人生にゲームをプラスするメディア

【ジャンプフェスタ2014】3DS版『ドラゴンクエストモンスターズ2』ファーストインプレッション ― 『DQX』のモンスターを多数確認、超Gサイズモンスターも

ジャンプフェスタ2014会場で初プレイアブル出展したニンテンドー3DSソフト『ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵』のファーストインプレッションをお届けします。

任天堂 3DS
【ジャンプフェスタ2014】3DS版『ドラゴンクエストモンスターズ2』ファーストインプレッション ― 『DQX』のモンスターを多数確認、超Gサイズモンスターも
  • 【ジャンプフェスタ2014】3DS版『ドラゴンクエストモンスターズ2』ファーストインプレッション ― 『DQX』のモンスターを多数確認、超Gサイズモンスターも
  • 【ジャンプフェスタ2014】3DS版『ドラゴンクエストモンスターズ2』ファーストインプレッション ― 『DQX』のモンスターを多数確認、超Gサイズモンスターも
  • 【ジャンプフェスタ2014】3DS版『ドラゴンクエストモンスターズ2』ファーストインプレッション ― 『DQX』のモンスターを多数確認、超Gサイズモンスターも
  • 【ジャンプフェスタ2014】3DS版『ドラゴンクエストモンスターズ2』ファーストインプレッション ― 『DQX』のモンスターを多数確認、超Gサイズモンスターも
  • 『ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵』パッケージ
  • 【ジャンプフェスタ2014】3DS版『ドラゴンクエストモンスターズ2』ファーストインプレッション ― 『DQX』のモンスターを多数確認、超Gサイズモンスターも
ジャンプフェスタ2014会場で初プレイアブル出展したニンテンドー3DSソフト『ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵』のファーストインプレッションをお届けします。

『ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵』は、ゲームボーイカラー対応ソフトとして2001年3月9日に発売された『ドラゴンクエストモンスターズ2 マルタのふしぎな鍵 ルカの旅立ち』と2001年4月12日に発売された『ドラゴンクエストモンスターズ2 マルタのふしぎな鍵 イルの冒険』をフルリメイクしたソフトです。プレイステーションで2002年5月30日に発売された『ドラゴンクエストモンスターズ1・2 星降りの勇者と牧場の仲間たち』で移植された際、いくつかの追加要素を盛り込まれましたが、今回発売される3DS版は新作といっても過言ではない内容になっています。

これは前作『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド』が3DSでリメイクされた際、『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』シリーズのシステムを継承した内容になったのと同じで、『DQM2』もスカウトシステムやサイズの概念などが受け継がれています。この辺りは近年発売されている作品をプレイしているファンの方ならお馴染みですね。

会場ではゲームの序盤を体験できるシングルプレイと、通信対戦を体験できる対戦プレイが遊べました。

まずはシングルプレイから。『DQM2』は主人公が男の子のイルと女の子のルカから選択可能。『DQM』シリーズで唯一男女主人公が登場するのも特徴。またゲームの3D化だけに留まらず、主人公がジャンプやリアクション出来るようになりました。これはWii/Wii U/PCソフト『ドラゴンクエストX』に近いイメージで、ボタンを押すだけで主人公がぴょんぴょんジャンプします。またリアクションは「おどろかす」「おどる」「しゃがむ」「くちぶえ」が十字ボタンに割り当てられていて、「くちぶえ」はフィールド上のモンスターを引き寄せる効果があるようです。

前作『DQM』は自動生成ダンジョンを進んでいくと言う内容でしたが、『DQM2』はストーリー性が増し、本編のように物語がちゃんと楽しめるようになった作品。3DS版は街やフィールドが3Dになり、下画面のマップを見ながら冒険していきます。最初から全てマップが見えている訳でなく、自分で歩いて行くとだんだん地図が広がっていきます。

そして戦闘は最大4匹のモンスターを指示して戦います。お馴染みの戦闘曲は今回も健在。体験版では「デビルパイン」「ガマニアン」など、懐かしのモンスターがちゃんと3Dになって元気に動き回っている姿をみることができました。もともと『DQM2』は多くのモンスターが登場する作品だったので、ほかにも最近はあまり見ないモンスターがたくさん復活していそうです。

続いては対戦モード。来場者同士での通信対戦が実際に対戦プレイを2回体験することができました。あらかじめ体験用のチームが作られていて、今回新登場となる超Gサイズモンスター「オリハリルゴン」を実際に使用(今回の試遊ではモンスターのチーム構成はランダム)することができました。4枠使う超強力モンスターとなっていました。他にも「せきげりゅう」「トンブレロ」「ホイップゴースト」「くみひもこぞう」など、『DQX』で初登場のモンスターが多数確認。『DQM3D』では『DQX』発売に先駆けて先行登場したモンスターが数匹いましたが、3DS版『DQM2』は既にサービス開始後ということでたくさんのモンスターが登場することが期待できます。

また戦闘は今回新たに対戦モードにジャッジポイントが採用。これはダメージを与えたり、HPを回復したり様々な行動にたいしてポイントが溜まっていき、戦闘終了後に多い方が勝ちというもの。当然相手を任せると大きなポイントが入るので、対戦に勝つことが主な目的になることは変わりません。Wi-Fiランキングバトルなどターン数が決まっていて判定で勝敗が決められる際、大いに貢献しそうなシステムです。また対戦時に武器が持てるようになったのも新要素のひとつになっています。

3DSになってフルリメイクされた『ドラゴンクエストモンスターズ2』、キャラクターや物語こそはオリジナル版をベースにしていますが、ゲームとしては本当に新作に近い仕上がり。2014年のビックタイトルの1つとして、期待していい内容であることを実感することができました。発売日が待ち遠しいですね。

『ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵』は2014年2月6日発売予定。価格はパッケージ版・ダウンロード版が5490円(税込)、「15周年記念スペシャルフィギュア ~イルとルカのセット~」が6990円(税込)、本体同梱「スペシャルパック」が2万4390円(税込)です。

(C)SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
《》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 「Nintendo Direct mini」6月28日22時に配信決定!今回は“ソフトメーカータイトル”の情報をお届け

    「Nintendo Direct mini」6月28日22時に配信決定!今回は“ソフトメーカータイトル”の情報をお届け

  2. スイッチ版『モンハンライズ:サンブレイク』で快適にボイチャしたい!なるべく安く実現する方法を解説

    スイッチ版『モンハンライズ:サンブレイク』で快適にボイチャしたい!なるべく安く実現する方法を解説

  3. 【読者アンケート】『モンスターハンターライズ:サンブレイク』でメインにしたい武器は?

    【読者アンケート】『モンスターハンターライズ:サンブレイク』でメインにしたい武器は?

  4. 『モンハンライズ:サンブレイク』期待したい「シャガルマガラ」の登場!ゴア・マガラ参戦で高まる可能性

  5. 『モンハンライズ:サンブレイク』体験版の初見「メル・ゼナ」討伐率は、僅か14.6%!“看板モンスター”の貫禄がハンパない結果に

  6. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  7. 『モンハンライズ』“斬裂ライト”こと「王牙弩【野雷】」を使いこなす!3分討伐も夢じゃない瞬間火力には、せっかちハンターもニッコリ【UPDATE】

  8. 『モンハンライズ』太刀の操作方法・立ち回りを解説!「特殊納刀」がとにかく熱い、圧倒的な手数で敵を斬れ!【個別武器紹介】

  9. 『モンハンライズ:サンブレイク』「塔の秘境」追加に高まる期待!ヤマツカミ、レウス希少種ら登場の伏線となるか

  10. 『モンハンライズ:サンブレイク』ジャンプパンチを引っさげ「ダイミョウザザミ」復帰!より鮮やかになった体色に「旨そう」の声も

アクセスランキングをもっと見る