人生にゲームをプラスするメディア

ロックスター・ゲームスが解説する『グランド・セフト・オート:オンライン』レクチャー情報

ついに11月7日より、日本国内でのサービス開始が発表された『グランド・セフト・オート:オンライン(Grand Theft Auto Online)』ですが、本作をスムーズに楽しむためのレクチャー情報が、ロックスター・ゲームスより公開されました。

ソニー PS3

『グランド・セフト・オート:オンライン』でたくさんのアクティビティーを楽しもう。
  • 『グランド・セフト・オート:オンライン』でたくさんのアクティビティーを楽しもう。
  • 『GTA:オンライン』で新たな出会いと金儲けを楽しもう。
  • ロックスター・ゲームスが解説する『グランド・セフト・オート:オンライン』レクチャー情報
  • 様々なコンテンツが追加予定な『GTA:オンライン』。すべてはあなた次第だ。
  • ロックスター・ゲームスが解説する『グランド・セフト・オート:オンライン』レクチャー情報
  • ロックスター・ゲームスSocial Club
  • 『グランド・セフト・オート:オンライン』ロゴ
ついに11月7日より、日本国内でのサービス開始が発表された『グランド・セフト・オート:オンライン(Grand Theft Auto Online)』ですが、本作をスムーズに楽しむためのレクチャー情報が、ロックスター・ゲームスより公開されました。

ロックスター・ゲームス「いよいよ“究極のオープンワールド”を友人と、そして見知らぬプレイヤーとマルチプレイで楽しむ日がやって来るのだ。『GTAO』は『GTAV』を購入したプレイヤーなら誰でも無料で楽しむことが出来る。ストーリーモードとは異なるもう一つの“ロスサントス”を心ゆくまで楽しんで欲しい。」

■『グランド・セフト・オート:オンライン』へのアクセス方法
オンラインコンテンツ『GTA:オンライン』は『GTAV』を購入者なら誰でも無料でアクセスすることができる。手順は11月7日にPlayStation NetworkとXbox Liveより配信される『GTAV』のタイトルアップデート配信をインストールする事(※タイトルアップデートの詳細な配信時刻は未定です)。それで『GTAV』のゲームメニューから、ダイレクトに『GTA:オンライン』をスタートできるようになる。ゲームプレイ中に『GTAV』のスイッチメニューから4番目(下部)のスロットを選択することで『GTA:オンライン』へ直接移動する事も出来る。

■まずはキャラクターを作成しよう
●『GTAO』では遺伝子に基づくキャラクター作成システムを採用している。豊富な選択肢からオンライン上のロスサントスとブレイン郡に住むアバターを作ることができる。性別を選択し、母親と父親を選び、そして、どちらかの親を優性遺伝させるか?それとも均等に遺伝させるかを選択ができる。

●次にライフスタイルを設定する。これによってキャラクターの見た目とスタート時のステータスが決まる。睡眠時間やパーティーで騒いでいる頻度、誠実な仕事と違法行為の割合などを決めよう。

●基本的には遺伝子を調整すれば、清潔感のある青年や少女も、白髪交じりのやつれただらしない人間も、その中間も作成することができる!プレイヤーが満足のいくキャラクターをロスサントスに送り込めるよう、いつでも最終的な仕上がりを確認することができる。もちろんオープンワールドに飛び出した後は、散髪、服、アクセサリーでさらにキャラクターを自分好みにカスタマイズする事ができる。

■『GTA:オンライン』の時間軸は?
『グランド・セフト・オートV』のストーリーモードをプレイしたプレイヤーなら気になる『GTA:オンライン』のストーリーと『GTAV』本編の関係だが、『GTAO』は「3ヶ月前の同じ世界」と設定されている。ラマーやシミオンなど、『GTAV』本編のキャラクターも登場する。

■家やガレージのセキュリティー
●オープンワールド内では十分すぎるほどの大事件や裏切りも行えるが、ささやかな「面倒」を防ぐために、“招待状”が用意されている。このパーティではガレージの愛車を破壊されたり、失う可能性なく、プレイヤー同士がお互いの家を訪ねることができるのだ。

●招待状を使って誰かが家に招いてくれたら、友好的に訪問しなければならない。銃を乱射したり、車を盗むことはできないのだ。また、ロビー内で同じ物件の部屋を所有している他のプレイヤーに遭遇した場合、お互いがいつでもその物件の自分の部屋に入ることができる。招待状を交わし、承認すれば、その物件にあるお互いの部屋にも行くことができる。

■常に増大するジョブの数々
●『GTA:オンライン』は何週間、何ヶ月、さらにその後も様々な方法で構築、成長、展開され、長期間楽しめる『GTA』だ。プレイヤーの“ジョブ”も長期のプレイを考慮して数多く取り揃え、更に定期的に新たなジョブが追加される。

●近日リリース予定の「コンテンツクリエイター」ではカスタムレースやデスマッチジョブなどのコンテンツ自らの手でゲーム世界に追加できる。『GTA:オンライン』はロックスター・ゲームスとプレイヤーによるコラボ作品でもあるのだ。そして、このような機能以外にもロックスター・ゲームスは『GTAO』を盛り上げるため、最大限の努力を行っている。例えばSocial Clubの「クルーの階層機能」はファンのリクエストによって実装された機能だ。

●我々は『GTA:オンライン』コミュニティーのフィードバック、意見、アイデアは、ゲームを成長、進化させていく方向を決めるために参考にしており、GTAOnline@rockstargames.comや今後開始予定のSocial Clubフォーラムの「GTA:オンライン投書箱」に寄せられたEメールにはじっくりと目を通している。是非日本のプレイヤーもアクティブに参加して欲しい。

■GTAマネーとフェアプレー
●『GTAO』ではマネーの購入によってプレイに混乱が生じないようデザインされているので、安心して楽しむことが出来る。どのプレイヤーも高度なアイテムの購入には、資金だけでなく名声ポイント(RP)が必要だ。『GTAO』を始めると同時に大金を払って他の人と差をつけることはできない。服や銃などのアイテムへのアクセスを解除するには、プレイしてランクを上げていくしかないのだ。

●より良いアイテムの入手に必要な「GTAマネー」は、強盗やレース、その他の儲かるアクティビティーを通して楽しみながら稼げるため、決して単調な“作業”に陥らない。ゲームがよりフェアに楽しめるよう、ロックスター・ゲームスは常に様々な箇所を調整し、バランスに問題が生じた際には速やかな対処を行う予定だ。しかし、調整を行うにはプレイヤーの“声”が不可欠だ。不満点や改善点を見つけたら、ぜひ我々に教えて欲しい。

最後に、ロックスター・ゲームスの公式SNSコミュニティーサイト「ロックスター・ゲームスSocial Club」を紹介だ。登録はもちろん無料。Social Clubに入会すると今までプレイしたロックスター・ゲームスのゲームのステータスが表示され、自分のプレイデータを残すことができる。『GTAV』では強力な武器を始めとするメンバー限定のアイテムや、メンバー限定のイベントが用意されている。Social Club内では情報交換もでき、仲間を集めてクルーを結成すれば、『GTAO』のマルチプレイ対戦をさらに楽しむ事もできる。『GTAV』と『GTAO』を遊び尽くすには欠かせないサービスだ。『GTAO』を始める前に登録を済ませておこう。

登録URL:https://ja.socialclub.rockstargames.com/signup

(C) 2013 Rockstar Games, Inc.
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 待望の続編『シェンムー3』発売日決定!2019年8月27日リリース予定【gamescom 2018】

    待望の続編『シェンムー3』発売日決定!2019年8月27日リリース予定【gamescom 2018】

  2. 『JUMP FORCE』最新PV公開─サボ、黒ひげ、ベジータ、ヒソカに加えて”ゴンさん”の姿も!

    『JUMP FORCE』最新PV公開─サボ、黒ひげ、ベジータ、ヒソカに加えて”ゴンさん”の姿も!

  3. 『デビルメイクライ5』15分に及ぶプレイ動画が海外メディアより公開【gamescom 2018】

    『デビルメイクライ5』15分に及ぶプレイ動画が海外メディアより公開【gamescom 2018】

  4. ホリより『エースコンバット7』対応フライトスティックが発表!PCもサポートしゲーム本体と同日発売

  5. PSVRを最大限に楽しめる『エキサイティングパック』が9月13日発売!DUALSHOCK 4には迷彩柄の新色も登場

  6. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  7. PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

  8. 空の革新を果たす『エースコンバット 7』待望の発売日決定!PS4/XB1は1月、PCは2月に

  9. 『絶体絶命都市4Plus』は待ってくれていた人へのお礼とお詫び――九条一馬氏のスペシャルトークショー開催

  10. 「週刊少年ジャンプ」創刊50周年記念作品『JUMP FORCE(ジャンプ フォース)』の世界同時発売が決定!

アクセスランキングをもっと見る