人生にゲームをプラスするメディア

【BitSummit 14】メガドライブ名作がPS4で蘇る『重装機兵レイノス』制作発表、プレイアブル展示も

ソニー PS4

【BitSummit 14】メガドライブ名作がPS4で蘇る『重装機兵レイノス』制作発表、プレイアブル展示も
  • 【BitSummit 14】メガドライブ名作がPS4で蘇る『重装機兵レイノス』制作発表、プレイアブル展示も
  • 【BitSummit 14】メガドライブ名作がPS4で蘇る『重装機兵レイノス』制作発表、プレイアブル展示も
  • 【BitSummit 14】メガドライブ名作がPS4で蘇る『重装機兵レイノス』制作発表、プレイアブル展示も
  • 【BitSummit 14】メガドライブ名作がPS4で蘇る『重装機兵レイノス』制作発表、プレイアブル展示も
  • 【BitSummit 14】メガドライブ名作がPS4で蘇る『重装機兵レイノス』制作発表、プレイアブル展示も
デベロッパーのドラキューは、PlayStation 4専用作となる『重装機兵レイノス』の制作を発表しました。本作は、1990年にメガドライブで登場した同名タイトルの復刻作であり、版権元の協力を得て(オリジナルはメサイヤブランドから発売)開発に着手できたとのこと。

『重装機兵レイノス』は、深いストーリー性と硬派なシステムを持ったサイドスクロール型のロボットアクションシューティング。『レイノス』のヒットにより、その後『重装機兵』を題材にした様々な作品やプラモデルなどの関連商品が作られました。

開発元のドラキューは、『機装猟兵ガンハウンド EX』を手がけたチームに加えて、『サンダーフォース V』の九十九百太郎氏、メカデザイン監修に『装甲騎兵ボトムズ』で作画監督を担当した吉田徹氏を起用。

今週末に京都で開催中のインディーゲームイベントBitSummitでは、ドラキューブースとSCEブースでさっそくプレイアブル展示。まだプロトタイプ段階の出来だったものの、DUALSHOCK 4を手にとって遊ぶことが出来ました。

発売時期などは明らかになっていませんが、今後「オープン開発」という手法を取り入れて、ファンと共にゲームを作り上げていくということです。
《riot_兄》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』拠点にいるアイルーたちを観察―2月22日は“猫の日”だニャ!

    『モンハン:ワールド』拠点にいるアイルーたちを観察―2月22日は“猫の日”だニャ!

  2. PS4『Yonder 青と大地と雲の物語』配信開始! 自由気ままなスローライフをオープンワールドで楽しもう

    PS4『Yonder 青と大地と雲の物語』配信開始! 自由気ままなスローライフをオープンワールドで楽しもう

  3. 『モンハン:ワールド』お気に入りの“報酬画面”、見せてください!

    『モンハン:ワールド』お気に入りの“報酬画面”、見せてください!

  4. 狩りが捗るかも!『モンハン:ワールド』全ハンターに知ってほしい10の豆知識

  5. もっと快適狩猟ライフ!『モンハン:ワールド』嬉しい10個の豆知識―第2弾

  6. スーファミ風16-bitアクション『FOX n FORESTS』が今春登場! 様々な名作にインスパイア

  7. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  8. 『北斗が如く』秘孔を突きまくり、バギーで爆走!でかいババアにも会える体験版をプレイ

  9. 『モンハン:ワールド』3月2日以降のイベクエを公開―相棒、ユラユラ防具ですって!

  10. 『モンハン:ワールド』モンスターの寝顔・第2弾―ジャグラスからランゴスタまで小型をピックアップ

アクセスランキングをもっと見る