人生にゲームをプラスするメディア

【ブラジルゲームショウ 2013】両雄激突!写真でみる両次世代機の人気ぶり

ソニー PS4

PS4に集まる来場者
  • PS4に集まる来場者
  • PS4に集まる来場者
  • 『KILLZONE SHADOW FALL』が大人気
  • SCEブース
  • 歩くのもようやっと
  • 『Driveclub』試遊スペースの様子
  • 動画撮影している男性
  • 残念ながらPS4本体と接続しているところは確認出来なかった
その発表以来、各国のゲームイベントでも話題の中心となっている次世代機。ブラジルでも人気ぶりを写真を交えお伝えします。

ゲームショウの会場であるエキスポセンターノルテでは、まるでお互い向かい合うようなかたちでブースを展開しているSCEとマイクロソフト。SCEブースではPlayStation 3、PS Vitaはもちろん、20台以上のPS4の試遊台が設けられ、大混雑となっていました。特に人気だったのが、『KILLZONE SHADOW FALL』。会場整理が日本に比べて非常に雑で、各待機列がごちゃごちゃに絡み合っており、正確な人数は把握出来ませんでしたが、100名近くは列を成していました。PS4の試遊展示タイトルは下記の通り。

・ KILLZONE SHADOW FALL
・ Driveclub
・ アサシン クリード4 ブラック フラッグ
・ KNACK
・ Blacklight Retribution
・ Contrast
・ Octodad: Dadliest Catch
・Hohokum


一方のマイクロソフトも同じくXbox360タイトルを展示しつつも、20台程度のXbox Oneを試遊展示していました。SCEブースと同じくこちらもXbox Oneの試遊に人が集まっており、最長で100名程度の列となっていました。Xbox Oneの試遊タイトルは『Ryse:Son of Roma』、『Kinect Sports Rivals』、『Killer Instinct』の3タイトル。特に前2つのタイトルに行列ができていました。

いずれのブースを見ても、やはり参加者の注目は次世代機に集中していた印象です。いくつかの写真をみて頂ければわかると思いますが、次世代機の試遊台周辺は恐ろしいほどの人口密度(東京ゲームショウのそれ以上)で、数時間の待機をもろともせずに楽しそうに試遊を待っている姿が印象的でした。

本イベントの主催者であるMarcelo Tavares氏によれば、ブラジルではPSとXboxの人気はほぼ同じということでしたが、まさにそれを裏付ける両ブースの人気ぶり垣間見ることができました。
《宮崎紘輔》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』全世界出荷数1,000万本突破!シリーズ累計販売本数は5,000万本を記録

    『モンハン:ワールド』全世界出荷数1,000万本突破!シリーズ累計販売本数は5,000万本を記録

  2. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  3. PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

    PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

  4. 新生『ゴッド・オブ・ウォー』の「New Game+」が8月中に海外配信! 無料アップデートで追加

  5. 『シェンムー3』gamescom 2018にて新発表を予定! 映像も準備中

  6. PS4本体購入で『フォートナイト』限定スキンとV-Bucksがもらえるキャンペーンが8月23日より実施

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

  9. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  10. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

アクセスランキングをもっと見る