人生にゲームをプラスするメディア

【日々気まぐレポ】第27回 「超変換!! モンスターハンターもじバケる」リオレイアを組み立てて夫婦を揃えてみた

インサイドを御覧の皆様、こんにちわ。勇者には程遠いライターひびきによる「ほぼ」隔週連載「日々気まぐレポ」、第27回目でございます。

その他 玩具
リオレイア
  • リオレイア
  • 【日々気まぐレポ】第27回 「超変換!! モンスターハンターもじバケる」リオレイアを組み立てて夫婦を揃えてみた
  • 【日々気まぐレポ】第27回 「超変換!! モンスターハンターもじバケる」リオレイアを組み立てて夫婦を揃えてみた
  • 【日々気まぐレポ】第27回 「超変換!! モンスターハンターもじバケる」リオレイアを組み立てて夫婦を揃えてみた
  • 雌火竜
  • 【日々気まぐレポ】第27回 「超変換!! モンスターハンターもじバケる」リオレイアを組み立てて夫婦を揃えてみた
インサイドを御覧の皆様、こんにちわ。勇者には程遠いライターひびきによる「ほぼ」隔週連載「日々気まぐレポ」、第27回目でございます。

みなさん、ゼルダ装備集めてますか。あ、『MH4』のコラボクエストの話です。筆者まず見た目から入る人なので防具のクエストの方から行ったんですよ。3体のモンスターと同時に戦うのかとおもいきや順繰りに戦う仕様、これは勝つる。初戦はジンオウガ。まぁかわいいワンコは軽くいなして次はキリン。コイツが厄介です。ジリジリと回復と時間をすり減らす長期戦にもつれ込みます。キリンを辛くも退けたとて最後に立ちはだかるのがラージャン。大暴れ。こりゃダメだ。

ならばと武器のクエストの方に行ってみました。相手はアカムトルム。巷ではカモなどと呼ばれているらしくこれは楽勝かと思われました。……が。強すぎなんだけどマジ! 誰だよこいつをATMって言った奴た奴は出てこいよ!

というわけで、筆者のようにゼルダコラボ目当てでモンハンデビューした方はくれぐれもご用心ください。さて、そんな今回は再び「超変換!! モンスターハンターもじバケる」にチャレンジしていきたいかと思います。今回のモンスターは「雌火竜 リオレイア」。前回戦ったリオレウスの奥さんです。

■さすが夫婦だなんともないぜ
リオレウスと対の巨大モンスターであるところのリオレイア。もじバケるでもそれは同じで、基本構造はリオレウスから特に変更はありません。大きく変わっているのは「雄」の字と「雌」の字。しかしそれも左側だけなので、リオレウスを先に組み立てていればさほど苦労することもありませんでした。今回はシール貼りも含めて10分とかからなかったように思います。

■高い可動範囲も健在
可動範囲もリオレウスと同じく非常にプレイバリューの高いものとなっています。筆者のものはリオレウスに比べて若干間接の強度がゆるめかな?とも思ったのですがこれは個体差がありそうです。

また、最大の特徴として、尻尾の先の形状が若干リオレウスとリオレイアでは異なっているので「尻尾立ち」でのディスプレイがやや困難であったことも挙げられますね。このへんはデザイン上仕方ないのですが、やはりこの夫婦は高みから見下ろしている姿が映えますので遊ぶ際は少し、工夫をこらしてみてください。

■揃えて遊ぼう火竜夫婦
まぁ所謂カラバリなんですがきちんと作り分けてあるのがかなり好印象です。もちろん漢字が違うということで形状も異なってくるのですが、それでも共通パーツ部分でも差別化がしっかり図られているのが嬉しいポイント。モンハンファンでも、「そうかココが違ったのか」と手にとって見て初めて分かるようなポイントもあるかもしれません。

また、共通パーツということは組み換え遊びもできるということ。非公式な遊びですが同じ漢字部の部分であれば共通したパーツが使われていますので組み合わせて色違いな個体を楽しむ、なんて遊びもできそうです。

「超変換!! モンスターハンターもじバケる」は、好評発売中。価格は399円(税込)です。



■筆者紹介:ひびき
ゲームやアニメが大好きな駆け出しライター。
辛くもアカムを斃した勇者に要求されたのは
更に難易度の高いテオ玉とクシャ玉。
何とか勇者の剣を作るも、マスターソードを
作るのに必要とされたのはまたも炎だった。
次回「討伐」。
来週もアカムと地獄に付き合ってもらう。


Twitter:@hibiki_magurepo
《ひびき》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 【週刊インサイド】「PS5」抽選倍率、依然高し─『ゼルダ無双 厄災の黙示録』と『BotW』の街並み比較にも関心集まる

  2. 『トワイライトプリンセス HD』サントラ7月27日発売…CD3枚組で全108曲を収録

  3. 『ポケカ』よもやま─「プレイヤー兼イラストレーターから見える景色ってどんな感じ?」【インタビュー】

  4. 韓国のゲームショウ「G-STAR 2016」開幕

アクセスランキングをもっと見る