人生にゲームをプラスするメディア

ロシア、ゲームやネット規制強化を模索・・・ウクライナ危機など反政府活動を抑制

ゲームビジネス その他

Mail.ruのゲームサイト
  • Mail.ruのゲームサイト
ロシアの海外向け通信社「ロシアの声」は、ゲームやウェブサイトの規制強化法案が同国の国会で議論されていると報じています。同国最大の規模を誇るインターネットサービス企業Mail.ruはそれに先立ち、自主規制を始めたとのこと。

Mail.ruでは同社が運営するゲームサイトで、ロシアの基準や欧州のPEGIに基づいたレーティングの表記を開始。日本のCEROと同様に年齢制限を導入した形です。ただし、ウクライナ危機では反ロシアを掲げるプロパガンダがゲームを通じて広まったという経緯もあり、業を煮やした政府が規制に乗り出したという側面もあるようです。

Oleg Mikheev議員は"戦争のプロパガンダや宗教・国家的な憎悪や闘争を目的としたビデオゲームを規制する必要がある"と主張。「ウクライナ危機はビデオゲームのような一見無害に見えるメディアを通じて様々なプロパガンダが繰り広げられる事を実証しました。ロシアの現代と過去に対する海外や同胞に対するネガティブイメージの拡散とは現実的な課題として戦わなくてはなりません」とコメントしています。

規制ではゲームだけでなくウェブサイトも議論の対象となっているようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

    【NDC17】IPが成功するためのコツとは?『三國志』IPプロデューサーの語る第一条件

  2. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

    県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  3. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  4. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  5. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  6. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. 「まどマギ」などのゲームを開発していたネクストリーの破産開始が決定

  9. RPGには無限の可能性がある!イメージエポック御影社長&宇田プロデューサーインタビュー 前編

  10. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

アクセスランキングをもっと見る