人生にゲームをプラスするメディア

【ガチレポ!】第27回 GTA最新作を2回に渡ってお届け!『グランド・セフト・オート:オンライン』編―PvPはアタリマエ、過激で自由な『GTAO』インプレッション

『グランド・セフト・オート 5』をご紹介した前回に引き続き、今回は11月7日にサービス開始されたばかりのオンラインモード『グランド・セフト・オート:オンライン』の序盤の流れとプレイインプレッションをお届けします。

ソニー PS3
キャラクター作成画面。外見は祖父母の代から遺伝によって決める
  • キャラクター作成画面。外見は祖父母の代から遺伝によって決める
  • 1日の過ごし方で初期パラメーターとファッションを設定
  • よそ者の主人公がロスサントスへ降り立つという設定ではじまる
  • 本編キャラクター達も登場。ラマーとはSNSを通じて知り合ったようだ
  • 多くの高級車を所蔵するシミオン。いつかこのくらいのガレージを持てる?
  • 買い物もチュートリアルの一部。ランクをあげれば更におしゃれを楽しめる
  • 愛車は保険に加入しておこう。無くした(壊した)際に保険車両が請求できる
  • ジョブ(ミッション)の招待や参加はスマホのリストから
Amiです。こんにちは。『グランド・セフト・オート 5』をご紹介した前回に引き続き、今回は11月7日にサービス開始されたばかりのオンラインモード『グランド・セフト・オート:オンライン』の序盤の流れとファーストインプレッションをお届けします。

『グランド・セフト・オート:オンライン』は、オフラインの本編『グランド・セフト・オート 5』に無料で付属しているオンラインモードです。『グランド・セフト・オート 5』を持っているプレイヤーであれば、PSN及びXbox Liveから配信されているアップデートをインストールするだけで手に入れることができます。


■本編キャラも登場!いざオンラインへ飛び出そう
『グランド・セフト・オート:オンライン』をプレイするには、まずキャラクターを作成する必要があります。本編『グランド・セフト・オート 5』のゲーム中に表示できるメインメニューより、オンラインモードへダイレクトにジャンプが可能です。

最初に作成できるのは2体のみ。本作のキャラクリエイトは顔のパーツを選んで作っていくタイプではなく、祖父母と両親の外見的特徴を決め、そこからどの程度特徴を遺伝させるかで外見を調整していくというユニークなものになっています。
目だけをもう少し…といった細いコダワリや、いわゆる美少女、美少年を作成するのは難しいですが、世界観に合った様々なタイプのキャラクターが作成できます。


体力、射撃など初期パラメーターと初期の服装は、ライフスタイルの設定で決まります。1日の過ごし方を睡眠時間、仕事時間、運動時間などに割り振って設定し、何時間も仕事をするビジネスマンならスッキリとしたスーツ姿になってスタミナがアップ。遊んでばかりのライフスタイルだと射撃が上手くなって服装もラフになるなど、最終的な人となりが決まるのです。
とはいえ、オンラインでもパラメーターを成長させることはもちろん可能で、服装、髪型は後で自由に変更できます。あまり深く考えずにイメージで決めてしまうのもいいかもしれません。


キャラクター作成後は、本編の主人公・フランクリンの友人であるラマーを指南役にしたチュートリアルを受けることになります。ラマーの提案に従うかたちで、カーレース、ヤクの回収(銃撃戦)、買い物やジョブ(クエスト)の受け方、略奪の仕方といった基本的な部分を確認します。

なお、この流れで手に入れた車1台をカスタマイズすることになります。何が起こるか分からないオンラインでは、愛車を予期せぬ事故から守るために保険に入れるようになっているのです。本作ではお金が全て。最初の1度のみ無料で加入できるので、最初だからと妥協せず、なるべく満足できるお気に入りの車両を「盗んで」持っていく事をオススメします。
また、この間は沢山のヘルプがポップアップされます。本編にはない機能も豊富にあるので、チュートリアル終了後に迷わないためにも見逃さないように確認しましょう。


■自由なプレイスタイルで名声・金を稼ぎまくれ!
こうして自由の身となったわけですが、ロスサントスにはオンラインでも様々なジョブ(ミッション)やアクティビティが揃っています。

ジョブで遊べるゲームモードでは、車やモーターバイクをはじめとする様々な「レース」。個人・チーム戦でキル数の多さを競う「デスマッチ」。復活不可能なチーム戦デスマッチの「ラスト・チーム・アライブ」といったルールが楽しめる対戦モードと、協力してミッションクリアを目指す協力ミッションなどがあり、進行に応じて新しいものがアンロックされる仕組み。
対戦中は連続キル・デスで発生するキル・デスストリークや観戦モードなどが揃っているほか、復讐相手として認定されれば常にマップ上に居場所が表示されたり、試合の勝ち負けを対象にした賭けが行なえるなど、ちょっとしたスパイスも効いています。デスマッチでは銃撃戦が基本となりますが、通行している車を奪って突撃しまくるといった遊び方もスリリング。

ジョブへの参加方法は簡単で、ホストをしたい時はマップ上の開始地点へ行き、チームバランスや難易度、天候、武器といった設定を決め、プレイヤーの招待方法を自動、全プレイヤー、フレンド、特定、同レベルなどから選択すればOK。招待状は自動で該当プレイヤーの(ゲーム内の)ケータイに届き、受け取った側はすぐに参加受諾・拒否(無視)ができます。ゲストとして参加したい時は、ケータイから参加したいジョブかジョブのカテゴリを選ぶだけで、どこに居てもすぐに申請できるので便利です。
現在のところ、ジョブごとの人気にかなりバラつきがあるような気もしますが、浸透するにつれて徐々に緩和されていくことでしょう。

ジョブ以外でも、オープンワールド上で突然AIの敵ギャングに襲われるイベントが発生したり、店舗を襲撃して金を奪う「略奪」などが最初から遊べるようになっています。これらは全て、他のプレイヤーと協力プレイで切り抜けることもできます。警察も少し手ごわくなっているので、うまく連携したり、邪魔し合ったりして生き延びましょう。

参加できるジョブや購入できる武器・洋服といったものは全て、プレイヤーの「ランク」に応じて増えていきます。ランクを上げるには、ジョブなどをクリアして「RP(名声ポイント)」を一定まで溜める必要があるのですが、実はオープンワールドで警察の追跡から逃れる、他プレイヤーを倒す、強盗やスタントジャンプを成功させるなどによっても溜めることが可能なのです。
つまり、レースやデスマッチといった試合形式の遊びがあまり好きでないプレイヤーでも、ある程度までなら一人黙々と遊び続けることができるのです。ソロで遊ぶモードまで用意され、個々のプレイヤーにピッタリの遊びが提供されているといってもいいのではないでしょうか。


■オンラインでさらに過激に!無法地帯のロスサントス
いわばプレイヤー1人が問題児だった本編に比べ、オンラインモードのロスサントスは問題児大量出没の影響でカオスさに磨きがかかっている印象です。PvP(プレイヤー同士が攻撃しあう事)が基本で、往来では突然の襲撃、略奪が横行しています。

私ものんびりドライブ中、徒歩移動中の他プレイヤーに衝突しかけた事がありました。完全な不注意で咄嗟に避けてやりすごしたのち普通に走っていると、突然後方から猛スピードで追ってくる車が!
見ると、運転手はあのプレイヤー。轢かれかけた事に怒ったのか、何度も何度も体当たりしてくる始末です。最初はほうっておいたものの、あまりにしつこいため次第に鬱陶しくなり、こちらも臨戦態勢に。デモリッションバトルよろしくのカーチェイスをしながらサブマシンガンで応戦していると、操作をミスしたのか相手が壁に大クラッシュ。ここぞ、とばかりに上に乗り上げて停車し、逃げ出す相手を銃で仕留めたのでした。あ~スッキリ!もちろん所持金もいただいて、相手の車は海へ沈めておきましたよ。(悪人)

とまぁ、こうした危険な香りが面白いのですが、PvPが好きではない、もしくは今日は誰にも邪魔されずにゆっくり遊びたい、という時もあるはず。そんな時は、ゲーム内通貨で100ドルを支払えばパッシブモードで遊ぶことも可能なので安心してください。
オンラインに抵抗のあるプレイヤーは、パッシブモードにした上でオープンワールド上で遊ぶことから始めてみると、比較的すんなり慣れていけるのではないでしょうか。

他、本編にあった射撃場など一部のアクティビティは、オンラインモード専用にルールが改定されているものもあります。本編を遊びつくした人でも、また新しい気持ちで挑むことができるはず。


■新鮮な魅力が詰まった、もう1つの『GTA5』
『グランド・セフト・オート5』に無料で付属することから、本編のオマケといった印象を受けるかもしれませんが、実際に遊んでみると、本編の世界観を引き継いだもう1本の新作「グランド・セフト・オート」を遊んでいるような気持ちに陥ってしまう真新しい魅力でいっぱいです。本編だけでも大ボリュームなのに、さらに同じかそれ以上の楽しみを抱えた作品が無料提供というのだから、実に贅沢な世の中になったものです。

上記で紹介したのはごくごく一部であり、紹介しきれないほどに豊富なコンテンツが用意されています。まだサービス開始直後であるため、「強盗」や「コンテンツクリエイター」といった未対応のゲームモードもあり、これからどれほどまでに拡大していくのか非常に楽しみです。
オンラインモードの搭載により、オープンワールドゲームが好きな人のみならず、シューターが好きな人、レースが好きな人、フレンドと一緒におバカに騒ぎたい人まで一層幅広く楽しめる作品になったのではないでしょうか。
いずれにせよ、お買い得なのは確実です。興味があればぜひ触ってみてもらいたい、そしておそらく触って損のない、魅力的な1本となっています。



★こんな人にプッシュ★
・オンラインで色々な遊びがしたい
・PvP、対戦が好き&燃える
・長くやりこみたい

★その他備考★
・キャラクターの声も自由に決めたかった

『グランド・セフト・オート:オンライン』を同時収録した『グランド・セフト・オート 5』はPS3/ Xbox 360を対象に現在好評発売中。価格はパッケージ版が7,770円(税込)です。

(c)2013 Rockstar Games, Inc.

■筆者プロフィール
Ami
元・ゲームグラフィッカーのボス戦好きなアマゾネス。最近オンラインゲームまみれで時間がないっす。寝る時間が惜しすぎる!
国産から海外、RPGからFPSまでなんでもござれの雑食系。とりあえず、ゲームができてればそれで幸せ。
ブログ:http://blog.livedoor.jp/xxxplus/
《Ami》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『レッド・デッド・リデンプション2』を善人プレイで遊んでみた! 人助けに挑むアウトローは、哀れな子羊を救えるのか?【プレイ日記】

    『レッド・デッド・リデンプション2』を善人プレイで遊んでみた! 人助けに挑むアウトローは、哀れな子羊を救えるのか?【プレイ日記】

  2. 人気シリーズ新作『バトルフィールドV』発売開始!シリーズ10年ぶりのWW2回帰

    人気シリーズ新作『バトルフィールドV』発売開始!シリーズ10年ぶりのWW2回帰

  3. 『レッド・デッド・リデンプション2』で善人は生き残れるのか!? 無法者が歩む無謀なチャレンジの第一歩【プレイ日記】

    『レッド・デッド・リデンプション2』で善人は生き残れるのか!? 無法者が歩む無謀なチャレンジの第一歩【プレイ日記】

  4. 開発作業は既に完了!『キングダム ハーツIII』最新トレイラーの英語ボイス版が公開

  5. 【吉田輝和の絵日記】暗殺ステルスACT『ヒットマン2』毒殺・撲殺・偽装事故死なんでもアリ!覗きもあるよ!

  6. PS4/スイッチで最新作『スーパーロボット大戦T』発売決定!「楽園追放」「カウボーイビバップ」「レイアース」「わが青春のアルカディア」が新規参戦【UPDATE】

  7. PS4版『PUBG』12月7日より国内発売決定!2019年1月にはパッケージ版もリリース

  8. 『DEAD OR ALIVE 6』新キャラクター「NiCO」初公開&「こころ」「ラ・マリポーサ」の参戦が決定!

  9. およそ20年ぶりに最新ハードで蘇る『シェンムー I&II』―“伝説のゲーム”と呼ばれる所以とは

  10. 『ジャストコーズ4』作中のアクションにちぃたん☆が体を張って挑む特別動画を公開!

アクセスランキングをもっと見る