人生にゲームをプラスするメディア

【China Joy 2014】準備万端のXbox Oneは、中国メーカーのゲームタイトルも発見

マイクロソフト Xbox One

Xbox Oneのブース
  • Xbox Oneのブース
  • 巨大なスクリーンがお出迎え
  • 吊り下げ広告も多数
  • 製品パッケージ
  • 製品パッケージ
  • Perfect World製のNeverwinter Online
  • Forza Motorsport 5
  • Forza Motorsport 5
各社が参入準備を進める中国市場。最も先行するマイクロソフトは、既にXbox Oneを9月23日に販売開始することを明らかにしています。

パートナーとなるのは、インターネットテレビを提供するBesTVと中国第3位の通信キャリアであるChina Telecom。BesTVはChina Telecomとメディア・コングロマリットのShanghai Media Group(SMG)の合弁会社で、SMGはPS4とXbox Oneの双方に関わることになります。BesTVが製造し、China Telecomが独占販売権を得ます。

China Joyの一角に出展したマイクロソフトですが、さすがに9月の発売を目前に控えるだけあって、準備は万端の様子。中国語で表記されたダミーパッケージが並び、ローンチと見られる数々のタイトルがプレイアブルで並んでいました。

目についたのは中国発のタイトルです。オンラインゲーム大手のPerfect World(完美時空)は家庭用ゲーム機への参入を表明していましたが、Xbox One向けの新作MMORPG『Neverwinter Online』を早速プレイアブルで展示していました。また、マイクロソフトは現地企業のGameBar、Yingpei Games、Snail Games、NetEase、TencentなどがXbox One向けに着手している事を明らかにしています。

現地デベロッパーの開拓は特に力を入れている部分のようで、マイクロソフトやBesTVは上海の地方政府と提携し、ゲーム開発センターを設置。独立系のデベロッパーの支援を行っていくとのことです。

中国での価格は3699元(約6万2000円)。『Forza Motorsport 5』や『Powerstar Golf』、『Neverwinter Online』が同梱されるほか、Xbox Live Goldが2015年3月まで無料となります。Kinectなどが含まれるDay 1 Editionもあります。

発売まで残り2ヶ月、中国のユーザーからどのような反応があるのか、楽しみですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

マイクロソフト アクセスランキング

  1. 日本語版『ディヴィニティII ドラゴンナイトサーガ』12月発売

    日本語版『ディヴィニティII ドラゴンナイトサーガ』12月発売

  2. 【VRLA2017】マイクロソフト「HoloLens」を使った壮大な宝探しにチャレンジ

    【VRLA2017】マイクロソフト「HoloLens」を使った壮大な宝探しにチャレンジ

  3. 『DARK SOULS II』を20分でクリアする動画、ただし裸体の男が双眼鏡片手にひたすら走るだけ

    『DARK SOULS II』を20分でクリアする動画、ただし裸体の男が双眼鏡片手にひたすら走るだけ

  4. プラチナゲームズの『Scalebound』が開発中止―マイクロソフトが認める

アクセスランキングをもっと見る