人生にゲームをプラスするメディア

セガサミーHD、平成27年3月期第1四半期決算を発表 ― パッケージ販売本数が前期同期実績を上回るも減収減益

ゲームビジネス その他

セガサミーホールディングス平成27年3月期第1四半期決算スクリーンショット
  • セガサミーホールディングス平成27年3月期第1四半期決算スクリーンショット
セガサミーホールディングスは、平成27年3月期第1四半期決算を発表しました。

売上高883億6600万円(前年同期比 2.6%減)、営業利益93億700万円(前年同期比 42.3%減)、経常利益100億1100万円(前年同期比 41.3%減)、純利益55億2000万円(前年同期比 57.4%減)となりました。

アミューズメント機器事業は、『WORLD CLUB Champion Football』シリーズのCVTキットやカード等の消耗品の販売、『ボーダーブレイク』シリーズ、『セガネットワーク対戦麻雀 MJ5 REVOLUTION』などのレベニューシュアタイトルによる配分収益が計上されましたが、主力タイトルの販売がありませんでした。アミューズメント施設事業は、前期に引き続き、既存店舗の運営力強化を行いましたが、消費税率引き上げによる売上高減少の影響を受けました。

コンシューマ事業においては、パッケージゲーム分野にて『ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス』などの新作タイトルの販売を行い、パッケージ販売本数が米国63万本、欧州64万本、日本42万本、合計170万本となり、前期同期実績を上回っています。一方、携帯電話・スマートフォン・PCダウンロード等のデジタルゲーム分野において、オンラインRPG『ファンタシースターオンライン2』『ぷよぷよ!!クエスト』『チェインクロニクル』等のスマートフォン向け配信タイトルが堅調に推移。デジタルゲーム分野における国内配信タイトル数は、平成26年6月末時点で134本(うち、売切り型73本、無料プレイ型61本)となっています。

玩具販売事業は、「アンパンマンシリーズ」及び「ジュエルポッドシリーズ」などの定番商品を中心に販売を実施。アニメーション映像事業においては、「ルパン三世vs名探偵コナン THE MOVIE」の配給収入やTVシリーズ「弱虫ペダル」などが好調に推移しました。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

    【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  2. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  5. 「PlayStation VR」3月末より一部店舗と通販サイトで追加販売へ

  6. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  7. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  8. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  9. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  10. 【NDC17】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

アクセスランキングをもっと見る