人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2014】『Mario Maker』の開発経緯と『マリオペイント』の意外な関係とは、手塚卓志氏が語る

任天堂 Wii U

手塚卓志氏
  • 手塚卓志氏
  • Mario Maker
  • 【E3 2014】『Mario Maker』の開発経緯と『マリオペイント』の意外な関係とは、手塚卓志氏が語る
  • 【E3 2014】『Mario Maker』の開発経緯と『マリオペイント』の意外な関係とは、手塚卓志氏が語る
  • 【E3 2014】『Mario Maker』の開発経緯と『マリオペイント』の意外な関係とは、手塚卓志氏が語る
  • 【E3 2014】『Mario Maker』の開発経緯と『マリオペイント』の意外な関係とは、手塚卓志氏が語る
任天堂は、「Nintendo Treehouse Live @ E3」の1日目の放送にてWii Uソフト『Mario Maker』の実演プレイ映像を公開しました。

『Mario Maker』は『スーパーマリオ』のコースをユーザーが自由に創れるというユニークなWii Uソフト。初代『スーパーマリオブラザーズ』や『Newスーパーマリオブラザーズ U』といったマリオシリーズのコースをアレンジして制作することができ、ブロックの位置や土管の配置、クリボーやパタパタの数までまさに「思いのまま」にコースを作り上げることが可能なタイトルになっています。

放送された「Nintendo Treehouse」では任天堂の手塚卓志氏が登壇。本作の開発経緯などが語られました。本作が作られたきっかけは2つあったとのことで、手塚氏のチームの中にいたツールを作るスタッフが横スクロール「マリオ」のエディターを作っていたということで「これを遊びにできないか」というところからスタートした言います。

もう一つは、Wii U GamePadを使って『マリオペイント』を作りたいと予てから考えていたことを挙げられました。このエディターを使って『マリオペイント』のような遊びを作れないか、というのが『Mario Maker』が開発された背景にあったとのことです。

手塚氏は、本作を単なる「コースエディター」ではなく玩具のように遊んで欲しいとコメント。「コースを作る」楽しみだけではなく、「作りながらプレイする」という遊びを実現したいと語られていました。

『Mario Maker』は2015年発売予定です。

(C)2014 Nintendo
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?【読者アンケート】

    あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?【読者アンケート】

  2. 『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』イカとタコ、どっちを使ってる?【読者アンケート】

  3. 『スプラトゥーン2』タコの時だけ挑戦できる「塗りポイントチャレンジ オクト」って?

    『スプラトゥーン2』タコの時だけ挑戦できる「塗りポイントチャレンジ オクト」って?

  4. 『スマブラSP』「夜刀神」と「竜穿」で激戦に臨む『FE if』カムイ、男女の選択も可能

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. 『スプラトゥーン2 オクト・エキスパンション』60もの小ネタを一挙に紹介―懐かしのゲーム機や玩具などが隠れてる!?

  7. スイッチを「縦画面持ち」できるグリップがKickStarter開始ー既に700万円以上を集め目標金額を達成

  8. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  9. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

アクセスランキングをもっと見る