人生にゲームをプラスするメディア

【UBIDAY2013】FFX+グランディアII+宮崎アニメ? 新作RPG『Child of Light』ステージレポ

その他 フォトレポート

【UBIDAY2013】FFX+グランディアII+宮崎アニメ? 新作RPG『Child of Light』ステージレポ
  • 【UBIDAY2013】FFX+グランディアII+宮崎アニメ? 新作RPG『Child of Light』ステージレポ
  • 【UBIDAY2013】FFX+グランディアII+宮崎アニメ? 新作RPG『Child of Light』ステージレポ
  • 【UBIDAY2013】FFX+グランディアII+宮崎アニメ? 新作RPG『Child of Light』ステージレポ


本日、日本でも公式発表があったユービーアイソフトの『チャイルド オブ ライト(Child of Light)』。UBIDAY2013ではクリエイティブ・ディレクターのパトリック・プルーデ氏と、ローカライズ・ディレクターの岩本けい氏によるステージが行われました。

同社で『Far Cry 3』を担当していたブルーデ氏が、Ubisoft Montrealの精鋭スタッフを集めて立ち上げたのが、Ubisoftでは珍しいRPGジャンルの本作。これまでもJPRGへの傾倒が伝えられてきましたが、ステージでは具体的なタイトルがたくさん飛び出し、それを再確認できました。

アートスタイルの部分では、おとぎ話、水彩画、音楽をキーワードとして語られました。かつてのJRPGのようなファンタジー、コンセプトアートをそのまま形にすることを可能にする「Ubi Art Framework」をゲームエンジンとして、宮崎駿作品のような世界をゲームで実現することへの期待が語られます。音楽については『FFX』の名前を挙げ、ピアノベースで進行しながら戦闘ではオーケストラになる展開に影響を受けたとのこと。

ゲームプレイの部分では、アクティブタイムベースのバトルを採用。『グランディアII』の影響を受けたしています。さらには『スーパーマリオギャラクシー』のように、アシンメトリな関係の中での協力プレイを目指しています。横視点の画面は『ヴァルキリープロファイル』などを彷彿させますが。「飛ぶ」というアクションを入れることで、さらに2Dプラットフォーマーのようなビジュアルを持つことになりました。

前述の『グランディアII』の他、『FFタクティクス』『ファイアーエムブレム 覚醒』などをフェイバリット作品として挙げたブルーデ氏。『二ノ国』『ドラクエ』『ディスガイア』も名前が挙がりました。最近のJRPGについてどう思うか聞いたところ、昔に比べてハードコアファン向けになり、アクセシビリティが落ちてるのでは、との意見。JPRGと海外RPGの違いについては、最も大きなものとしてストラクチャー(構造)を挙げ、JRPGはストーリー、キャラクター重視だとしています。

ゲームプレイについての具体的な部分は、近日中に公開される新トレイラーなどで明らかにしていくとのこと。「PlayStation 4/Xbox One/PlayStation 3/Xbox 360/Wii U/Windows PC」と幅広くダウンロード専売で展開するチャイルド オブ ライト。現時点で2014年リリースとなっていますが、なるべく早い時期に出したいとしています。

《Kako》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

    『モンハン:ワールド』「狩王決定戦2018 東京大会」フォトレポ―ハイレベル過ぎる技の数々に会場大興奮!

  2. 日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

    日本のゲーマーは“カジュアル”と“ヘビー”に2極化─プレイ時間やジャンルの傾向などをグローバルに調査

  3. 【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

    【週刊インサイド】『モンハン:ワールド』無料大型アプデ第2弾に読者の関心が集中! 新古龍「マム・タロト」や重ね着装備など気になる要素が多々

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. 『ニーア オートマタ』のアダムとイヴがLINEスタンプに!「いい子だ」「ニイチャーン!」など全40種類

  6. 「モンスターハンター:ワールド×ALOOKコラボメガネ」ラインナップ判明! ネルギガンテなど全6モデル

  7. 『World of Warships』と『アズールレーン』がコラボ決定!ウォーゲーミングジャパンによるトークイベントで明らかに

  8. 『荒野行動』運営元、裁判で争っていく姿勢を明確に表明―著作権侵害も「一切無い」と完全否定

  9. 『ニーア オートマタ』ヨコオ氏と斎藤氏がTwitterで続編に意欲?

アクセスランキングをもっと見る

1