人生にゲームをプラスするメディア

【東京ゲームショウ2013】大人気コミック「ハイスコアガール」と濃厚タイアップ!ひかりTVブースの様子をお届け

90年代のアーケードゲームシーンをモチーフにした大人気コミックス「ハイスコアガール」との全面タイアップによりひときわ目立つオーラを放っているひかりTVのブースを紹介します。

その他 全般
【東京ゲームショウ2013】大人気コミック「ハイスコアガール」と濃厚タイアップ!ひかりTVブースの様子をお届け
  • 【東京ゲームショウ2013】大人気コミック「ハイスコアガール」と濃厚タイアップ!ひかりTVブースの様子をお届け
  • 【東京ゲームショウ2013】大人気コミック「ハイスコアガール」と濃厚タイアップ!ひかりTVブースの様子をお届け
  • 【東京ゲームショウ2013】大人気コミック「ハイスコアガール」と濃厚タイアップ!ひかりTVブースの様子をお届け
  • 【東京ゲームショウ2013】大人気コミック「ハイスコアガール」と濃厚タイアップ!ひかりTVブースの様子をお届け
  • 【東京ゲームショウ2013】大人気コミック「ハイスコアガール」と濃厚タイアップ!ひかりTVブースの様子をお届け
  • 【東京ゲームショウ2013】大人気コミック「ハイスコアガール」と濃厚タイアップ!ひかりTVブースの様子をお届け
90年代のアーケードゲームシーンをモチーフにした大人気コミックス「ハイスコアガール」との全面タイアップによりひときわ目立つオーラを放っているひかりTVのブースを紹介します。

ひかりTVはフレッツ光回線による映像配信サービスで、80チャンネル以上のテレビサービス、約30000本のビデオサービス、30000曲以上のカラオケサービスを利用することが出来るとのこと。

またこのサービスはPCでもスマートフォンでも利用でき、フレッツ光回線を利用するため、専用のTVチューナーをテレビに接続すれば利用、アンテナや工事が必要ないことも魅力です。

今回このブースで紹介されているのはひかりTV利用者向けの「ひかりTVゲーム」という新サービスです。ひかりTVゲームは、様々なジャンルのゲームを、ゲーム機やゲームソフトを持つことなく、いつでもどこでもゲームを楽しめる国内で初となるテレビ向けクラウドゲームサービスとなります。

会場では本サービス対応のTVチューナーが設置されており、専用のゲームパットをチューナーに接続してプレイできるようになっています。現在30タイトルがリリースされており今後順次増加していくとのことです。また、AndroidやiOS対応のスマートフォンとの連携機能の実装を予定。対応アプリを利用してスマートフォンをコントローラーとして利用したり、スマートフォンから接続したりしてひかりTVゲーム対応のゲームタイトルをプレイすることも可能だそうです。

クラウドサービスのため全てデータがサーバー上に格納されており、セーブデータなども引き継いでチューナー経由、スマートフォン経由の両方で利用可能です。そしてネットワーク対戦による遠隔地の相手との対戦はもちろんのこと、ゲームプレイのライブ中継機能や録画したデータの共有機能なども今後実装されるとのこと。

会場で配布されているハイスコアガールのキャラがプリントされた電子図書カードのToshoca(500円分)とハイスコアガールとのタイアップ小冊子は発行数に制限があるので、必ず手に入れたいファンは早めにブースを訪れることをオススメします。

配布中の小冊子はハイスコアガールのキャラ達がストーリーに沿ってひかりTV・ひかりTVゲームのサービス内容を紹介する書き下ろしのオリジナル回、作者の押切蓮介氏によるひかりTVゲームでリリースされているゲームの紹介、ハイスコアガール公式ファンブックでおなじみの押切氏とマフィア梶田氏によるひかりTVゲームに関する特別対談、ハイスコアガール本編の第4話が収録されており、非常に濃い内容になっています。

また、タイアップオリジナルTシャツは1時間毎に1回(2名まで参加可)開催されるステージイベントに参加した人のみが貰える限定賞品になっています。ステージ上で大野晶、日高小春のどちらかとひかりTVゲームでリリースされている黒ひげ危機一髪(罰ひげver.)、カエサルジャンプ、アーチェリーゲームのいずれかのゲームで対戦すれば貰うことが出来ます。また、見事勝利した場合は超飛びジャンボ黒ひげ危機一発/押切蓮介のサインなども貰えますので、この機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。
《吉川真人》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 「ネット流行語 100」2018年のノミネート単語を一挙公開!年間大賞は12月14日の生放送にて発表

    「ネット流行語 100」2018年のノミネート単語を一挙公開!年間大賞は12月14日の生放送にて発表

  2. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case02「アイ・アム・ロボット」

  3. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case01「異常な博士の愛情」

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. 【漫画】『ULTRA BLACK SHINE』case34「決戦!第1惑星 その4」

  6. スネークになりきれ!「極秘兵器メタルギアを破壊せよ」リアル潜入ゲームに挑戦【レポート】

アクセスランキングをもっと見る