人生にゲームをプラスするメディア

『討鬼伝』新作が発表!武器種やストーリーなど全要素がボリュームアップ

ソニー PSV

公式サイトより
  • 公式サイトより
コーエーテクゲームスは、PS Vita/PSPタイトル『討鬼伝 極』を発表しました。

『討鬼伝』は、「無双」シリーズを手掛けるオメガフォースによる、壮大な和風ハンティングアクションです。その続編となる『討鬼伝 極』では、オオマガドキを巡る戦いから3ヵ月後が舞台に。前作『討鬼伝』の内容に加え、さらに難易度の高い任務や、薙刀などの新たな武器種、戦闘スタイルなど、すべての要素が大幅にボリュームアップしています。また、プレイヤーが戦う 「鬼」も、北の地に現れた未知の鬼“イミハヤヒ”のほか、新たな「鬼」が多数登場し、その数は前作の約2倍に及ぶボリュームです。

◆特殊任務


決められた「鬼」と闘うだけでは物足りないというモノノフのために、新たな形の特殊任務を追加されます。この特別な任務でしか手に入らないミタマや報酬もあり、新たな「鬼」から手に入れられる素材で製造する武器や防具の収集と合わせ、やり込み要素が満載。

◆連携システム


他プレイヤーやNPCとの共闘を行うことにより、「鬼」の部位を一撃で破壊する「鬼千切」よりもさらに強力な必殺技が使えるようになりました。また本作では、NPCの行動を司るAIをブラッシュアップ。より賢く、人間らしい動きをするようになった仲間のモノノフと連携して“鬼”に挑めます。

◆新モノノフ


『討鬼伝 極』では、前作のストーリーの後に、ほぼ同量の新たなストーリーを一挙追加。前作ではほとんど明かされていなかった、モノノフの起源や「陰陽方」や存在など、『討鬼伝』の世界をさらに深く掘り下げられます。また、「桜花(おうか)」や「速鳥(はやとり)」といった前作で登場した仲間のモノノフや、ウタカタの里のNPCたちは引き続き登場。それに加え、薙刀を操る「暦(れき)」のほか、新たに魅力的なキャラクターたちが登場し、壮大なストーリーが展開します。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

公式サイトでは、新鬼「イミハヤヒ」、新プレイヤーキャラクター、暦のビジュアルも公開されていますので、合せてご覧下さい。

『討鬼伝 極』は2014年発売予定で、PS Vitaのパッケージ版の価格が5,800円(税別)、ダウンロード版が 5,143円(税別)。PSPのパッケージ版の価格が4,800円(税別)、ダウンロード版が 4,286円(税別)です。

(C)コーエーテクモゲームス All rights reserved.
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PS4版『ドラクエXI』をPS Vitaのリモートプレイで遊ぶ映像―PS4版独自の要素「マジスロ」のシーンも

    PS4版『ドラクエXI』をPS Vitaのリモートプレイで遊ぶ映像―PS4版独自の要素「マジスロ」のシーンも

  2. 【レポート】ポリフォニー・デジタルのスタジオ見学ツアーレポ!あの精密3Dモデルの制作過程も

    【レポート】ポリフォニー・デジタルのスタジオ見学ツアーレポ!あの精密3Dモデルの制作過程も

  3. 【特集】アークシステムワークス石渡太輔氏インタビュー「格闘ゲームは世界平和のひとつ」

    【特集】アークシステムワークス石渡太輔氏インタビュー「格闘ゲームは世界平和のひとつ」

  4. 【読者アンケート】『ドラクエ XI』、PS4と3DSどっちを買う?

  5. 『ドラクエXI』名前入力は6文字まで、3DS版では「時渡りの迷宮」で“ロンダルキアの洞窟”にも行ける

  6. 『旋光の輪舞2』最新PV公開! より強力になった弾幕やボスを映像でお披露目

  7. 『モンスターハンター:ワールド』武器14種の紹介動画が登場─シームレスな世界を舞台に各武器をお披露目

  8. 『ペルソナ5』ジョーカーがfigma化―もちろん相棒「モルガナ」も付属!

  9. 『グランツーリスモ SPORT』は今後20年を見据えたタイトル―山内一典氏合同インタビュー

  10. 【レポート】『グランツーリスモSPORT』メディア体験会で新要素が一挙判明

アクセスランキングをもっと見る