人生にゲームをプラスするメディア

【パズドラ初心者歓迎!降臨ダンジョン徹底攻略】「ゼウス降臨」(5回目)

地獄級と銘打たれているだけあって、実装当初はコンティニュー必須の極悪難易度と言われていました。

モバイル・スマートフォン iPhone
【パズドラ初心者歓迎!降臨ダンジョン徹底攻略】「ゼウス降臨」(5回目)
  • 【パズドラ初心者歓迎!降臨ダンジョン徹底攻略】「ゼウス降臨」(5回目)
  • 【パズドラ初心者歓迎!降臨ダンジョン徹底攻略】「ゼウス降臨」(5回目)
  • 【パズドラ初心者歓迎!降臨ダンジョン徹底攻略】「ゼウス降臨」(5回目)
  • 【パズドラ初心者歓迎!降臨ダンジョン徹底攻略】「ゼウス降臨」(5回目)
  • 【パズドラ初心者歓迎!降臨ダンジョン徹底攻略】「ゼウス降臨」(5回目)
  • 【パズドラ初心者歓迎!降臨ダンジョン徹底攻略】「ゼウス降臨」(5回目)
「パズドラ初心者歓迎!降臨ダンジョン」第五回となる今回攻略するのは「ゼウス降臨! 全能神(超地獄級)」。超地獄級と銘打たれているだけあって、実装当初はコンティニュー必須の極悪難易度と言われていました。その後、モンスターの追加や攻略の深化もあり、現在では様々な攻略法が確立されています。ひとつひとつ見て行きましょう。

◆最も初期の戦法……闇パーティでコンティニュー覚悟のゴリ押し



まずはじめにお断りしておかなければならないのは、上の写真は初期の段階でクリアした時に撮影されたものなので、すでにかなり時代遅れになっているという点。リーダーに闇属性攻撃力2.5倍のリーダースキルを持つ「覚醒ヘラ・イース」を採用しているが、現在あえてこのパーティに近い編成で挑むなら闇攻撃3倍のリーダースキルを持つ「魔焉皇帝・ヴァンパイアデューク」などがレアガチャ限定でなく手に入るのでオススメ。

フレンドは同じく闇強化系のリーダーでもよし、写真のように全属性強化の「覚醒ゼウス」(「超覚醒ゼウス」)などでもよし。

基本方針はバトル2の仮面エリアで光仮面を残してターン稼ぎを行い、「ギガグラビティ」「ラース・オブ・ゴッド」などすべてのスキルを溜めてボス戦に臨む。壁になるのはバトル4のキマイラ2体で、体力80万超もあるため、ここでスキルを使用しないで突破するのははっきり言ってキツイ。

しかし、スキルを使用してしまうとゼウス戦で「威嚇」などが再使用できない…というジレンマが。写真の筆者の初トライ例では、威嚇や攻撃態勢などをキマイラ戦でケチったために殺されまくり数回のコンティニュー、写真のようにゼウス戦にサブメンバーがバインドを受けたまま突入してしまったためそこでも死亡してコンティニュー。

あとは全スキルを開放してゼウスを倒しきるだけだが、ここでも削りきれずまたもやコンティニュー。計7回のコンティニューという結果となってしまった。



コンティニューすること数回、なんとかクリア…!バトル4、バトル5でスキルの使い方をもう少し練っておけば、コンティニュー回数をもう少し少なくできたかも知れないのが悔やまれる。基本的にバトル4、5では殴られるたびにその都度死んでしまうので、「威嚇」、「攻撃態勢・闇」、「ドロップ変換・闇」の足はなるべく早くしておいた方がよい。地道なスキル上げ作業が必要だ。


◆耐久戦法で行くなら?……やはりここでも天使ルシファーだが…



耐久の雄、「黎明の熾天使・ルシファー」、およびその究極進化形「叛逆の熾天使・ルシファー」だが、ここでは完全に安定するためにはかなり敷居の高い用意が必要となってしまう。サブに必要なのはギガグラビティ持ち4体、もしくはギガグラビティ3体+高ダメージスキル(「ヴリトラ」系統が持つ「恨みの一撃」、「堕天使・ルシファー」系統が持つ「イビルノヴァ」など)持ち。

ゼウスのHPは3853937のため、ギガグラビティ4回なら残り92万程度となり、明けの明星2回の射程内となる。ギガグラビティ3回の場合だと、+明けの明星2回で残り12万強程度。これをイビルノヴァなどのスキルのダメージで補う形となる。しかし、問題はいかにして明けの明星を2回打つかである。明けの明星は使用すると自HPが1となってしまうため、再使用のためには回復ドロップを消して自力で回復し、相手の攻撃にさらされなくてはならない。

ゼウスの攻撃は最悪の場合「スーパーノヴァ」で46290ダメージものダメージを与えてくるので、これを回復しきるのは若干厳しい。さらに悪い場合、ゼウスの「神王の眼光」で神タイプバインドを放たれると、ルシファーがバインドされ明けの明星が使用不能となってしまう。

これらをすべて回避する方法は、相手の体力の3割を削るギガグラビティではなく、「ラース・オブ・ゴッド」や「グラビティブレス」など3.5割を削る攻撃を持つモンスターをサブに投入することだ。ギカグラビティ1回、ラース・オブ・ゴッド2回でゼウスの体力を113万程度まで削ることができるので、4体目のサブには回復スキルを持つモンスター投入して(回復量は微量でいいため「カーバンクル」系統などでもよい)、スキルによる回復で明けの明星2連射が可能になり、安定したクリアが可能となる。

しかし、そのためにはラース・オブ・ゴッドを持つゼウスや、グラビティブレスを持つ「ゼローグ」系統をあらかじめ所持していなければならないことになり、ゼウス初挑戦のためのパーティとしては不適切だ。


◆火力で押したいあなたは?……以前紹介した五右衛門を使ってみよう!


五右衛門パーティはあまり時間もかからず、サブも比較的集めやすいモンスターが多いのでオススメ構成のひとつ。写真ではサブにガチャ限定の「炎隼神・ホルス」を使用しているが、火ドロップを強化できるスキルなら何でも良いので、友情ガチャで入手できる「フェニックス」系統や、コラボダンジョンでかつて入手可能だった「爆炎竜ティラノス&アイルー」や「富山湾の宝石・シロエビ」などでも代用可能。

このパーティの肝は一人だけ場違いともいえる雰囲気で入っている「大海の歌姫・セイレーン」(なお、覚醒スキルの自動回復はあると不適切。その場合は同じ「防御耐性・水」を持つ「シャードラ」系統などを起用しよう)。彼女の役割はバトル2で火ドロップを消して回復ドロップに変えることだ。バトル2の仮面3体相手に五右衛門の「天上大花火の術」のターンを稼ぐのだが、普通にやっているとどうしても火ドロップが溜まってきてしまい攻撃せざるを得ず、「倒したくないのに倒してしまう」という状況に追い込まれがち。

そこで、セイレーンの「防御態勢・水」で火を消し、攻撃しないようにするという算段だ。全体の流れとしては、バトル1のキメラ3体は意外と手ごわいので、火全体攻撃も絡めてなるべく早く処理していく。バトル2は神秘の仮面を優先的に倒したのち、前述の方法で仮面1体を残しターンを稼ぐ。その後、仮面の攻撃を受けてHP20%以下にして五右衛門のリーダースキルを発動可能にし、バトル3は25倍の火攻撃でワンパン。

バトル4は天上大花火の術を使うが、水キマイラが出た場合一発で倒せないので「紅蓮の女帝・エキドナ」の威嚇で対処、「豪腕の巨人・ギガンテス」の「攻撃態勢・火」も併用して倒してバトル5へ。ゼウス戦では、「天上大花火の術」から「ドロップ強化・火」で一撃で倒す。火攻撃力が不足していると倒せない可能性があるので、それを嫌うならエキドナを外して「フレイムエンハンス」を持つ「フレイ」系統や「CoC・フレイムアーチャー」などを投入する手もある。

エンハンスは3ターン持続するため、バトル4でフレイムエンハンス+花火、バトル5でフレイムエンハンス+花火+ドロップ強化で確実に倒すことが可能だ。



しかし、残念ながらこの五右衛門パーティにも問題点がある。それは、バトル4で天上大花火の術を使ったあと、偶然回復ドロップが3つ以上連なって落ちてきてしまい意図せずHPが回復されてしまうこと。写真は少しわかりにくいが、上記の落ちコンボによる回復が行われてHPがリーダースキル発動条件の20%を上回ってしまっている。

こうなってしまっては諦めるほかにない。写真の例では無理だが、一応、パーティのHPをゼウスの通常攻撃のダメージである18514以上にしておけば、写真の状況からセイレーンのスキルを使って全力で回復してHPを満タンにし、ゼウスが通常攻撃をしてくれることを祈ってわざと1発食らえば立て直すことも理論的には不可能ではないが…。

基本的には回復ドロップ落下で回復事故が起きてしまったら、運がなかったと思って諦めるくらいのほうが精神衛生的にはよさそう。


◆ちょっと背伸び……サタンを持っていれば、高速で安定クリアが可能



少し先の話にはなるが、今後ゼウスのスキル上げ等、安定して高速で周回したい場合オススメなのが「災禍の魔神王・サタン」パーティ。サタンの覚醒スキル「闇属性強化」が重要なため、自リーダー・フレンドともにフル覚醒が必須。

写真の例ではエキドナを入れているが、「キングワルりん」のスキルレベルが高ければエキドナは必要ない。エキドナの代わりにキングワルりんを2体投入して、バトル4・5でそれぞれ使用するパターンも考えられる。エキドナを入れる場合は、威嚇のスキルレベルは可能であれば最大まで上げておきたい。

また、写真の「断罪の冥府神・ペルセポネ」は、持っていなければ「魅惑の夜魔・ダークレディ 」で代用可能(スキル上げの必要はない)。基本戦法として、バトル2の仮面で限界までターンを稼ぐのは上記と同様。光仮面の「ダークバインド」はむしろ利用できるので、光仮面を1体残そう。ターンを稼いでキングワルりんの「悪魔エンハンス」を使用可能にしてバトル5に臨む。

バトル2の光仮面がダークバインドを使用してきてくれず、毎回通常攻撃という最悪のパターンを想定すると、耐えられるのは仮面の攻撃2順目を食らわない11ターン程度が限界なので、キングワルりんのスキルレベルが低いと悪魔エンハンスが溜まり切らない。その場合、バトル4でエキドナを使って時間稼ぎをして調整しつつキマイラ2体を倒し、悪魔エンハンスの時間を稼ぐ。

スキルの準備ができたら「闇黒魔王・ヴァンパイアデューク 」の攻撃態勢・闇で闇ドロップを作って闇ドロップ二列消しでキマイラ2体を即殺。バトル5では、ペルセポネ(ダークレディ)の「ダブル攻撃態勢・闇」を使用して回復ドロップと光を闇に変換。よほどドロップ運が悪くない限り闇12個は確保できるはずだ。

その後、悪魔エンハンスを使用してから闇の二列消しを行うことで、サタンの持つ覚醒スキル闇属性強化×3と悪魔エンハンスの倍率3倍が合わさって、写真のようにとてつもない闇ダメージを叩き出し、ゼウスは死ぬ。


以上、今回の攻略いかがでしたでしょうか。流石にかつての最高難易度ダンジョン、一筋縄では行きませんが、確定ドロップとなるゼウスの能力は非常に魅力的。HP満タン時ならどんなモンスターでも3倍、究極進化で3.5倍という高火力を叩き出すリーダースキルはかつて最強の名を欲しいままにし、スキル「ラース・オブ・ゴッド」の削り性能も相まって今でもまだまだ第一線級の実力を持っています。

ぜひ、入手してその強さを堪能してみてください!次回は、「女神降臨」の攻略を予定しております。ご期待ください。
《高須恵一郎》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 「『FGO』1500万DL突破キャンペーンで貰う★4サーヴァントは?」結果発表―強力な周回力の3騎が争う接戦に!決め手はその特異性

    「『FGO』1500万DL突破キャンペーンで貰う★4サーヴァントは?」結果発表―強力な周回力の3騎が争う接戦に!決め手はその特異性

  2. Cygames、『リトルノア』のサービス終了を発表―運営・ユーザー共に感謝の気持ちを伝え合う

    Cygames、『リトルノア』のサービス終了を発表―運営・ユーザー共に感謝の気持ちを伝え合う

  3. コナミ、『ときめきアイドル』のサービス終了を発表―引き続きゲームを楽しめる「オフライン版ver.2.0」が配信予定

    コナミ、『ときめきアイドル』のサービス終了を発表―引き続きゲームを楽しめる「オフライン版ver.2.0」が配信予定

  4. 『FGO』ガチャの○○教はどれくらいの効果を発揮するのか?死ぬ気で計367連引いて調べてみた!

  5. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  6. 『ドラガリアロスト』施設イベント「天つ風に願いを」開催―レジェンド召喚には補助タイプの弓使い「ルイーゼ」が登場!

  7. 『バクモン』新たな降臨イベント「【襲来】ルルディ」開催─「ふみだした原野」の「ルルディ」を手にいれるチャンス!

  8. 驚きの性能!特性「ふしぎなまもり」ヌケニン徹底検証【ポケモンGO 秋田局】

  9. 『サカつく RTW』“Jリーグモード”は本編と連動! 育てたJリーグ選手を世界に羽ばたかせることも可能

  10. 『Sdorica』×『DEEMO』コラボイベント開催!「アリス」や「Deemo」と共に不思議な冒険へ…

アクセスランキングをもっと見る