人生にゲームをプラスするメディア

スクウェア・エニックスHD、平成27年3月期第1四半期決算を発表 ― 純利益34億800万円に

ゲームビジネス その他

スクウェア・エニックス・ホールディングス 平成27年3月期第1四半期決算スクリーンショット
  • スクウェア・エニックス・ホールディングス 平成27年3月期第1四半期決算スクリーンショット
スクウェア・エニックス・ホールディングスは、平成27年3月期 第1四半期決算を発表しました。

売上高377億5400万円(前年同期比 56.8%増)、営業利益50億6800万円(前年同期比 634.9%増)、経常利益48億5500万円(前年同期比 224.2%増)、純利益34億800万円となりました。

ゲームを中心とするデジタルエンタテインメント・コンテンツの企画、開発、販売及び運営を行っているデジタルエンタテインメント・コンテンツ事業は、家庭用ゲーム機向けタイトルにおいて、『マーダード 魂の呼ぶ声』を欧米向けに発売したほか、昨年度発売したタイトルのリピート販売が好調でした。また、スマートデバイス・PCブラウザ等をプラットフォームとしたコンテンツでは、ブラウザゲーム『戦国IXA(イクサ)』やスマートフォン向けゲーム『ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト』が引き続き順調に推移したほか、4月にサービスを開始した『スクールガールストライカーズ』が好調なスタートを切りました。多人数参加型オンライン・ロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーXIV』『ドラゴンクエストX』の運営も、堅調に推移したとのことです。

アミューズメント事業は、4月にアミューズメント機器『パズドラ バトルトーナメント ラズール王国とマドロミドラゴン』を稼働開始しました。消費税率の引き上げによる影響はあったものの、アミューズメント施設運営も業績は堅調に推移しています。出版事業はアニメ化などメディアミックス効果により、コミックの売上が順調に推移、ライツ・プロパティ等事業は自社コンテンツのキャラクターグッズ、サウンドトラック等の発売・許諾を行うとともに、他社の有力コンテンツのキャラクターグッズ化による品揃えの強化や海外展開による収益の機会の多様化に努めているとのことです。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  2. 『龍が如く 見参!』インタビュー 次世代のゲーム作りを聞きました

    『龍が如く 見参!』インタビュー 次世代のゲーム作りを聞きました

  3. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

    国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  4. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第3回 3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

  6. 物理ベースでの絵作りを通して見えてきたもの/アグニのデザイナーが語るリアルタイムワークフロー・・・スクウェア・エニックス・オープンカンファレンス2012

  7. 限界突破!ドラゴンボールへの愛×次世代機で実現した『ドラゴンボールZ バーストリミット』インタビュー

  8. 総合大賞は『FIFA』、殿堂入りに『プロ野球ドリームナイン』など・・・グリープラットフォームアワード2011授賞式

  9. 今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『ファンタシースターオンライン2 クラウド』他

  10. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

アクセスランキングをもっと見る

1