人生にゲームをプラスするメディア

『パンツァードラグーン』の二木氏が手がけるiOSアプリ『街コロ』3月下旬リリース ─ BitSummitにてプレイアブル出展も

モバイル・スマートフォン iPhone

iOSアプリ『街コロ』、3月下旬配信予定
  • iOSアプリ『街コロ』、3月下旬配信予定
  • ディレクターは、『パンツァードラグーン』の二木幸生氏
  • 事前登録でプレゼントされる温泉旅館
  • 『街コロ』ロゴ
  • グランディング ロゴ
  • コアゲームス ロゴ
コアゲームスは、iOSアプリ『街コロ』を3月下旬に配信することを明かすとともに、「BitSumit」へのプレイアブル出展を発表しました。

2012年5月にグランディングが世に送り出したアナログボードゲーム「街コロ」は、自分の街の発展を目的とする都市発展型ゲーム。シンプルながらも奥の深いゲーム性と、1プレイあたり30分ほどという手軽さが好評を博しましたが、その「街コロ」がこのたびiOSアプリとして生まれ変わります。

全てがサイコロ次第というおかしな街を発展させるため、住民の要望を叶えたり、お邪魔キャラを退けてレアな建物をゲットしていくこのアプリ。サイコロがもたらす波乱の展開をうまく味方につけて、更なる発展を目指しましょう。

iOSアプリ『街コロ』のディレクターを務めるのは、『Crimson Dragon』や『パンツァードラグーン』などを手がけたことでも知られる二木幸生氏。名作に携わってきた二木氏が、ボードゲームを原作としてどのようなタイトルに仕上げたのか、興味が募るばかりです。

現在『街コロ』の公式サイトでは事前登録を受け付けており、レアガチャ2回相当分のゲーム内通貨と、建物“温泉旅館”のプレゼントを実施しています。また、3月7日から9日に開催されるインディーゲームイベント「BitSumit(http://bitsummit.org/index-jp.html)」にて、『街コロ』のプレイアブル出展も決定しています。配信に先駆けて直接体験できるこの機会を逃さず、「BitSummit」へ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。

iOSアプリ『街コロ』は、2014年3月下旬配信予定。価格は、基本無料のアイテム課金制です。

(C)KOA GamesLtd., (C)Grounding Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 【特集】『FGO』異端なるセイレムの情報をおさらい!ストーリーやサーヴァントを推察

    【特集】『FGO』異端なるセイレムの情報をおさらい!ストーリーやサーヴァントを推察

  2. 『どうぶつの森 ポケットキャンプ』リーフチケットはいくら?無料でどれだけ手に入る?気になる課金周りをチェック!

    『どうぶつの森 ポケットキャンプ』リーフチケットはいくら?無料でどれだけ手に入る?気になる課金周りをチェック!

  3. 【20:15更新】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』通信エラー復旧か?―原因はアクセス集中によるサーバー通信のトラブルだった模様

    【20:15更新】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』通信エラー復旧か?―原因はアクセス集中によるサーバー通信のトラブルだった模様

  4. 『どうぶつの森 ポケットキャンプ』が配信開始―プレイも可能!【UPDATE】

  5. 『FGO』国内累計1100万DLを突破―“山の翁”が期間限定で再登場

  6. 【読者アンケート】『FGO』「桜礼装何枚貰った?」結果発表!―やはり全部貰っている人が多かった

  7. 『D×2 真・女神転生』続報に加え新作3本が発表!セガゲームスのスマホ向け新作発表会レポート

  8. iOS/Android『どうぶつの森 ポケットキャンプ』気になる課金まわりが判明!「20枚:120円」のリーフチケットで時間短縮など

  9. 【特集】『FGO』サーヴァント達の現代風ファッション―みんな似合いすぎ!

  10. 【11/21更新】『どうぶつの森 ポケットキャンプ』情報まとめー登場キャラクターや気になる新要素など

アクセスランキングをもっと見る