人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】ブシロード新作TCG「ファイブクロス」のアプリが初展示・・・取締役に訊く本作の魅力

東京ゲームショウ2013に出展中のブシロードは新作TCG「ファイブクロス」のアプリ版を初展示中です。気になるアプリの内容はもちろん、本作を担当する同社取締役の広瀬和彦氏に色々とお話を伺うことができたので、あわせてお届けします。

その他 カードゲーム
ブシロード取締役 事業開発部 部長 広瀬和彦氏
  • ブシロード取締役 事業開発部 部長 広瀬和彦氏
  • RPカード:カードマスター  鵜野うずめ
  • PRカード:ルームメイトはブロンド貴公子 シャルロット・デュノア
  • 【東京ゲームショウ2013】ブシロード新作TCG「ファイブクロス」のアプリが初展示・・・取締役に訊く本作の魅力
  • 【東京ゲームショウ2013】ブシロード新作TCG「ファイブクロス」のアプリが初展示・・・取締役に訊く本作の魅力
  • 【東京ゲームショウ2013】ブシロード新作TCG「ファイブクロス」のアプリが初展示・・・取締役に訊く本作の魅力
  • 【東京ゲームショウ2013】ブシロード新作TCG「ファイブクロス」のアプリが初展示・・・取締役に訊く本作の魅力
  • オリジナルのイラストが見られる特殊な演出も
東京ゲームショウ2013に出展中のブシロードは新作TCG「ファイブクロス」のアプリ版を初展示中です。気になるアプリの内容はもちろん、本作を担当する同社取締役の広瀬和彦氏に色々とお話を伺うことができたので、あわせてお届けします。

TCGといえば、多くの人は紙のカードを集め、トレーディング(=交換)したり、対戦したりすることで楽しむゲームを想像することと思います。ところが、先日のおもちゃショーで発表されたブシロードの新作TCG「ファイブクロス」は集めるまでは紙で、対戦はスマートフォンのアプリケーションを通じて行う(従来通り集めたカードでの対戦も可能)という、これまでの枠にはとどまらないTCGとなっています。

通常のカード対戦型ソーシャルゲームとの違いはアプリ内で課金をする必要なく、実際に手元にカードを集められるということです。またPvPに特化している点も1つ特徴と言えるでしょう。あくまでリアルのカードを購入、トレーディングし、スマホアプリで対戦するという仕組みになっています。これまで、PCでは同社の「キングオブプロレスリング」などでも、リアルでもトレーディングでき、対戦はネットで行うというTCGもありましたが、スマホアプリを前面に押し出した作品は本作が初の試みとなります。

東京ゲームショウ2013が初展示となる「ファイブクロス」のアプリですが、近日中にはβ版が配信されるということで、すでに対戦まで遊べるものに仕上がっていました。アプリでは、デッキの構築・対戦はもちろん、実物のカードをデータとして読み込むためのQRコードスキャナーも内蔵されています。

対戦は互いのプレイヤーが9×9マスのフィールドにカードを配置し、全て自動で進行していきます。デッキ構築はカードバトル型のソーシャルゲームでも採用されている自動構築で簡単に行えるのはもちろん、TCGで慣れているユーザーは各カードの特色にあわせて配置をじっくり決めることも可能です。また、本作のために制作された版権絵が表示されるなど、リアルの対戦では味わえない特殊な演出もみることができました。

9月19日のステージでは新たに「ソードアート・オンライン」「プリティーリズム・レインボーライブ」「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」の3作品が参戦することが発表され、既に告知されている「インフィニット・ストラトス」「ファンタジスタドール」の2作品を加え、計5タイトルの参戦が明らかになっています。ステージ終了後には、本作の開発を担当するブシロード取締役で事業開発部長の広瀬和彦氏にお話を伺う事ができました。

まず、本作のターゲットについて広瀬氏は「これまでTCGに親しんできたユーザーはもちろんですが、新規のユーザーさんにたくさん遊んでもらいたい」と語りました。特に、アニメ作品のキャラクターが登場することもあり、原作のアニメファンが大きなターゲットになっているとのこと。また、それと同じく、スマホでゲームをするようなゲーマー層にも訴求していきたいと話しています。

「現在のカードバトル型のゲームはあくまでデータだけのもので、そこに課金することに躊躇するユーザーも多くいると考えいています。ところが「ファイブクロス」では、実際にカードを収集することもできるし、対戦していく楽しみも味わえます。」とこれまでのTCGでは取り込めなかったアニメ、ゲームファンにも本作をアピールしたいということです。

また、ゲームの仕様については、「単純だが奥深いです。TCGを初めてやる方には簡単に遊べるように設計していますし、より上を目指したいユーザーも頭を使いながらデッキ構築の楽しさを感じることができると思います。」と話していました。

スマホならではの表現として、オリジナルの版権絵で特殊な演出が図られる点についてもお話を伺いましたが、こちらはビジネス的な裏話も聞くことができました。ここ最近は、アニメ作品がソーシャルゲーム化前提で制作されることも多く、デジタルのみのカードゲームでアニメ作品のライセンスを受けるのは、競争も激しくかなり難易度が高いとのこと。ところが、「ファイブクロス」はリアルなTCGのためにライセンスを受けているということで、かなり自由度高く、既にソーシャルゲーム化している作品でも取り込んでいけるということでした。

最後に、「新たな作品、新たな取り組みということでユーザーさんの間でどのように広がっていくか非常に楽しみです。」と本作にかける期待を語ってくれた広瀬氏。アプリのβ版は近日中に配信予定で、正式サービス開始は及び第1弾ブースターパックの発売は11月8日となっています。

なお、9月21日・22日には「ファンタジスタドール」「インフィニット・ストラトス」のPRカードが配布予定。興味のある方はぜひブシロードブースまで足を運んでみて下さい。

■PRカード配布スケジュール
【9 月 21 日(土)】
・ 11:40 ※1
・ 16:15~16:30 ※2
【9 月 22 日(日)】
・ 12:00 ※1
・ 14:15~14:30 ※2
※1 ステージイベント観覧者限定
※2 予定枚数に達し次第配布終了
《宮崎 紘輔》

タンクトップおじさん 宮崎 紘輔

Game*Spark、インサイドを運営するイードのゲームメディア及びアニメメディアの事業責任者でもあるただのニンゲン。 日本の新卒一括採用システムに反旗を翻すべく、一日18時間くらいゲームをしてアニメを見るというささやかな抵抗を6年続けていたが、親には勘当されそうになるし、バイト先の社長は逮捕されるしでインサイド編集部に無気力バイトとして転がり込む。 偶然も重なって2017年にゲームメディアの統括となり、ポジションが空位になっていたGame*Sparkの編集長的ポジションに就くも、ちょっとしたハプニングもあって2022年7月をもって編集長の席を譲る。 夢はイードのゲームメディア群を日本のゲーム業界で一目置かれる存在にすること、ゲームやアニメを自分達で出すこと(ウィザードリィでちょっと実現)、日本武道館でライブすること、グラストンベリーのヘッドライナーになること……など。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『ギルティギア ストライヴ』TVアニメ版のあらすじやゲーム未登場キャラ情報などが公開!2025年放送へ

    『ギルティギア ストライヴ』TVアニメ版のあらすじやゲーム未登場キャラ情報などが公開!2025年放送へ

  2. 「CAPCOM VS. 手塚治虫キャラクターズ」特別企画展が7月20日より開催!“リュウ VS ブラック・ジャック”などコラボイラストのグッズも販売

    「CAPCOM VS. 手塚治虫キャラクターズ」特別企画展が7月20日より開催!“リュウ VS ブラック・ジャック”などコラボイラストのグッズも販売

  3. ポカリの新CMがゲーム感にあふれてる!フレッシュな少女の汗が光る、”全力疾走対応型ARシステム”に引き込まれる2分間

  4. 【特集】ゲームを遊びながら食べるのにピッタリなお菓子11選、最強の“ゲームおやつ”は…!

アクセスランキングをもっと見る