人生にゲームをプラスするメディア

明日放送の「コジステ」にて、「実機を見せようと思います」と小島監督がアナウンス

『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』の発売を機に、ゲームデザイナー・小島秀夫氏が綴るWEB番組「コジマ・ステーション」が3月20日より開始しました。

ソニー PS4
明日放送の「コジステ」にて、「実機を見せようと思います」と小島監督がアナウンス
  • 明日放送の「コジステ」にて、「実機を見せようと思います」と小島監督がアナウンス
  • 明日放送の「コジステ」にて、「実機を見せようと思います」と小島監督がアナウンス
『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』の発売を機に、ゲームデザイナー・小島秀夫氏が綴るWEB番組「コジマ・ステーション」が3月20日より開始しました。

この「コジマ・ステーション」、通称「コジステ」は、現在『METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN』を鋭意制作中の小島プロダクションの制作現場から、様々な情報を直接配信していく番組となっており、小島監督をはじめとするプロデューサー陣や制作スタッフが出演し現場から「生」の情報をいち早く届けるというポイントに注目が集まっています。

また、3月27日に行われた第2回放送では、『METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES』における全プレイヤー総累計のミッションプレイ時間が220万時間に達したことや、総累計発砲数が5億4,000万弱を記録したことなどが明かされ(いずれも当時のデータ)、数多くのユーザーが熱心にプレイし、銃撃飛び交う死線をくぐり抜けた背景を面白いデータで発表しました。

そんなユニークな内容も扱う「コジステ」ですが、2014年06月5日に行われる第10回放送に関する予告を、小島監督が自身のTwitterアカウントにて告知しました。




明日実施される放送では、開催近づくE3を大きく取り扱う内容になるとのことです。また、「先行してほんの少しだけ、実機を見せようと思います」との発言も記しており、『METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN』の実機映像が見られるのではないかとの期待が高まっています。

国内での発売を迎えたPS4ですが、残念ながらまだ盛り上がりに欠けているのも事実。それだけに、『METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN』への期待は並ならぬものがあります。果たして本作の映像は飛び出すのか。登場するとすれば、どのような驚きを与えてくれるのか。明日のコジステは21時からの生放送、どうぞお見逃しなく。

なお時間に余裕がある方は、明日の19時30分からWOWOWぷらすと」(URL:http://bit.ly/1mp9aiY)にて「MGSと映画の世界」が放送されるので、こちらも併せてご覧になってみてはいかがでしょうか。




(C)2014 Konami Digital Entertainment
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

    「プレステ クラシック」内に36本の隠しタイトルのファイルが残存―SIE広報はノーコメント

  2. PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

    PS4『グランブルーファンタジー Re: LINK』最新PV、開発中プレイ動画が公開!お馴染みモンスターや新星晶獣の姿も

  3. 対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

    対戦格闘ACT『グランブルーファンタジー ヴァーサス』PS4向けに発表!開発はアークシステムワークス

  4. 『バイオハザード RE:2』恐怖の一端が垣間見える短編動画第4弾を公開!この空気に耐えられるか…

  5. 「プレステクラシック」にも収録される『サガ フロンティア』の6つのすばらしさを語ろう

  6. PS4『JUDGE EYES:死神の遺言』本日13日発売!圧倒的なボリュームの追加DLCを一挙公開

  7. 【12/15更新】『グランブルーファンタジー Re: LINK』発売日や対応機種は?現時点の情報まとめ

  8. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  9. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  10. 尖りすぎた名作はなぜ今、リロードされたのか? 『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』のキーマンを直撃【インタビュー】

アクセスランキングをもっと見る