人生にゲームをプラスするメディア

700名以上のユーザーが集結した「『ボーイフレンド(仮)』 藤城学園 春のオリエンテーション」レポ ― 鳥海、小野、杉山、保志らが登場

モバイル・スマートフォン 全般

700名以上のユーザーが集結した「『ボーイフレンド(仮)』 藤城学園 春のオリエンテーション」レポ ― 鳥海、小野、杉山、保志らが登場
  • 700名以上のユーザーが集結した「『ボーイフレンド(仮)』 藤城学園 春のオリエンテーション」レポ ― 鳥海、小野、杉山、保志らが登場
  • 700名以上のユーザーが集結した「『ボーイフレンド(仮)』 藤城学園 春のオリエンテーション」レポ ― 鳥海、小野、杉山、保志らが登場
  • 700名以上のユーザーが集結した「『ボーイフレンド(仮)』 藤城学園 春のオリエンテーション」レポ ― 鳥海、小野、杉山、保志らが登場
  • 700名以上のユーザーが集結した「『ボーイフレンド(仮)』 藤城学園 春のオリエンテーション」レポ ― 鳥海、小野、杉山、保志らが登場
  • 700名以上のユーザーが集結した「『ボーイフレンド(仮)』 藤城学園 春のオリエンテーション」レポ ― 鳥海、小野、杉山、保志らが登場
  • 700名以上のユーザーが集結した「『ボーイフレンド(仮)』 藤城学園 春のオリエンテーション」レポ ― 鳥海、小野、杉山、保志らが登場
  • 700名以上のユーザーが集結した「『ボーイフレンド(仮)』 藤城学園 春のオリエンテーション」レポ ― 鳥海、小野、杉山、保志らが登場
  • 700名以上のユーザーが集結した「『ボーイフレンド(仮)』 藤城学園 春のオリエンテーション」レポ ― 鳥海、小野、杉山、保志らが登場
サイバーエージェントは、学園恋愛カードゲーム『ボーイフレンド(仮)』の声優陣が出演する公開イベント「『ボーイフレンド(仮)』~藤城学園 春のオリエンテーション~@秋葉原」を開催しました。

本作は2013年12月13日より提供を開始、高校を舞台に様々な個性をもつ男の子たちとの出会いを楽しみながら、本命の彼を見つける為、数々の試練に挑んでいく、学園恋愛カードゲームです。ゲーム最大の特徴は総勢30名以上の豪華声優陣が出演していることであり、ゲームのあらゆる場面で男の子の声を聴きながらゲームを進めることができます。また、乙女ゲームでも有名なイラストレーター潤宮るか氏がキャラクターデザイン原案を担当した個性的な男の子にも注目です。サービス提供開始から、11日間で会員数20万人を突破し「Ameba」のスマートフォン向けゲームとしては、最速での会員増となり話題を集め、2014年3月現在は、会員数80万人と突破しています。

そんな勢いのある『ボーイフレンド(仮)』が、先月のAnimeJpapan2014の出展に続き、今回はユーザー参加型のイベントを実施。何かと話題になっている本作ですが、『ボーイフレンド(仮)』のイベントとしては、実は今回が初となります。本イベントは参加が無料ということもあり、当初「推定600名」が参加されると予定されていましたが、蓋をあけてみるとなんと700人以上のユーザーがイベントに参加。朝9時から配布される整理券をゲットするため、早朝8時前から強風が吹き荒れるなか、多くの女性ユーザーが秋葉原に足を運びました。あまりの人の多さに会場への入場が遅れ、公演開始も15分遅れの17:45スタートとなりました。

まず、会場に登場したのは司会進行を務める吉田尚記氏(ニッポン放送)。吉田氏が登場した途端「よっぴー!」と会場は黄色い声援に包まれ、登場した吉田氏もびっくりした様子。「弄ばれるなら、鳥海浩輔さん。弄ぶなら、杉山紀彰さん」「秋葉原に池袋のような光景が広がっています。男子…います?」と会場を爆笑に包みました。一通り本タイトルの紹介を終えた後「さぁ、段々緊張感が増してきましたね。大体、こういう説明が終わった後、キャストの方々に登場してもらうんですよね」「せっかくの生のイベント。会場に起こしになっている方々は、進行を邪魔しない程度に、女性ホルモンの赴くままに声を張り上げて下さい。大丈夫です、僕達はきちんと受け止めますので!」と再び会場を爆笑へ。

そして、早速声優陣が登場。まず登場したのは小野友樹氏(新海凛十役)、続いて杉山紀彰氏(白川基役)、鳥海浩輔氏(若桜郁人役)、最後に保志総一朗氏(廣瀬櫂役)が登場し、まだ序盤にも関わらず会場の熱は一気にヒートアップ。登壇後、各々が演じるキャラクターについての説明を行いました。



■女子に優しく、男子に厳しい!だけど、意外とマイペース。
まずは本日参加の声優陣の中で、唯一のの大人のキャラクター若桜郁人を演じる鳥海氏が若桜郁人について紹介。司会の吉田氏が「なぜ、鳥海さんは良いにおいがするんですか?」という質問に対し「それは、人口フェロモン(香水)だよ」と回答。保険医を務める若桜に関連して、鳥海氏自身高校時代に保健室を使ったことがあるか?という話題に対しては「部活も入っておらず、体調が悪くなることもほぼなかったので、保健室をつかったことはない!」とのこと。高校時代何をやっていたかという質問に対しては「高校生の時は、将来の夢とかも特になく、役者さんとかも別に目指していませんでした。ホント、ぼんやりと過ごしていましたよ(笑)。小学生まではプロ野球選手になるのが夢だったんだけどね…」と過去話を暴露し、会場は驚きの声に包まれました。

キャラを演じるにあたって台本に忠実に演じたらしく、若桜は女子に厳しく、男子に厳しいが、実は意外にマイペース、という部分に注目してほしいとのことだ。「確かにマイペースでないと、あの色気はでませんよね」と吉田氏のコメントに会場も「うん、うん」と首を縦に振っていました。



■唯一の共感ポイントは「カニ、エビが好きな所」
続いて新海凛十を演じる小野氏が、キャラクターについてのアピールポイントを紹介。「横のポップのキャラクターとのギャップが激しいですね!(笑)」と吉田氏が小野氏に問いかけると「そうですね(笑)」と小野氏自身も爆笑。「良い人をそのまま表している小野さんと、いつもツンツンしている新海くんのキャラを演じるのは難しいのでは?」との問いかけに対しては「全くもって共通点がないので、正直キャラを演じるのはかなり難しかったです!あ、でも、新海くんはカニ・エビが好きらしく、その部分については唯一共感ポイントがありました!そこが唯一近い共通点かな(笑)。新海くんがカニ・エビ好きなのみんな知ってる?」と会場に投げかけたところ、知っているユーザーはほとんどいませんでした。



■人類で一番真面目な人
続いて白川基役の杉山氏にバトンタッチ。「人類で一番真面目な人、杉山さんにピッタリの役柄ですよね!」と吉田氏がコメント。話は自然化学部に所属している白川に対し、杉山氏の高校時代の部活動の話に。「中学、高校と硬式テニス部に所属していました」という杉山氏。ただ「都内の学校で校庭もかなりせまく、テニスはほとんどしていませんでした。毎日、学校の周りをランニングして、筋肉トレーニングの日々…。しかも、当時は排ガスの影響か、ランニングをし終わってタオルで顔を拭くとタオルが真っ黒になったんですよね。体に良いと思って部活動を行っていましたが、今考えると逆効果だったような…(笑)。」とのこと。

「毎日、ラケットを持って行っていましたが、使うのは1週間に1・2回程度でした。しかも、コートは先輩達が優先して使うので『やっとラケットを握れる!え?素振りか…』みたいな日々を6年間続けていましたね(笑)。」と白川に引けをとらない、生まれながらに超真面目な杉山氏のトークに会場は爆笑に包まれました。



■「可愛く演じるしかなかった」
最後に廣瀬を演じる、保志氏がキャラクターについての説明を行いました。説明の前に「実は、高校生の時自然化学部でした(キリッ)」と突然のカミングアウト。「さっきの話の流れで入ってきてよ!」と杉山氏が突っ込む中「いや、2週間だけの入部だったのでそんな深く語ることができず…」と弁解。

「元々、杉山さんと同じく中学・高校とテニス部でした。軟式でしたけど。中学校時代は、軟式テニス部で、高校に入り硬式テニス部に入ったのですが、軟式とはちょっと違って…。硬式テニス部を退部したあとに、自然化学部に入部しました。入部後は毎日、部室というか理科室で毎日マンガばかり読んでましたね(笑)。結局2週間くらいで、自然化学部も退部して、最終的には軟式テニス部に入部していました」とのこと。

司会の吉田氏が「大人の中で一番可愛い人」と推薦する保志氏ですが、キャラクターの細かい設定に対し当初は驚き、混乱していたとのこと。「設定通りに演じたら、ただただ、可愛く演じるしかなかった」と今回の役どころの難しさを語りました。

---- ■普段は絶対見られない公開アテレコも
姉妹タイトル『ガールフレンド(仮)』では定番となっている公開アテレコですが、本イベントでも実施され、普段は見られないキャラクター通しの掛け合いに、会場に集っていた女性ユーザー達は「キャー!」「ギャー!」と悲鳴にも近い黄色い声援を送っていました。

「『ボーイフレンド(仮)』スピンオフショートストーリー」と銘打たれたミニイベントは本イベントの為に描きおろされたストーリー。保健室が舞台で若桜、新海、白川、廣瀬の4人の掛け合いはここでしか見られない内容となっており、リハーサルを見ていた司会の吉田氏も「僕の中の女子が「フーッ!」と言っているのが自分でも分かった」と言うほど貴重な内容となりました。内容は新海、白川、廣瀬が各々怪我や用事等で保健室に訪れ、女子生徒には優しく、男子生徒に厳しい若桜に冷たくあしらわれつつも、保健室を出た後に主人公と急接近する、といったストーリー。

白川は、図書委員の手伝いを行っている主人公に対し「僕も一緒に手伝うよ。少しでも長い時間、あなたと一緒にいたいから」と主人公に語りかけ、散々若桜達にいじられ、保健室を飛び出し、偶然主人公と出くわした新海は「喉が渇いたから、一緒に飲むぞ。少しくらい、あんたを独り占めにしていいだろう」とあまーい言葉を。

保健室を出た後、階段で主人公と遭遇した廣瀬は「なんでも相談してくれよ。なんでも頼ってくれよ。お前が甘えられるたった一人の男になりたい。俺はお前の彼氏なんだから!」と突然のカレシ発言に会場は爆笑。男子生徒3人を相手にしていた若桜は「可愛らしいあの娘の声でも聞こう」と主人公へ電話をかけ「今、昇降口にいるのかい?分かった。僕も今からでるから、駐車場で待っていてくれないかい?」と本当に教師と生徒なのか?と思うような刺激的なアテレコになりました。


■ファンにはたまらない!Twitter連動アテレコも
続いて「あなたの夢を叶えます!妄想学園生活☆」と銘打たれたイベントが開催。こちらは、Twitterで募った出演声優/カレ達にとあるシチュエーションで言ってもらいたいセリフをその場で言ってもらえる、というファンにはたまらない内容。

「入学式早々、遅刻をしてしまった彼女(自分)。急いで走っていたら前の人(各キャラクター)にぶつかってしまい尻もちをついてしまう。そんな彼女(自分)を見ながらしゃがみ、一言!」といったシチュエーションとなっており、各声優陣がユーザーから募ったセリフを披露しました。

まずは若桜から「大丈夫?俺に捕まって。連れて行ってあげるよ、保健室に。俺は養護教諭だから、治療した後に二人だけの入学式をしようか」とあま~い言葉を発し、会場は悲鳴に包まれました。続いて「あぶねーな!そんなすっ転んで。ほら、手貸せよ。あんた藤城のやつか?来年入学してやるから、待ってろよ」新海役(当時中学3年生設定)の小野氏が演じ、続いて白川役の杉山氏にバトンタッチ。「すみません、怪我していませんか?立てますか?あー!すみません、つい見とれてしまって。一緒のクラスになれるといいですね。あー!遅刻してしまいますね、急ぎましょう」と真面目な白川らしい紳士的なセリフ。「あー、びっくりした!お前も遅刻仲間か?ほら、手貸せよ。あれ?もしかしてお前、俺に惚れちゃった?あ、違うか…」と先ほどのアテレコに続き、勘違いキャラ全開の廣瀬に会場は爆笑に包まれました。


また2周目も行われましたが、若桜は相変わらず保健室に連れて行こうと甘い言葉を連発、意外とツンツンしている新海には「お前…パンツ見えてるぞ!」とゲーム内では絶対に語らないセリフを声優陣が演じ、会場は大きな盛り上がりを見せました。

最後には声優陣直筆サイン入りポスターをもらえるポスター争奪じゃんけん大会も行われ、最初から最後まで熱気が冷めること無く、イベントは終了となりました。

本タイトルのイベントはまだ第1回。今後も『ボーイフレンド(仮)』のリアルイベントが実施されるかは未定ですが、次のイベントに備えて今からタイトルをプレイしてみてもいいかもしれませんね。
《森 元行》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 【読者アンケート】『FGO』アニメ化するなら何章がいい?

    【読者アンケート】『FGO』アニメ化するなら何章がいい?

  2. 【生放送】『FGO』「異端なるセイレム」を振り返る会、20時30分よりやります!【壮絶ネタバレ注意!】

    【生放送】『FGO』「異端なるセイレム」を振り返る会、20時30分よりやります!【壮絶ネタバレ注意!】

  3. 『FGO』「冥界のメリークリスマス」幕開け! 限定サーヴァント「アルテラ・ザ・サン〔タ〕」ゲットに挑め

    『FGO』「冥界のメリークリスマス」幕開け! 限定サーヴァント「アルテラ・ザ・サン〔タ〕」ゲットに挑め

  4. 『アンジュ・ヴィエルジュ』クリスマスでキュートな「セナ・ユニヴェール」を先行公開! 描き下ろしイラスト&ボイス録り下ろしで登場

  5. 『きららファンタジア』ゲーム進行不可などの複数の不具合が発生中

  6. 【特集】ヌルヌルうごくしフトモモニーソ祭りだって開催できる『デスティニーチャイルド』の魅力を5人のライターが語り尽くす!

  7. 『FGO』イチオシのマシュが描かれた概念礼装は?他を寄せつかない人気で“あのマシュ”が栄冠に!【読者アンケート】

  8. 『FGO』意外にもアビゲイルより筋力が低いサーヴァント5選【特集】

  9. 『オーディナル ストラータ』事前登録者数100万人を突破を記念して、スペシャルオリジナルツアーの提供が決定!

  10. 『チェインクロニクル3』絆の軌跡“帰還篇”が公開決定!SSR「ユリアナ」がもらえる限定イベントや年末特大生放送も

アクセスランキングをもっと見る