人生にゲームをプラスするメディア

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』創作もOK、あなたのヤンデレ体験大募集

ソニー PS3

可愛いヒロインのひとり、有末 陽佳
  • 可愛いヒロインのひとり、有末 陽佳
  • 陽佳のヤンデレに負けない体験談を大募集
  • 『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』パッケージ
  • 『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』ロゴ
日本一ソフトウェアは、PS3ソフト『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』の公式サイトにて、「僕の、私の、さいきょーヤンデレ体験」の募集を開始しました。

名は体を表す通り、ハーレムな日常と、後半に訪れるヤンデレ地獄を味わえる『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』。本作のシナリオを担当したのは、『久遠の絆』でも知られている小林且典氏です。

多くのファンを虜とし、また長年の実績を誇る小林氏が、この切り口をどのように料理するのか。その真髄はまだ秘められたままですが、小林氏の手腕を知る人にとっては、完成度への信頼は揺るぎのないものと言えるでしょう。

本作の物語は、据え置き機のADVゲームにはあまり見受けられない、その個性的な切り口が大きな特徴となっていますが、個性溢れるポイントはゲームの中だけに留まりません。本作のサイトでは、このタイトルの略称を広く募集し、応募総数1,118通の頂点に立つ名称として、『はんもっく』を公式に認める略称として発表したばかり。広報展開までもが、ユニークさに溢れるものとなっています。

そしてこのたび、新たなるキャンペーンとなる「僕の、私の、さいきょーヤンデレ体験」が、公式サイトにて始まります。本作が取り扱う大きな要素のひとつである「ヤンデレ」にフォーカスし、幅広いユーザーを対象に、そのヤンデレ体験を募集するというこのキャンペーン。応募方法は、公式サイトに用意されているメニューバーの「スペシャル」から投稿フォームへ進み、名前とメールアドレス、そして肝心のヤンデレエピソードを書き、送信ボタンを押すだけです。

なお、今回募集するヤンデレエピソードは、「創作可」となっているので、実体験に肉付けするなり、脳内カノジョにお越しいただくなど、それぞれが得意とするスタイルでチャレンジできます。様々なゲームで鍛え上げられた想像力を、このキャンペーンにぶつけてみるのも一興かもしれませんよ。

素晴らしいヤンデレエピソードは、公式サイトに掲載される予定とのこと。また、そのエピソードを送った方には、ヤンデレにふさわしい(?)賞品もプレゼントされるので、こちらも楽しみですね。陽佳たちに負けないヤンデレ話を、あなたも公開してみませんか。

■『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』公式サイト
URL:http://nippon1.jp/consumer/yandere/

『ハーレム天国だと思ったらヤンデレ地獄だった。』は、2014年4月24日発売予定。価格は、パッケージ版が7,344円(税込)、ダウンロード版が 6,171円(税込)です。

(C)2014 Nippon Ichi Software, Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS3」がコナミの新タイトル『ANUBIS Z.O.E:M∀RS』に採用

    ポストエフェクトミドルウェア「YEBIS3」がコナミの新タイトル『ANUBIS Z.O.E:M∀RS』に採用

  2. 【レポート】『バイオハザード7』無料エピソード「Not A Hero 」をPS VRで体験…撃て、殴れ、そして恐怖せよ!

    【レポート】『バイオハザード7』無料エピソード「Not A Hero 」をPS VRで体験…撃て、殴れ、そして恐怖せよ!

  3. PS4『プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI』配信開始!―タイ産空戦ロボゲーPS4リマスター

    PS4『プロジェクト・ニンバス:CODE MIRAI』配信開始!―タイ産空戦ロボゲーPS4リマスター

  4. 【プレイレポ】3Dグラフィックとボイスで生まれ変わる『聖剣伝説2』―懐かしくもしっかり新しい

  5. PS Storeで使える10%オフクーポンが配布中―「ニコデ、ハンガク」セールと併用可能!

  6. 『仮面ライダー クライマックスファイターズ』豪華ゲストと贈る生放送が決定―キバやウィザードなどの詳細も公開

  7. PSVR 『MONSTER OF THE DEEP: FFXV』配信開始―最新トレイラーも公開!

  8. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

  9. 日本一ソフトウェア「ハイパー掘り出し物市 第1弾」が開催―『ボク姫PROJECT』のPS4用アバターも販売

  10. 『ドラゴンボール ファイターズ』アニメの名シーンを彷彿させる、大迫力なテレビCMを公開

アクセスランキングをもっと見る