人生にゲームをプラスするメディア

『ソニックトゥーン』(仮称)Wii U版と3DS版では、物語からゲーム性まで大違い! その詳細が明らかに

任天堂 Wii U

Wii U版
  • Wii U版
  • 『ソニックトゥーン』(仮称)Wii U版と3DS版では、物語からゲーム性まで大違い! その詳細が明らかに
  • 『ソニックトゥーン』(仮称)Wii U版と3DS版では、物語からゲーム性まで大違い! その詳細が明らかに
  • 『ソニックトゥーン』(仮称)Wii U版と3DS版では、物語からゲーム性まで大違い! その詳細が明らかに
  • 『ソニックトゥーン』(仮称)Wii U版と3DS版では、物語からゲーム性まで大違い! その詳細が明らかに
  • 『ソニックトゥーン』(仮称)Wii U版と3DS版では、物語からゲーム性まで大違い! その詳細が明らかに
  • 『ソニックトゥーン』(仮称)Wii U版と3DS版では、物語からゲーム性まで大違い! その詳細が明らかに
  • 『ソニックトゥーン』(仮称)Wii U版と3DS版では、物語からゲーム性まで大違い! その詳細が明らかに
セガは、Wii U/ニンテンドー3DSソフト『ソニックトゥーン』(仮称)の最新情報を公開しました。

長い歴史を持ち幅広い支持を得ている音速ハリネズミ「ソニック」。その名は国内に留まらず、海外でも大きく認知されています。そんな「ソニック」シリーズ新ブランド『ソニックトゥーン』は、「絆」をテーマに掲げるアクションアドベンチャーとして登場します。

本作は、従来のスピードアクションに加え「探索」も楽しむことができます。ソニックと仲間たちが一緒に冒険に臨み、ひとりひとり違う特殊能力を武器にさまざまな困難へとチャレンジします。この新たな試みによる未知の世界がどのようなゲームになっているのか。Wii版と3DS版の違いを中心にじっくりと紹介させていただきます。

◆Wii U版/3DS版の特徴


Wii U版とニンテンドー3DS版の2機種で発売となる『ソニックトゥーン』では、同じ世界観でありながら、それぞれの機種に合わせた異なるゲームシステムと異なるストーリーが用意されています。冒険とスピード、好みに合わせた『ソニックトゥーン』の世界を堪能できます。

■Wii U版のPoint
Wii U版では、本作のテーマである“絆”を実際のゲームシステムに強く反映させた大作アドベンチャーです。ソニックはもちろん、テイルスやナックルズ、そしてエミーの4人がプレイアブルキャラクターです。それぞれのキャラクターが得意とする能力を武器に、冒険を進めます。

また“エナービーム”というエネルギービームを使い、キャラクターどうしが連携してギミックを解くなど、謎解き要素も盛りだくさん。4人が協力しながら、世界の危機を救うために強大な悪に立ち向かうドラマが楽しめます。

さらにWii U版には、最大4人のプレイヤーが本編で習得した能力やテクニックを駆使して、協力や対戦をするチームチャレンジモードを収録。4つのチャレンジ専用ステージに様々な課題(チャレンジ)があり、プレイヤー同士が楽しく賑やかに競うことができます。

■3DS版のPoint
3DS版では、Wii U版では物語をサポートするNPCであった新キャラ“スティックス”がプレイアブルキャラクターとして登場。個性的な性格や専用アクションで、3DS版ならではのストーリーを大いに盛り上げます。

ゲームシステムは、Wii U版が「探索」と「物語」を主体にしたアクションアドベンチャースタイルなのに比べ、3DS版では、より従来の「ソニック」シリーズにイメージの近い、横スクロールタイプのアクションをメインとしています。キャラクターの個性を活かして、リアルタイムにキャラを切り替えながら障害を突破します。

さらにWii Uと連動すれば、3DS版で達成したゲームデータをWii U版に送り、スペシャルコンテンツをアンロックする連動要素も楽しめます。

◆2つの異なるストーリー


■Wii U版 ストーリー概要
Dr.エッグマンと戦っている中、ソニックたちは見慣れない古代の寺院へと迷い込んでしまう。そこには遥か昔に封印されたという破壊の使者「リリック」が眠っていた……。ソニックは、ちょっとしたミスからリリックを封印から解き放ってしまう。目覚めたリリックは古代兵器を使い、世界のすべてを滅ぼそうと動き出す。リリックを再び封印するには、古代から伝わる秘宝「クリスタル」を集めなければいけない。リリックを再び封印し世界を救うため、ソニックたちは世界中に散らばったクリスタルを集める冒険に出るのであった。

■3DS版 ストーリー概要
古代文明を調査していたエミーが何者かにさらわれてしまった。残された手がかりであるタブレットを調べてみると、「リリック」と名乗るヘビに似た化物がクリスタルの在処を調べるために、エミーをさらっていったことが判明する。エミーの居場所を探すため、少ない情報を頼りに彼女の行動の軌跡をたどるソニックは、その道中で心強い仲間、テイルス、ナックルズ、スティックスと出会う。果たしてこの4人は、無事にエミーを助け出し、リリックの野望を阻止することができるだろうか?

◆キャラクター紹介


■ソニック・ザ・ヘッジホッグ
走ることなら誰にも負けない、世界最速にして超音速のハリネズミ。周りのルールや常識よりも、自分のルールにしたがって生きている。『ソニックトゥーン』のソニックは、首に巻いたスカーフが特徴。本作でも自慢のスピードを武器に様々な場面を駆け抜ける!

■マイルス“テイルス”パウワー
二本のシッポが特徴の子狐で、ソニックの相棒。機械いじりが大好きで、本作でもその才能を遺憾なく発揮し、自慢のメカや武器で冒険をサポートする。二本のシッポは高速回転させることで空を飛ぶこともできる。メカニック担当らしく、頭に付けたゴーグルが特徴。

■ナックルズ・ザ・エキドゥナ
パワーだけなら誰にも負けない、力自慢のハリモグラ。仲間でありながら、ソニックを常にライバル視しており、何かとソニックにつっかかる。短絡思考で騙されやすいが、自慢の怪力で仲間を助け、あらゆる困難もぶっ飛ばす。大きな体と太い腕が本作の特徴。

■エミー・ローズ
チームの中でも人一倍明るく元気な、ムードメーカー的な女の子。料理やおしゃれが好きな女の子らしい性格でありながら、正義感が強く、時にはハンマーを振り回して敵と戦う男勝りな一面もある。『ソニックトゥーン』では世界観に合わせて衣装を一新。

■スティックス・ザ・バジャー
本作で初登場となる新キャラクター。森のはずれに住む、ちょっと変わったアナグマの女の子。幼いころから森で暮らしているため、常識を知らず自由奔放に生きている。狩猟能力が非常に高く、愛用のブーメランで狙った獲物は逃がさない。エミーとは大の仲良し。

■リリック
遥か昔に栄えたという、古代文明の時代に封印された狂気の科学者。当時はカリスマ性も高く、誰からも好かれる優秀な科学者であったが、とある事件をきっかけに悪へと目覚める。封印から解き放たれてからは、古代テクノロジーを用いてこの世からありとあらゆる生命を滅亡させることに執念を燃やしている。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


ハードが異なるだけでなく、ゲーム性の傾向から物語まで、それぞれで大きく異なる『ソニックトゥーン』。どちらを選んで遊ぶか、もしくは連動要素も含めて両方を楽しむか、嬉しい悩みに翻弄されそうですね。

『ソニックトゥーン』(仮称)は、2014年の冬発売予定。価格は未定です。

(C)SEGA
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』Ver.2.1.0ではステージに大きな変化があった!詳細&バトルで重要なポイントをチェック

    『スプラトゥーン2』Ver.2.1.0ではステージに大きな変化があった!詳細&バトルで重要なポイントをチェック

  2. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

    『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

  3. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  4. 『ゼノブレイド2』アプデ内容と共に、一周目では未加入のブレイドが仲間になるなど、「二周目要素」の詳細が公開!

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  7. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  8. ピカチュウも歴代ボスと“わるだくみ”!?「レインボーロケット団の野望」キャンペーンが1月20日より開催

  9. 【特集】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』効率よく仕事する8つのテクニック ─ どうぶつから金をもらう秘訣は“イス”!

  10. 『スーパーマリオ オデッセイ』は2人プレイ可能!―2Pは「キャッピー」が操作できる

アクセスランキングをもっと見る