人生にゲームをプラスするメディア

高橋名人、社長になる!ゲーム開発会社「ドキドキグルーヴワークス」設立

高橋名人こと高橋利幸氏は、同氏が代表取締役社長を務める新会社「ドキドキグルーヴワークス」の設立を発表しました。

ゲームビジネス その他
高橋名人、社長になる!ゲーム開発会社「ドキドキグルーヴワークス」設立
  • 高橋名人、社長になる!ゲーム開発会社「ドキドキグルーヴワークス」設立
高橋名人こと高橋利幸氏は、同氏が代表取締役社長を務める新会社「ドキドキグルーヴワークス」の設立を発表しました。

ドキドキグルーヴワークスは、「世界をドキドキさせる」という企業理念のもと ゲーム機器からスマートフォンなど様々なプラットホーム向けの開発を行う会社です。開発以外にもデータチェック、品質管理、運営などを行い、それに伴った人材募集を開始。なお、同氏がブログで語った「代表取締役名人」はこのことのようで、さらなる詳細は6月5日にブログで明かされるようです。

■高橋名人のコメント
1982年に旧ハドソンに入社してから、ゲームに関わるようになり、もう人生の半分以上をゲーム業界で働いているわけです。

私自身には、あまり力はありませんが、周囲には、まだ知られぬパワーを持っている人がとても多いと実感しています。そんなみなさんを応援する事が、ゲーム業界の応援にもなるのではないかと考えました。

あまり最初から大きな事を言うと、いろいろ言われそうですけどね。でも気持ちは大きく、世界をドキドキさせたいなと思っています。

当初は開発やデバッグなどの作業が中心になるとは思いますが、ゲームに関する事は、かなり多いのですから、みなさんのパワーというか力が必要になります。そんな力が付いてきたら、手を広げていきたいと考えています。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

    「VR ZONE SHINJUKU」VR(ぶっとんだリアル)が体験できる大感謝キャンペーンを開催!施設は2019年3月末で営業期間満了

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  4. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  5. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  6. チップチューンでバトルする女子高生DJを描くノベルゲーム『西武ロードリスト蘭のチップチューン地獄』とは

  7. OPTPiXはこうして生まれた!ウェブテクノロジ設立物語(後編)・・・「OPTPiXを256倍使うための頁」第4回

  8. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  10. 2017年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

アクセスランキングをもっと見る