人生にゲームをプラスするメディア

Amazon、「フリーオンラインゲームストア」をオープン ― 既存のアカウントで全ゲームのプレイ・支払を管理

ゲームビジネス 市場

Amazon、「フリーオンラインゲームストア」をオープン ― 既存のアカウントで全ゲームのプレイ・支払を管理
  • Amazon、「フリーオンラインゲームストア」をオープン ― 既存のアカウントで全ゲームのプレイ・支払を管理
Amazon.co.jpは本日より、無料で始められるオンラインゲームを取り揃えた「Amazonフリーオンラインゲームストア」を正式にオープンしました。これはダウンロード型オンラインゲームおよびブラウザゲームを対象としたストアで、基本無料でゲームを楽しめるとのことです。

これまでAmazon.co.jpではPCゲームを販売していましたが、新たに基本無料のPCオンラインゲームを提供し、より幅広い客層の要望に応えられるようになったとのことです。

既にAmazonアカウントを持っている場合、それでゲームにログインし、Amazonの決済機能を利用してゲーム内の様々なアイテムを購入することができます。この機能を実現するために、今回Amazonとしては日本で初めて「Amazonログイン」を導入したとのことです。

これにより、ゲーム毎に個別のアカウントを登録する必要がなくなるほか、「クリックして今すぐ遊ぶ」をクリックすると、AmazonアカウントのEメールアドレスとパスワードを入力しログインするとゲームが起動するとのことです(ただし、このを利用できるタイトルは、カプコン社の「百年戦記 ユーロ・ヒストリア」および「鬼武者Soul」のみで、対応タイトルは増やしていく予定とのこと)。

◆対応ゲームタイトル


現在のゲームタイトルは、以下のようになります。

・ 「百年戦記 ユーロ・ヒストリア」(カプコン)
・ 「鬼武者Soul」(カプコン)
・ 「剣と魔法のログレス」(マーベラスAQL)
・ 「ブラウザプロ野球NEXT」(マーベラスAQL)
・ 「Wizardry Online」(GMOゲームポット)
・ 「メガミエンゲイジ!」(ジー・モード) など

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆


(c)2000-2014, Amazon.com, Inc. and its affiliates
《すしし》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

    『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  2. 今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

    今週発売の新作ゲーム『マーベルVS. カプコン:インフィニット』『ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT DX』『Project CARS 2』他

  3. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

    コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  4. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  5. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

  6. 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!

  7. 【CEDEC 2011】女性視点でのゲーム運営 ― 『農園ホッコリーナ』がモバゲー女性ランキング1位になった理由

  8. モノリスソフト、京都スタジオを新設 ― 開発スタッフも募集

  9. 2010年に最も海賊版の被害が多かったゲームは?

  10. 次世代女子プロe-Sports選手育成「スターゲーマーズプロジェクト」始動!―新番組「スターダストゲームガールズ」6月9日より配信開始

アクセスランキングをもっと見る