人生にゲームをプラスするメディア

少女とロボットの冒険を描く『The Girl and the Robot』、Wii Uでのリリースも決定

任天堂 Wii U

少女とロボットの冒険を描く『The Girl and the Robot』のKickstarterが成功、Wii Uでのリリースも決定
  • 少女とロボットの冒険を描く『The Girl and the Robot』のKickstarterが成功、Wii Uでのリリースも決定
  • 少女とロボットの冒険を描く『The Girl and the Robot』のKickstarterが成功、Wii Uでのリリースも決定
  • 少女とロボットの冒険を描く『The Girl and the Robot』のKickstarterが成功、Wii Uでのリリースも決定
  • 少女とロボットの冒険を描く『The Girl and the Robot』のKickstarterが成功、Wii Uでのリリースも決定
  • 少女とロボットの冒険を描く『The Girl and the Robot』のKickstarterが成功、Wii Uでのリリースも決定
  • 少女とロボットの冒険を描く『The Girl and the Robot』のKickstarterが成功、Wii Uでのリリースも決定
  • 少女とロボットの冒険を描く『The Girl and the Robot』のKickstarterが成功、Wii Uでのリリースも決定
インディーデベロッパーFlying Carpets Gamesが手がける新作アクション・アドベンチャーゲーム『The Girl and the Robot』のKickstarterが終了しました。目標金額の15,000ドルを上回る38,033ドルを集め、拡張ゴールである「Wii U版のリリース」も達成しています。



『The Girl and the Robot』はおとぎ話の世界が舞台のアクション・アドベンチャーゲームで、悪の女王が治める古城(蒸気を動力としたロボット騎士に護られている)に閉じ込められた少女が主人公。プレイヤーはその少女として、そこで出逢う壊れたロボットと手を取り合いながら脱出を試みます。

ゲームはそれぞれ異なる能力を持った少女とロボットを切り替えながら進みます。少女は足が速く、高いジャンプ力を持っており、狭い場所にも入る事が可能。一方ロボットは足が遅いものの、近距離・遠距離攻撃が可能となっています。



『The Girl and the Robot』の対象プラットフォームはPC/Mac/Linux/Wii Uでリリースは2014年12月を予定。現在はDesuraHumble StoreにてPCアルファ版の販売が行われています。価格は9ドルで、将来リリースされるアップデートや最終的なバージョンを全て受け取る事ができます。

公式サイトには日本語の紹介ページも用意されているので気になる方は是非訪れてみてください。なお、Steam Greenlightに投稿されている他、PS4版のリリースも計画されているそうです。

少女とロボットの冒険を描く『The Girl and the Robot』のKickstarterが成功、Wii Uでのリリースも決定

《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

    『スプラトゥーン2』と『スプラトゥーン』の違い10選

  2. 『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

    『Nintendo Labo』ダンボールコントローラーをファンが早速再現―トノサマバッタの脚にJoy-Conが!

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. 『スプラトゥーン2』負けた時のストレスを軽減する8つの方法

  5. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  6. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  7. 『スプラトゥーン2』Ver.2.2.0の注目ブキ8選!あのブキはこれからいったいどうなる!?

  8. 【特集】『スプラトゥーン2』中級者になったら使いたいブキ8選!君は使いこなせるか!?

  9. 『スプラトゥーン2』ブキの元ネタを徹底調査その1!シューター&マニューバー&スペシャルウェポン編

  10. 『スプラトゥーン2』ガチアサリで勝つためのコツ10選!新ルールのバトル前にはこれを読め!

アクセスランキングをもっと見る