人生にゲームをプラスするメディア

5月は任天堂がトップ、いま視聴者が多いゲームメーカーウェブサイトを定点観測(2014年5月号)

各社日々充実の度合いを増しているメーカー公式のウェブサイト。いま、どの会社のウェブサイトの視聴者が多いのでしょうか?

ゲームビジネス その他
2014年5月のユーザー数グラス
  • 2014年5月のユーザー数グラス
  • 任天堂ウェブサイト
各社日々充実の度合いを増しているメーカー公式のウェブサイト。いま、どの会社のウェブサイトの視聴者が多いのでしょうか?

ウェブサイトのアクセスデータを提供するベンチャー企業SimilarWebのデータを元に、日本の主要ゲームメーカーの公式ウェブサイトのユーザー数を調べてみました。示されているデータは全て訪問者数で、月次のデータとなります。

提供されているデータの都合上、国別のデータが取得できない企業(マイクロソフトやエレクトロニック・アーツはサブディレクトリで切られているため仕分けが不可能)は省略しています。また、一部企業は主要ゲームタイトルで独自ドメインを使用しているため、単体では正確なデータが測れないため、そうした会社は主要ドメインを合算した数字を出しています。



※スクウェア・エニックスにはdragonquest.jp、finalfantasy.jpを含みます
※バンダイナムコゲームスにはbngames.net、ggame.jpを含みます
※レベルファイブにはyokai-watch.jp、wonderflick.jp、inazuma.jp、danball-senki.jp、layton.jpを含みます


5月に最もユーザーを集めたのは任天堂でした。月次の数字を追っても、前月から大きく伸びていることが分かります。『マリオカート8』の効果でしょうか? 次いでコーエーテクモ、バンダイナムコという順となりました。その他、大きく伸びた会社としてはポケモン、大きく下げた会社としてはセガが目に付きます。

一般的な予測としては大型タイトルが発売されたメーカーが伸び、そうでないメーカーが下げることが予測されますが、その他の施策によって伸びるようなケースも考えられます。次回は6月が調査対象になってきますが、E3効果を受けた会社、そうでない会社が考えられるかもしれません。

調査対象にすべきドメインがありましたらコメント欄等でお知らせ頂ければ幸いです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  3. ガンホー、1月の売上は約85億円・・・『パズドラ』だけで月商70億円近くに?

    ガンホー、1月の売上は約85億円・・・『パズドラ』だけで月商70億円近くに?

  4. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  5. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  6. VRミステリーADV『東京クロノス』TGS 2018への出展が決定─石川由依さん、木戸衣吹さんが出演するステージイベントも開催

  7. 『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

  8. 古き良き、田舎の鉄道風景へ飛び込む…ウォーキングシム『NOSTALGIC TRAIN』クラウドファンディングを実施中

  9. 2018年8月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  10. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

アクセスランキングをもっと見る