人生にゲームをプラスするメディア

中国版『FF14』が 8月25日よりオープンβを実施、1時間10円の重量課金制を採用

中国向け『Final Fantasy XIV 新生エオルゼア』のサービス利用料金が発表されました。

ソニー PS3
中国版『FF14』が 8月25日よりオープンβを実施、1時間10円の重量課金制を採用
  • 中国版『FF14』が 8月25日よりオープンβを実施、1時間10円の重量課金制を採用
中国向け『Final Fantasy XIV 新生エオルゼア』のサービス利用料金が発表されました。

中国ではスクウェア・エニックスと大手オンラインゲーム会社中国盛大遊戯が共同でサービスを開始する本作。 中国国内に独自サーバーが設置されるなど、サービス体系も他国とは違った内容となることが予測されていました。

先日発表された詳細によると、クライアントは無料でダウンロード可能で、利用料金は1時間0.6元(約10円)の重量課金制。 例えば1日4時間ほどプレイするユーザーの場合、1ヶ月で1,235円程度の課金額になりますが、日本ではエントリーが月額1,382円ですのでかなり割高といった印象です。

しかし中国ではネットカフェなどでオンラインゲームを楽しんでいるユーザーが非常に多く、そういう意味ではこの料金体系は適切と言えるかもしれません。

現在は39元のパッケージとゲーム内アイテムがもらえる78元のパッケージが販売中で、これには65時間分の利用権と8月25日より始まるオープンβの参加権が含まれます。 また、オープンβ期間中も課金は行われるということです。
《菜種》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『FF7 リメイク』召喚獣「カーバンクル」のバトルシーンが公開!「きゅ~」と鳴きながら仲間に力を与える姿は必見

    『FF7 リメイク』召喚獣「カーバンクル」のバトルシーンが公開!「きゅ~」と鳴きながら仲間に力を与える姿は必見

  2. PS4『ベヨネッタ&ヴァンキッシュ』国内発売日は5月28日!最新PVで“より滑らかになったハイスピードアクション”をチェック

    PS4『ベヨネッタ&ヴァンキッシュ』国内発売日は5月28日!最新PVで“より滑らかになったハイスピードアクション”をチェック

  3. 『FF7 リメイク』召喚獣「サボテンダー」と「コチョコボ」の紹介映像公開!クラウドをサポートするその姿は、可愛くも頼もしい

    『FF7 リメイク』召喚獣「サボテンダー」と「コチョコボ」の紹介映像公開!クラウドをサポートするその姿は、可愛くも頼もしい

  4. 『FF7 リメイク』コチョコボ、カーバンクル、サボテンダーの3Dモデルを披露! ティファのバトル画像や新要素「なんでも屋クエスト」なども

  5. 『FF7 リメイク』アルティマニア、4月28日発売決定!その分厚さにも期待が高まる

  6. 『FF7』リメイク版で「ティファ」がどのような変化を遂げたかチェック─縮んだってマジ?

  7. リニューアルした「PlayStation Now」ってどうなの?メリット&デメリットをひとまとめ!おすすめゲーム10選も

  8. PS4版『機動戦士ガンダム EXTREME VS. マキオン』はエクストラ機体も初期から参戦!ゲームバランスはアーケード版最終環境を移植【特別番組まとめ】

  9. 『鉄拳7』全世界販売数500万本突破!登場キャラ大集合の記念イラスト公開―中には原田勝弘氏の姿も?

  10. 【CEDEC 2016】『FF15』開発の裏側...スクエニ独自の技術が作り出すリアルな世界

アクセスランキングをもっと見る