4. 『原神』新キャラクター「鹿野院平蔵」発表!風元素を操る“自由奔放な探偵”

  5. 新たな『バイオ』コラボや新キラー&サバイバー発表!『Dead by Daylight』6周年まとめ―「進撃の巨人」コラボなど他にも情報盛りだくさん

  6. 『モンハンワールド:アイスボーン』下手くそでも「ソロ用ムフェト・ジーヴァ」に勝てるのか? 新規救済に見えた“(ある意味)辛い狩猟”をレポート

  7. 『パワプロ2022』のパワフェスは難しい!? 「達人モード」をクリアするために、“全一プロ”にコツを聞いてみた

  8. 『ELDEN RING』覗けるのは「フィアのパンツ」だけじゃない―さらに「下乳」と「お尻」も見てみた

  9. PS5までの歴代PlayStation据え置きハードを振り返る!これまでの進歩とこれからの進歩を見比べよう

  10. 『Fate/EXTELLA LINK』シャルルマーニュのカッコ良さに中二病が呼び覚まされる-佃プロデューサーへのプチインタビューも【プレイレポ】

アクセスランキングをもっと見る