人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、2015年に新興国向けに新たなゲーム機を投入・・・ビジネスモデルも先進国とは異なるものに

任天堂 Wii U

任天堂の岩田聡社長は、新興国市場をターゲットに、Wii Uとも3DSとも異なる新しいゲーム機を2015年にも投入することを明らかにしたとロイター通信が報じました。

岩田社長は、新興国用ゲーム機について「(WiiUでもなく3DSでもなく)名前も違う。これまでとまったく異なるアプローチになる」と述べた。だた「ハード・ソフト一体型で、われわれは強みを引き出しやすいので、そこにはこだわりを持っている」とも指摘した。
ロイター通信「インタビュー:任天堂、来年にも新興国用ゲーム機を投入」(2014/5/8 15:40)


新しいゲーム機は、150-300ドルのハードと、30-60ドルのソフトを販売するビジネスモデルですが、そのまま現地化するものではなく、「ミドルクラスのマジョリティに手が届くもの」を投入する方針。自由貿易試験区でゲーム機が解禁された中国も視野に入れたものと見られますが、インタビューでは中国市場の難しさも指摘しています。任天堂は合弁企業の神遊科技を通じて現地でゲーム機を展開してきましたが、現在までに大きな成果を上げているとは言えません。

ここ数日、任天堂がE3で新しいゲーム機を公開するという噂が浮上していますが、この新興国向けのゲーム機を指したものであった可能性もあります。大手ゲームメディアIGNのPeer Schneider副社長は「彼らは間違いなく新ハードウェアを今年公開するだろう」とコメントしていました。

新興国市場はゲーム産業にとっても有望視されており、南米やアジア地域ではソニー・コンピューターエンタテインメントが先行。中国でもマイクロソフトがXbox Oneを9月に投入することを明らかにしていますが、これらはいずれも先進国でのビジネスモデルを直輸入するもの。任天堂の新しいアプローチがどのように展開されるのか注目されます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. あの『マインクラフト』がNewニンテンドー3DSに登場!『Minecraft New Nintendo 3DS Edition』配信開始

    あの『マインクラフト』がNewニンテンドー3DSに登場!『Minecraft New Nintendo 3DS Edition』配信開始

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

    【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  3. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』の予約受付が開始―アローラフォトクラブなど新要素もりだくさん

    『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』の予約受付が開始―アローラフォトクラブなど新要素もりだくさん

  4. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  5. 【TGS2017】日本ゲーム大賞発表!大賞は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』

  6. 『project OCTOPATH TRAVELER』体験版プレイユーザーを対象としたアンケートサイトが公開

  7. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

  8. 【特集】『星のカービィ』一番強いのはどれだ!?最強コピー能力10選

  9. 3DS向けVC『ポケットモンスター 金・銀』は、ポケモンの通信交換や対戦機能も搭載

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』ガチマッチに参戦する時の心得 ─ これを読めば初心者でも勝てるかも?

アクセスランキングをもっと見る