人生にゲームをプラスするメディア

【UBIDAY2013】今後の国内市場の展望が語られたUBIDAYラウンドテーブルレポート

東京はベルサール秋葉原にて開催されたユービーアイソフトの単独イベントUBIDAY 2013。会場に設置された特設ステージでは、、今後の国内市場の展望を語るトークセッションが開かれました。

その他 フォトレポート
【UBIDAY2013】来年以降のマーケティング展望も明かされたUBIDAYラウンドテーブルレポート
  • 【UBIDAY2013】来年以降のマーケティング展望も明かされたUBIDAYラウンドテーブルレポート
  • 【UBIDAY2013】来年以降のマーケティング展望も明かされたUBIDAYラウンドテーブルレポート
  • 【UBIDAY2013】来年以降のマーケティング展望も明かされたUBIDAYラウンドテーブルレポート
  • 【UBIDAY2013】来年以降のマーケティング展望も明かされたUBIDAYラウンドテーブルレポート
  • 【UBIDAY2013】来年以降のマーケティング展望も明かされたUBIDAYラウンドテーブルレポート
  • 【UBIDAY2013】来年以降のマーケティング展望も明かされたUBIDAYラウンドテーブルレポート


10月20日、東京はベルサール秋葉原にて開催されたユービーアイソフトの単独イベントUBIDAY 2013。会場に設置された特設ステージでは、代表取締役のスティーブ・ミラー氏、マーケティングマネージャーの辻良尚氏、PRの福井蘭子氏が、今後の国内市場の展望を語るトークセッションが開かれました。

3人は缶ビールとおつまみを片手に登場し、和やかなムードでトークセッションはスタート。まずはイベント当日に発売延期が発表された『Watch Dogs』の話題に。実は今回のイベントでもギリギリまで日本語版の試遊台を用意していたそうで、声優や日本のユーザーにも親しみのある翻訳監修も発表される予定だったのだとか。延期理由については概ね発表されている通り更なる調整が目的となり、幹部による最終的なクオリティチェックの段階で発売の許可が降りなかったそうです。



PS3ではシリーズ初登場となる『スプリンターセル ブラックリスト』、待望の邦楽曲が収録された『ロックスミス2014』、『アサシンクリード4 ブラックフラッグ』といった、新作タイトルについてプレゼン。加えて来年以降は日本向けの配信タイトルを充実させていく展望も明かされ、まずは、日本のRPGから強い影響を受けているという『Child of Light』や『バリアントハート』といった国内ユーザーも受け入れ易いタイトルを中心に強化が図られるとの事。



今年のE3でも一際注目を集めていた『Tom Clancy's The Division』のウォークスルー映像が上映。日本発売は未定となる本作ですが、国内リリースを実現させたいとのコメントも。『The Division』や『ゴーストリコン』、『スプリンターセル』といった多くのユービーアイソフトタイトルの監修を努め、今月1日に逝去した小説家のトムクランシー氏についても言及。どの様に引き継ぐかは未定なものの、『007』シリーズを例に挙げ、上記のタイトルを始めとする『トムクランシー』ブランドは今後も継続していき、同氏の世界観を踏襲した作品を続けていくとの事。



尚、気になる『レインボーシックス』シリーズについては、残念ながら3人にも続報が伝えられていないそうです。 その他、海外と国内における限定版の差異についてもコメント。海外版『スプリンターセル ブラックリスト』では豪華なラジコンが付属していましたが、当初は今回のイベントでも単品販売する予定もあったものの、日本の環境を考えた場合、事故のリスクが非常に高い為、断念したという経緯も説明。また、限定版を発売する際にはリリースのラグや特典のローカライズといった問題があり、可能なものならばリリースをしていきたいとの旨を伝えていました。

当日は大雨にも関わらず大盛況を記録したUBIDAY 2013。来年以降の開催についても「やりましょう!」と力強い意気込みを見えていたので、今後の国内イベントにも注目しておきましょう。

【UBIDAY2013】来年以降のマーケティング展望も明かされたUBIDAYラウンドテーブルレポート

《FURUKAWA》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 聖杯戦争の“その後”を描く星空めてお氏最新作「Fate/Requiem」発表!「私は死神――サーヴァントを殺す仕事をしている」

    聖杯戦争の“その後”を描く星空めてお氏最新作「Fate/Requiem」発表!「私は死神――サーヴァントを殺す仕事をしている」

  2. 『FGO』第三再臨の姿を忠実に再現!勇壮さと華やかさを兼ね備えた「セイバー/宮本武蔵」2019年11月より発売

    『FGO』第三再臨の姿を忠実に再現!勇壮さと華やかさを兼ね備えた「セイバー/宮本武蔵」2019年11月より発売

  3. スカパー!調べによる「平成の感動ランキング」が公開!ハマったゲーム男性1位は『ドラクエ』、女性1位は『ディズニー ツムツム』に

    スカパー!調べによる「平成の感動ランキング」が公開!ハマったゲーム男性1位は『ドラクエ』、女性1位は『ディズニー ツムツム』に

  4. 舞台『FGO』全キャラビジュアル公開!マーリンやギルの再現度は?

  5. 「ハイスコアガール」TVシリーズ後の物語!ROUND13~15詳細明らかに 新キャスト発表

  6. 【特集】『良作フリーゲーム』10選―無料でこんなに遊べるのか!

  7. ニッポンのゲームは「日本」を再発見して復活した【オールゲームニッポン最終回】

  8. 「CygamesFes2018」はコスプレが熱い!『グラブル』公式レイヤーから『ドラガリ』中国人気レイヤーまで【写真132枚】

アクセスランキングをもっと見る