人生にゲームをプラスするメディア

Epic Games、E3でののアンリアル・エンジン採用タイトルを公表・・・国産では『Devil's Third』『LET IT DIE』『Scalebound』など

ゲームビジネス 開発

Devil's Third
  • Devil's Third
  • LET IT DIE
  • Scalebound
  • Mighty No. 9
Epic Gamesは公式ブログにて、E3に出展されていたタイトルで「アンリアル・エンジン」を採用している作品のリストを公開しています。

国産タイトルではヴァルハラゲームスタジオが開発していて任天堂からWii Uでの発売が決定した『Devil's Third』や、グラスホッパー・マニファクチュアが手がける『LET IT DIE』、プラチナゲームスが開発しマイクロソフトから発売される『Scalebound』などがアンリアル・エンジンを採用しているようです。リストではアンリアル・エンジンのバージョンについては明記されていませんが「4」のWii U対応はされていませんので『Devil's Third』は「3」である可能性が高そうです。

リストを眺めていると『Crackdown』『D4: Dark Dreams Don’t Die』『Fable Legends』『Scalebound』とマイクロソフトのファーストパーティタイトルでの採用も目立ちますね。

・ABZU (Giant Squid / 505 Games) PS4
・Abyss Odyssey (ACE Team / ATLUS) PS3,Xbox360,PC
・ADR1FT (Three One Zero / 505 Games) Oculus
・バットマン・アーカムナイト (Rocksteady / ワーナー) PS4,Xbox One,PC
・Borderlands: The Pre-Sequel(Gearbox Software / 2K) PS3,Xbox360,PC
・Crackdown(Cloudgine / Microsoft Studios) Xbox One
・Call of Cthulhu(Frogwares / Focus Home Interactive) PS4,Xbox One,PC
D4: Dark Dreams Don’t Die(アクセスゲームス / Microsoft Studios) Xbox One
・Dead Island 2 (YAGER / Deep Silver) PS4,Xbox One,PC
Devil’s Third(ヴァルハラゲームスタジオ / 任天堂) Wii U
・Dreadnought (YAGER / Grey Box) PC
・EVE: Valkyrie (CCP Games) Oculus,Morpheus
・Fable Legends (Lionhead Studios / Microsoft Studios) Xbox One
・Godfire: Rise of Prometheus (Platige Image / Vivid Games) iOS,Android
Guilty Gear Xrd -SIGN- (アークシステムワークス) PS4,PS3
Let It Die(グラスホッパー・マニファクチュア / ガンホー) PS4
Mighty No. 9(concept) PS4,PS4,Xbox One,Xbox360,Wii U,PSVita,3DS,Mac,PC
・Mortal Kombat X (NetherRealm Studios / ワーナー) PS4,Xbox One
・Murdered: Soul Suspect (Airtight Games / スクウェア・エニックス) PS4,Xbox One,Xbox360,PS4,PC
・Nosgoth (Psyonix / スクウェア・エニックス) PC
・Q.U.B.E.:Director's Cut (Toxic Games) Wii U,PS3,Xbox One,PC
Scalebound (プラチナゲームス / Microsoft Studios) Xbox One
・Sherlock Holmes: Crimes & Punishments (Frogwares / Focus Home Interactive) PS4,Xbox One,Xbox360,PS3
・Space Hulk: Deathwing(StreumOn Studio, Cyanide Studio / Focus Home Interactive, Games Workshop) TBA
・Styx: Master of Shadows (Cyanide Studio / Focus Home Interactive) PC
・WARMACHINE: Tactics (Whitemoon Dreams / Privateer Press) PC,Mac
・Woolfe: The Redhood Diaries (GriN) Xbox One,PC
・XING: The Land Beyond (White Lotus Interactive) Oculus

太字は国産タイトル。国内でもアンリアル・エンジンの採用が増えてきていることを伺わせます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

    家庭用プラネタリウム「ホームスター」がVRに!「Oculus Store」にて配信開始

  2. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 【CEDEC 2010】良い立体視を作るコツとは?そのお作法を紹介

  5. 【CEDEC 2010】横浜は夜も大盛り上がり~Developers Night

  6. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  7. セガ、新社長に現・常務取締役の鶴見尚也氏が就任 ― グループ会社人事を刷新

  8. TRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』のVR版が登場!キャラクターシートやルールブックの参照も可能

  9. 【GDC 2013】3年の投資の結実『アサシンクリードIII』が実装したプロシージャルアニメーション

  10. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

アクセスランキングをもっと見る