人生にゲームをプラスするメディア

シリーズ最新作『テイルズ オブ ゼスティリア』PS3で発売決定 ― キャラデザは4人、アニメはufotableに

バンダイナムコは、12月12日に「『テイルズ オブ』シリーズ20周年記念タイトル 制作発表会」を開催し、テイルズ オブ最新作『テイルズ オブ ゼスティリア』を発表しました。

ソニー PS3
シリーズ最新作『テイルズ オブ ゼスティリア』PS3で発売決定 ― キャラデザは4人、アニメはufotableに
  • シリーズ最新作『テイルズ オブ ゼスティリア』PS3で発売決定 ― キャラデザは4人、アニメはufotableに
  • キャラクターデザイナー
  • スレイ(CV: 木村良平)
  • アリーシャ(CV:茅野愛衣)
  • 世界観
  • ロケーション
  • フィールド
  • バトル
バンダイナムコは、12月12日に「『テイルズ オブ』シリーズ20周年記念タイトル 制作発表会」を開催し、テイルズ オブ最新作『テイルズ オブ ゼスティリア』を発表しました。

開場では、馬場プロデューサーが登壇。「ゼスティリア」とは、情熱という意味で、テーマとして物語の原点回帰を挙げました。

続いて本作のキャラクターデザインを、いのまたむつみ氏、藤島康介氏、奥村大悟氏、 岩本稔氏の4人が担当しすることが、そして主人公「スレイ(CV: 木村良平)」と、ヒロイン「アリーシャ(CV:茅野愛衣)」のビジュアルが公開。その他にもいくつかの情報が明かされました。

■フィールド
今までと違う表現のフィールドで、特に今までは平坦な作りだったのが、起伏に富んだ表現に拘ったフィールドに。

■バトル
リニアモーションバトルシステムもさらに進化。アンケートで、「ファンから非常に評判の良かった要素」を元に、簡単・スピーディー・爽快な何度やっても楽しいシステムに。

■ドラゴン
災害をもたらすものなのか、仲間になる存在なのかはネタバレになるので、詳細は明かされませんでしたが、ロゴになるくらい重要な存在とのこと。

■アニメーション
前作同様にufotableが担当。

■『テイルズ オブ』シリーズ 統括プロデューサー 吉積 信のコメント
『テイルズ オブ』シリーズが2015 年に20 周年を迎えます。いつも応援してくださっている皆様に心から御礼申し上げます。20 年前に「テイルズ オブ ファンタジア」を発売した時にはまさかこうしてシリーズ20 周年記念タイトルを制作できる日が来ようとは思ってもみませんでした。 振り返ってみますと、その都度“遊んでくださるお客様が心から喜んでいただけるものは何か”を一生懸命考えながらこれまで生み出すことを続けてきたに過ぎませんが、このように続けてこられたのは長い間支持していただいた多くのお客様、そして支えていただいた関係者の皆様のおかげです。

ここ数年では、国内のみならず海外からもシリーズへの期待の声をいただけており、大変な喜びを感じるとともに、さらなる可能性もひしひしと感じております。 そうしたことから、20 周年記念タイトル「テイルズ オブ ゼスティリア」は全世界に向けて展開することを発表させていただきました。 本作は“原点回帰”を合言葉に、『テイルズ オブ』で何を皆様に伝えていきたいのかを改めて見つめ直し制作を進めております。 “これこそが『テイルズ オブ』だ!”と胸を張って言える作品にしてお届けしてまいりますので、どうぞご期待ください!


『テイルズ オブ ゼスティリア』は、PS3で発売予定です。なお、発売日は明かされませんでした。
《栗本 浩大》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『Ghost of Tsushima』冥人奇譚で“境井仁の凄さ”を痛感した話―最強の冥人は間違いなくこの男

    『Ghost of Tsushima』冥人奇譚で“境井仁の凄さ”を痛感した話―最強の冥人は間違いなくこの男

  2. PS5とDualSenseを徹底チェック!サイズは?接続端子は?色々と調べてみました

    PS5とDualSenseを徹底チェック!サイズは?接続端子は?色々と調べてみました

  3. 『Ghost of Tsushima』腰を抜かして逃げ出すのも仕方ない? 蒙古兵目線で境井仁の恐ろしさを考えてみる【ネタバレあり】

    『Ghost of Tsushima』腰を抜かして逃げ出すのも仕方ない? 蒙古兵目線で境井仁の恐ろしさを考えてみる【ネタバレあり】

  4. 『Ghost of Tsushima』新参冥人に向けた「冥人奇譚」の特徴&アドバイス14選! 勝利の鍵は“仲間との意思疎通”にあり

  5. 「『Ghost of Tsushima』協力型マルチ「冥人奇譚」で、どの役目を使う?」結果発表―モフれる「牢人」や、“脱”誉れの「刺客」が人気高し!【アンケート】

  6. 『モンハンワールド:アイスボーン』ミラボレアスを倒すために考えた7つのこと

  7. 編集部にPS5が到着!まずは外箱をじっくりチェックだ……!

  8. 『Apex Legends』期間限定モード「シャドウロワイヤル」の影はスピード感抜群!『タイタンフォール』のようなウォールランで戦場を駆け巡れ

  9. 歴代FFシリーズでもっとも「イイ!」男、オルシュファンの話をしよう─「キャラクター部門」12位に輝いた我が友は『FF14』随一の騎士に相違ない

  10. 『Apex Legends』シーズン7の新レジェンド候補「ホライゾン」にはもう会った?アビリティらしき要素も体験可能

アクセスランキングをもっと見る