人生にゲームをプラスするメディア

敵も謎もすっ飛ばす『ゼルダ無双』公式Twitterを開始、開発裏話が飛び出すかも!?

任天堂 Wii U

敵も謎もすっ飛ばす『ゼルダ無双』公式Twitterを開始、開発裏話が飛び出すかも!?
  • 敵も謎もすっ飛ばす『ゼルダ無双』公式Twitterを開始、開発裏話が飛び出すかも!?
  • 敵も謎もすっ飛ばす『ゼルダ無双』公式Twitterを開始、開発裏話が飛び出すかも!?
コーエーテクモゲームスは、Wii Uソフト『ゼルダ無双』の公式Twitterを開始しました。

昨年の12月に実施したNintendo Directにて、何の前触れもなく告知された『ゼルダ無双』に多くのゲームファンが驚きの声を上げてから約5ヶ月が経過し、発売日や限定版を発表、そして公式サイトをオープンし、勇者リンクをはじめとするプレイアブルキャラクターや舞台となるステージなど、数多くの情報が一挙公開となりました。

また公式サイトでは、美しいスクリーンショットの数々や、本作の概要なども明らかに。『ゼルダ』シリーズと言えば、ダンジョンなどに設置された仕掛けを、数多くのアイテムを駆使して突破していく「謎解き」の要素も魅力のひとつでしたが、爽快アクション『無双』シリーズとコラボレーションする本作では、「謎ごと敵をぶっ飛ばす」といった、これまでの『ゼルダ』シリーズとはまったく異なるプレイ体験が用意されています。

しかし『無双』アクションを取り入れたからといって、『ゼルダ』シリーズの要素が失われているわけではありません。ハートの体力・魔力ゲージの採用や、アイテムを駆使するボス攻略など、シリーズファンにはお馴染みのシステムも搭載。また音楽や効果音なども、オリジナル版を元にしてアレンジされているので、『ゼルダ』らしさを耳でも感じさせてくれることでしょう。

これらの情報は公式サイトで直接確認できますが、最新情報に関しては、公式サイトと同日開始された公式Twitterをチェックするのもひとつの手と言えるでしょう。




この公式Twitterには、本作の開発プロデューサーである早矢仕氏も書き込んでおり、「せっかくなので、今後色々開発裏話もしようかな。ミンナニナイショダヨ」と、シリーズファンの心をくすぐるワードを絡めつつ、見逃せない情報がこちらでも明かされることを示唆しています。

発売まで残り3ヶ月を切っている『ゼルダ無双』。それだけに、今後明かされる新情報の密度や頻度はかなり高いものになるかもしれません。公式サイトと同様に、公式Twitterも要チェックと言えますね。

『ゼルダ無双』は、2014年8月14日発売予定。価格は、パッケージ版が7,389円(税抜)、ダウンロード版が6,463円(税抜)、プレミアムBOXが10,800円(税抜)、TREASURE BOXが13,800円(税抜)です。

(C)Nintendo
(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.Licensed by Nintendo
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

    『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

  2. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  3. 【特集】マリオの意外な職業10選 ─ マリオは配管工をやめていたどころか、すごい職歴の持ち主だった!

    【特集】マリオの意外な職業10選 ─ マリオは配管工をやめていたどころか、すごい職歴の持ち主だった!

  4. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』発売! 大森滋が記念イラストを公開、各地の盛り上がりを増田順一が激写

  5. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』あるある10選!マリオは旅に夢中でピーチ姫のことを忘れちゃう!?

  6. 『スプラトゥーン2』コラボギアコードが「コロコロコミック」1月号に付属!

  7. 『PUBG』のBlueholeがPS4/Switch向け新規IPを開発中―アジア市場をターゲットに

  8. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

  9. 『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

  10. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

アクセスランキングをもっと見る