人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2014】中国最大手・盛大は『FF14』を猛プッシュ!『魔界村オンライン』もあった

中国最大手のオンラインゲームメーカー、盛大(Shanda)はChina Joyの会場の中でも最大規模のブースを出展。(コンパニオンのお姉さま方のクオリティも会場随一でした。)

PCゲーム その他PCゲーム
盛大遊戯(Shanda Games)ブースの様子
  • 盛大遊戯(Shanda Games)ブースの様子
  • 巨大スクリーンでもFF14を紹介
  • 最終幻想14というタイトル
  • 試遊台の様子
  • 試遊台の様子
  • 試遊台の様子
  • ミニシアターで4K映像を楽しめた
  • タイトルロゴ
中国最大手のオンラインゲームメーカー、盛大(Shanda)はChina Joyの会場の中でも最大規模のブースを出展。(コンパニオンのお姉さま方のクオリティも会場随一でした。)



盛大が今回、全面的に推しているのはスクウェア・エニックスとのライセンス契約で同社から配信される『ファイナルファンタジーXIV 新生エオルゼア』(最終幻想14)。既に地下鉄駅での大々的なプロモーションをお伝えしましたが、ブースも『FF14』一色となっていました。

『FF14』は7月22日から中国でのβテストが開始されたばかり。盛大ブースでは最も目立つ位置に巨大な看板が設置。巨大スクリーンではイベント開催時以外は常にゲーム映像が流され、並んでいるPCも大半が『FF14』のもの、という力の入れ具合。更にブース奥には4Kテレビでトレイラーが鑑賞できるミニシアターも設置されていました。



プロデューサーの吉田直樹氏も会場を訪れ、サイン会を実施。配布されていたポスターにサインを貰おうと、物凄い数のユーザーが行列を作りましたが、吉田氏は一人一人に丁寧にサインをし、写真撮影にも応じるなどファンサービスに努めていました。

「ファイナルファンタジー」が正式に中国で提供されるのは今回が始めてだということですが、家庭用ゲーム機が禁止されてきた時代から、様々な手段でゲームに触れてきたユーザーは多く、中国でも人気のあるフランチャイズの1つだとのこと。ある現地のゲーム好きも盛大の力の入れように「これは成功するでしょう」と話していました。生まれ変わった『FF14』とパワフルな現地パブリッシャーの組み合わせはかなり強力なタッグと言えそうです。

『FF14』以外の展示は殆ど無かった盛大ブースですが、並んでいたPCの中で見慣れた文字を発見―――「魔界村」です。カプコンの歴史あるフランチャイズですが、『魔界村オンライン』となって登場です。



実はこの『魔界村オンライン』、発表されたのは2008年に遡ります。カプコンからのライセンスを元に、韓国のCJがパブリッシャー、同じく韓国のSeed9がデベロッパーとなりましたが開発は難航したようで、正式リリースは2013年になってからでした。その『魔界村オンライン』が中国では盛大がパブリッシャーとなり、7月18日からサービスインされています。

日本でのサービスは予定されていない本作、実際に触ってみました。美麗な横スクロールのアクションで、敵の軍勢は中々に固く「魔界村」の名に恥じない難易度のよう。オリジナルとは雰囲気は異なりますが、敵をザクザク攻撃していく爽快さのあるゲームプレイです。会場ではキーボードでのプレイでしたが、コントローラーで遊んでみたいですね。

大手というだけあって、日本メーカーの中国進出のパートナーとなることも多い盛大。今年に入ってからだけでも、『チェインクロニクル』(セガネットワークス)、『ラブライブ スクールフェスティバル』(KLab)、『フルボッコヒーローズ』(ドリコム)、『三国志パズル大戦』(Cygames)など有力ゲームが盛大と提携しています。今後の動きも見逃せません。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

PCゲーム アクセスランキング

  1. PCゲーマー夏の風物詩「Steamサマーセール」開催!『HADES』『SEKIRO』『ライザのアトリエ2』なども対象

    PCゲーマー夏の風物詩「Steamサマーセール」開催!『HADES』『SEKIRO』『ライザのアトリエ2』なども対象

  2. Steamサマーセールは日本時間6月25日午前2時より開催―開発者向けサイトの情報で確定

    Steamサマーセールは日本時間6月25日午前2時より開催―開発者向けサイトの情報で確定

  3. VTuberグループ「にじさんじ」のライバー全員が異世界転移!二次創作RPG『にじさんじのファンタジー』公開

  4. “ロリダークソウル”こと『リトルウィッチノベタ』実装審査に敗れた「水着スキン」を公開―魔女っ子が着るのはアウトです

  5. 他人のプロフィール画像にご用心!Steamでプロフ画像をダウンロードするとマルウェア感染のきっかけになるおそれ

  6. 「開発中止はしません!」で始まった『ブルプロ』の情報番組「ブルプロ通信」番外編―新クラス「ヘヴィ スマッシャー」が発表

  7. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  8. 暴騰か暴落―引退したネトゲの期間限定アイテムは今どれくらいの価値になっているのか?約2年振りに復帰しその値段を調べてみた!

アクセスランキングをもっと見る