人生にゲームをプラスするメディア

PS4が再びトップ、ソフトは新作不足で伸び悩み ― 2014年1月の米国小売市場セールスデータ

ソニー PS4

PS4が再びトップ、ソフトは新作不足で伸び悩み ― 2014年1月の米国小売市場セールスデータ
  • PS4が再びトップ、ソフトは新作不足で伸び悩み ― 2014年1月の米国小売市場セールスデータ
市場調査会社NPD Groupより、毎月恒例の米国小売りゲーム市場セールスデータが公開されました。まず市場全体では、長年続く規模縮小傾向が、前年比1%微減の6億6400万ドルという結果で踏みとどまったものの、ソフトウェア単体のセールスはわずか2億3200万ドルと振るわず、前年比26%の落ち込み。

この結果についてはアナリストは、『DMC: Devil May Cry』や『二ノ国』があった2013年1月に比べて、強力な新作タイトルの不足が原因がであると分析。下記のソフトウェアランキングを見ても、ほとんどが前年ホリデーシーズンの大作ばかりであることが分かります。

ソフトウェアランキング

1. Call of Duty: Ghosts (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360/Wii U/PC)
2. NBA 2K14 (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360/PC)
3. Battlefield 4 (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360/PC)
4. Assassin's Creed IV: Black Flag (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360/Wii U/PC)
5. Grand Theft Auto V (PS3/Xbox 360)
6. Madden NFL 25 (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360)
7. Minecraft (Xbox 360)
8. FIFA 14 (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360/PS Vita)
9. Lego Marvel Super Heroes (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360/Wii U/PS Vita/PC)
10. Tomb Raider (PS4/Xbox One/PS3/Xbox 360)

やはり気になるのは次世代機用タイトルの販売数ですが、現段階で判明しているデータは僅か。同日のMicrosoft発表によれば、2013年中に全世界300万台のセールスを達成しているXbox Oneの米国における本体装着率は2.7本で、Xbox 360とXbox Oneソフトを合わせたセールスは227万本とのこと。

一方、例のパフォーマンスの違いによる影響もあるのか、『Tomb Raider』はPS4版がXbox Oneに対して2:1の割合で上回っているとの報告も出ています。

任天堂のセールスについては、Wii Uと3DSタイトルが26%増加、『ポケモンX・Y』は12万5000本、『スーパーマリオ 3Dワールド』は65万5000本、『ゼルダの伝説 神々のトライフォース2』は71万5000本が売れたそうですが、いずれもTOP10入りを逃しています。

米国1月のハードウェアトップセラーはPlayStation 4。ライバルハードの2倍の台数が売れているとソニーの広報担当者は報告。Micorosft側からのハードセールスに関する言及はありませんが、ローンチから3ヶ月間を振り返ると、Xbox One本体はXbox 360に比べて2.29倍早いペースで売れているということです。

次世代機は日本国内でもいよいよPS4が来週ローンチを迎え、海外市場の後を追いかけることになりそうです。
《編集部》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』4月27日より『Devil May Cry』コラボ開始!新イベクエの内容もチェック

    『モンハン:ワールド』4月27日より『Devil May Cry』コラボ開始!新イベクエの内容もチェック

  2. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』ついに発売!序盤のちょっとした攻略トピックスをご紹介

    新生『ゴッド・オブ・ウォー』ついに発売!序盤のちょっとした攻略トピックスをご紹介

  3. 『モンハン:ワールド』ついに“重ね着装備”に追加が!マム・タロトと同時実装、そして鑑定武器とは…

    『モンハン:ワールド』ついに“重ね着装備”に追加が!マム・タロトと同時実装、そして鑑定武器とは…

  4. 『モンハン:ワールド』×『ストV』コラボ第二弾「さくら」のワンセット防具は5月4日から!

  5. 『モンハン:ワールド』無料大型アップデート第2弾が配信開始! 新古龍「マム・タロト」に立ち向かえ

  6. 『モンハン:ワールド』マム・タロトが出現する特別調査の流れが明らかに―報酬にはボーナス付きの鑑定武器が!

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. 『モンハン:ワールド』歴戦個体への閃光効果に調整、研究所での「ツタの葉」栽培可能など―4月19日アプデ内容をチェック

  9. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  10. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』100%コンプリートするには43時間が必要?過去作の2倍以上に

アクセスランキングをもっと見る

1