人生にゲームをプラスするメディア

制作費50億円を投じた、PC向け超大作オンラインRPG『ブレイドアンドソウル』2014年に日本上陸 ― 4月からアニメ化も

ソーシャル・オンラインゲーム PCゲーム

『ブレイドアンドソウル』特設サイトがオープン
  • 『ブレイドアンドソウル』特設サイトがオープン
  • 『ブレイドアンドソウル』ロゴ
  • アニメ版キービジュアル
  • アニメ版ロゴ
エヌ・シー・ジャパンが、サービス・運営している総合ゲームポータル「NCSOFT」にて、韓国や中国でリリースされたオンラインRPG『ブレイドアンドソウル』の、日本サービスに向けた特設サイトを公開しました。

『ブレイドアンドソウル』は、圧倒的な打撃感とスピード感が生み出す舞闘や、武術と魂が織り成す千年世界で紡がれる壮大な物語がアジア各国のユーザーを虜とし、現在大ヒットを記録しているタイトルで、制作構想7年、制作費に総額50億円を投じて作り込まれた、PC向けの超大作オンラインRPGです。

公式サイトでは、無法者集団の党首や、正義感豊かなトレジャーハンター、「渡門旅館」を切り盛りする女将に、主人公の仇となる女性など、個性的なキャラクターが肉感溢れる絵柄で登場しています。なお日本国内のサービスは、2014年内の開始を予定しています。


映像は韓国向けです

またこちらの特設サイトでは、ゲームと世界観を共有するオリジナルTVアニメーション「ブレイドアンドソウル」の情報も公開されています。アニメはゲーム本編を原作とし、原案はエヌシージャパンが担当。「マグナカルタ」などを手掛けたキムヒョンテ氏による原作キャラクターをモチーフとした、オリジナルストーリーで展開します。

監督には「モーレツ宇宙海賊」の竹内浩志氏と「Steins;Gate」を手掛けた浜崎博嗣氏を起用。シリーズ構成には冨岡淳広氏(代表作:ポケモンシリーズ)が、アニメ版キャラクターデザイン兼総作画監督を長田絵里氏が担当するといった豪華な制作陣となってます。

また声優陣は、「魔法少女まどかマギカ」にてまどか役を演じ、注目されている実力派声優である悠木碧氏をはじめ、大原さやか氏、雨宮天氏、高垣彩陽氏といったキャストが名を連ねています。さらにアニメーション制作は「絶対防衛レヴィアタン」を世に送り出したGONZOが担当し、鉄壁とも言える制作体制が築かれています。

『ブレイドアンドソウル』の最新情報は、特設サイトやアニメ公式サイトなどで随時公開されるとのこと。日本上陸となるオンラインRPG『ブレイドアンドソウル』に、どうぞご期待ください。

Blade&Soul(R) is a registered trademark of NCSOFT Corporation. Copyright (c) 2014 NCSOFT Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCSOFT Corporation the right to publish, distribute and transmit Blade&Soul in Japan. All rights reserved.
(C) NCSOFT・Blade&Soulアニメ製作委員会
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソーシャル・オンラインゲーム アクセスランキング

  1. 戦国アイドル育成RPG『天歌統一ぷろじぇくと』スマホ版の事前登録が開始、PC版では初のイベントも

    戦国アイドル育成RPG『天歌統一ぷろじぇくと』スマホ版の事前登録が開始、PC版では初のイベントも

  2. PC版『BLAZBLUE CENTRALFICTION』4月下旬配信―日本語フル対応

    PC版『BLAZBLUE CENTRALFICTION』4月下旬配信―日本語フル対応

  3. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  4. PC版『ベヨネッタ』は10万本突破か―「同作の支持には圧倒されます」

  5. 【げむすぱ放送部】『World of Warships』金曜夜生放送-目指せ火の海!

  6. Steam版『ニーア オートマタ』ストアページ公開―2Bの目があのバルブに!?

  7. 【レポート】エオルゼアでの会見も!ドラマ「FFXIV 光のお父さん」完成発表会

  8. 仏産けものRPG『Shiness』ローンチ映像!壮大な旅が今始まる

  9. 『ニーア オートマタ』Steam版発売日が3月17日に決定!動作環境も公開

  10. グリザイアシリーズ新章開幕! 『ファントムトリガー』発表…シナリオに藤崎竜太、キャラデザ・原画に渡辺明夫を起用

アクセスランキングをもっと見る