人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2014】ゲーム開発者は"ゲームプレイ"に注力を、AndroidとiOSをつなぐ「Google Play Game Services」

モバイル・スマートフォン Android

デバイスが違うと一緒にゲームを遊べなかった
  • デバイスが違うと一緒にゲームを遊べなかった
  • ゲーム開発には様々な労力が必要。ゲームプレイ以外の工数を削減します
  • 某フルーツのロゴの会社のOSもサポートしている
  • こうした機能を提供
  • マッチメイキングの例
  • マッチメイキングの例
  • マッチメイキングの例
  • UIも提供されている
GDC 2日目の「Google Developers Day」。グーグルのTodd Kerpelman氏は「Engaging Your Entire Community」と題した講演を行いました。スマートフォン向けゲーム開発においては、プラットフォームの分断と、ネットワーク対応による開発の肥大化という問題が大きくなりつつあり、グーグルはこうした問題の解決手段を提示しようとしています。

グーグルが開発者向けに提供している「Google Play Game Services」はスマートフォンゲームのネットワーク対応で典型的に利用される「アチーブメント」「クラウドセーブ」「リーダーボード」を容易に実装するためのライブラリ集です。このライブラリはAndroidだけでなく、iOSにも対応していて、デバイスを超えたネットワーク対応やクラウドセーブによる引き継ぎが可能になります。さらに今週、新たな機能として「マルチプレイヤー」も実装。プラットフォーム間の対戦まで実現します。

Kerpelman氏は「友達が違う種類のデバイスを使っていたとしても、一緒のゲームで遊べるべきでしょう?」と話し、プラットフォームホルダーという立場にありながらも、グーグルがこのプラットフォームの垣根を取り払う事に積極的であることをアピールしました。

新たに実装される「マルチプレイヤー」では地理や通信速度を勘案したマッチメイキングから、プレイセッションへの友人や他人のインバイト、同期・非同期での対戦までカバー。P2P的な繋ぎ方とグーグルのサーバーを介した接続の両方が実装されるようです。インバイトなどは簡易的なUIも提供されるため、開発者の工数も削減してくれそうです。また、マルチプレイヤーでは致命的になるハッキングによるデータ改ざんを防止する機能も含まれています。

さらに「Google Play Game Services」はUnity向けのプラグインも公開されているため、1つのコードでAndroidとiOSを両方カバーすることができます。JavaとObjective-Cというネイティブ言語で開発した場合、両OS間での微妙な差異がゲームの挙動に影響を与えますが、Unityであればこうした心配も不要です。

「Google Play Game Services」について詳しくはウェブサイト等を参照ください。
《土本学》

特集

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 『アイドル事変』数か月の長期メンテを経てサービス終了に

    『アイドル事変』数か月の長期メンテを経てサービス終了に

  2. 『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場

    『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場

  3. 【追記】チェインシナリオRPG『ワールドチェイン』8月31日でサービス終了に、メインストーリーは今後の更新で完結予定

    【追記】チェインシナリオRPG『ワールドチェイン』8月31日でサービス終了に、メインストーリーは今後の更新で完結予定

  4. スクエニ、『サムライ ライジング』のサービス終了を発表─スタートから約1年で幕引き

  5. 『シノアリス』×『ニーア オートマタ』コラボ専用シナリオの一部を先行初公開

  6. 『アカシックリコード』8月31日にサービス終了─「満足いただけるサービスの提供が困難」とコメント

  7. 『アンジュ・ヴィエルジュ』ドラゴンの撃破で、コードΣ14 スラー(CV:赤塚千夏)やオルトリン(CV:藤井ゆきよ)を獲得するチャンス!

  8. スクエニ、『くまぱら』サービス終了を発表─開始から1年4ヶ月で幕引き

  9. 広井王子新作『ソラとウミのアイダ』発表!舞台は尾道、宇宙漁師育成センターの少女たちを描く

  10. サイバーステップ、『Q&Qアンサーズ』を配信開始─「最高レア確定ガチャ券」が入手できるミッションを実装

アクセスランキングをもっと見る