人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2014】ゲーム開発者は"ゲームプレイ"に注力を、AndroidとiOSをつなぐ「Google Play Game Services」

モバイル・スマートフォン Android

デバイスが違うと一緒にゲームを遊べなかった
  • デバイスが違うと一緒にゲームを遊べなかった
  • ゲーム開発には様々な労力が必要。ゲームプレイ以外の工数を削減します
  • 某フルーツのロゴの会社のOSもサポートしている
  • こうした機能を提供
  • マッチメイキングの例
  • マッチメイキングの例
  • マッチメイキングの例
  • UIも提供されている
GDC 2日目の「Google Developers Day」。グーグルのTodd Kerpelman氏は「Engaging Your Entire Community」と題した講演を行いました。スマートフォン向けゲーム開発においては、プラットフォームの分断と、ネットワーク対応による開発の肥大化という問題が大きくなりつつあり、グーグルはこうした問題の解決手段を提示しようとしています。

グーグルが開発者向けに提供している「Google Play Game Services」はスマートフォンゲームのネットワーク対応で典型的に利用される「アチーブメント」「クラウドセーブ」「リーダーボード」を容易に実装するためのライブラリ集です。このライブラリはAndroidだけでなく、iOSにも対応していて、デバイスを超えたネットワーク対応やクラウドセーブによる引き継ぎが可能になります。さらに今週、新たな機能として「マルチプレイヤー」も実装。プラットフォーム間の対戦まで実現します。

Kerpelman氏は「友達が違う種類のデバイスを使っていたとしても、一緒のゲームで遊べるべきでしょう?」と話し、プラットフォームホルダーという立場にありながらも、グーグルがこのプラットフォームの垣根を取り払う事に積極的であることをアピールしました。

新たに実装される「マルチプレイヤー」では地理や通信速度を勘案したマッチメイキングから、プレイセッションへの友人や他人のインバイト、同期・非同期での対戦までカバー。P2P的な繋ぎ方とグーグルのサーバーを介した接続の両方が実装されるようです。インバイトなどは簡易的なUIも提供されるため、開発者の工数も削減してくれそうです。また、マルチプレイヤーでは致命的になるハッキングによるデータ改ざんを防止する機能も含まれています。

さらに「Google Play Game Services」はUnity向けのプラグインも公開されているため、1つのコードでAndroidとiOSを両方カバーすることができます。JavaとObjective-Cというネイティブ言語で開発した場合、両OS間での微妙な差異がゲームの挙動に影響を与えますが、Unityであればこうした心配も不要です。

「Google Play Game Services」について詳しくはウェブサイト等を参照ください。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『FGO』今年の夏イベントで水着になってほしいサーヴァントは誰?【読者アンケート】

    『FGO』今年の夏イベントで水着になってほしいサーヴァントは誰?【読者アンケート】

  2. 『アズールレーン』戦艦「ネバダ」に改造実装が決定―雰囲気はまるで西部劇のガンマン!

    『アズールレーン』戦艦「ネバダ」に改造実装が決定―雰囲気はまるで西部劇のガンマン!

  3. 『アズールレーン』新規実装、サラトガ改のパラメーター解析&オススメの編成を考察!

    『アズールレーン』新規実装、サラトガ改のパラメーター解析&オススメの編成を考察!

  4. 「『FGO』あなたが好きな★1サーヴァントは?」結果発表─1位は4割超えの支持を獲得! あなたのお気に入りは何位?【アンケート】

  5. 『アズールレーン』新艦船“潜水艦”の魅力に迫る!―新キャラを狙って建造30連の結果も

  6. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  7. 『アズールレーン』重巡洋艦「鳥海」が公開―指揮官、どんなことでもお任せください!

  8. 【FGO】マルタレベル&絆MAX記念!町娘から聖女になった少女の背景に迫るーマルタが言う「彼」とは?

  9. もっとドン勝を目指せ!『PUBG MOBILE』TVCM放映を記念した衣装クレートが実装

  10. 『ミリシタ』配信一周年記念「SSR確定ガシャ」開催-新ユニット「閃光☆HANABI団」の新曲イベントも!

アクセスランキングをもっと見る