人生にゲームをプラスするメディア

海外の日本コンテンツ市場は、アニメ・マンガ・ゲーム中心の展開に ― 「メディアとコンテンツの産業・市場」レポート

ゲームビジネス その他

「各国のコンテンツ市場規模(2011~2012年)」スクリーンショット
  • 「各国のコンテンツ市場規模(2011~2012年)」スクリーンショット
  • 「海外市場に向けた日本コンテンツの進出」スクリーンショット
ヒューマンメディアは、「メディアとコンテンツの産業・市場」に関するレポートを発表しました。

「メディアとコンテンツの産業・市場」に関するレポートは、2007年から2012年までの日本と世界の市場の数値実績と産業構造の比較分析を行ったものです。国内に加え、米・ブラジル・英・仏・独・西・伊・印・ベトナム・インドネシア・タイ・中・韓・台・香港の15か国・地域を、現地及び現地語で調査しています。

国内外のメディア、コンテンツ、クール・ジャパン関連市場の動向が明らかになった今回のレポートでは、2012年の日本国内コンテンツ市場が、ソーシャルゲーム人気で5年ぶりに拡大したことがわかりました。2012年の日本国内コンテンツ市場は11兆8182億円で、前年比0.4%プラス。2006年以降、5年ぶりにソーシャルゲーム売上拡大で微増しています。また、世界では、2倍以上の市場規模を有する米国に次ぎ第2位の規模に。しかし、3位の中国が日本に迫っているという結果になりました。

日本コンテンツの海外売上を見ると、ライセンス売上約393.4億円、出荷・サービス売上約3017.6億円となっています。このうち、ライセンス売上は、アニメとマンガで3/4以上を占めています。そして、現地出荷は、ゲームソフトがほとんどという結果になっています。

■海外ライセンス売上
1位:アニメ(製作会社) 約160億円
2位:テレビ番組(うち46.8%はアニメ) 約62.5億円
3位:映画(うち30億円以上はアニメ製作会社と重複) 約46億円

■海外出荷・サービス売上
ゲームソフト出荷:約2930億円
音楽ソフト輸出:約0.98億円

■日本コンテンツの海外市場(推計)
アニメ(商品化含む):約2669億円
テレビ番組(うち46.8%はアニメ):約1041.7億円
映画(うち2/3以上はアニメ製作会社と重複):約766.7億円
音楽ソフト:約19.3億円
音楽ライブ出演:約27.1億円
オンラインゲーム:約33.5億円
出版(主にマンガ):約1380億円
音楽ソフト輸出:約0.98億円
ゲームソフト出荷:約2930億円
オンラインゲーム売上:約86.6億円

海外市場に向けた日本コンテンツを見ると、主にアニメ・マンガ・ゲームによって、海外の日本コンテンツ市場が成り立っていると言えます。2013年も、アニメ・マンガ・ゲーム共にヒット作が生まれました。こうしたヒット作が海外でどのような活躍をするか、非常に楽しみになる結果となっています。
《さかまきうさろーる》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  5. 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

  6. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  7. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  8. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  9. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  10. セガ、『サカつく』の川越氏と『ムシキング』の植村氏が退任

アクセスランキングをもっと見る