人生にゲームをプラスするメディア

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』PS Vitaで描かれる、魔法少女たちの新たな物語

ソニー PSV

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』 ティザーサイトショット
  • 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』 ティザーサイトショット
バンダイナムコゲームスは、PS Vitaソフト『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』の発売を決定し、ティザーサイトをオープンしました。

2011年に放映されたTVアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」は、精緻に練り込まれた構成に先を予想させない展開、驚愕の決着などで、視聴者の心を掴み、多くの熱心なファンを生みました。その人気の高さは、スピンオフを含めたいくつものコミカライズやノベライズに加え、TV放映の総集編に当たる前編と後編、そして今年10月に公開を予定している「[新編]叛逆の物語」と、計3本もの劇場版が制作されるほどです。

「魔法少女まどか☆マギカ」の影響はゲーム業界にも及び、2012年3月にはアドベンチャー・ダンジョンRPGというジャンルで、『魔法少女まどか☆マギカ ポータブル』がPSPにてゲーム化されました。

そしてこのたび、『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』がPS Vitaにリリースされることが決定し、ティザーサイトも公開となりました。なおジャンルは、前作から大きく変化し、3Dアクションとなります。

ジャンルも変更されましたが、プラットフォームもPSPからPS Vitaへとバトンタッチされたことで、グラフィック面のみならず、演出や操作性などの様々な要素が、最新携帯機で快適に楽しめることでしょう。

この他に現在判明している情報は、5人の魔法少女を操り、爽快な魔法アクションを楽しめるという点のみです。その5人が誰を指すのかは明らかになっていませんが、主人公である「鹿目 まどか」をはじめ、TVアニメでも活躍した主要な魔法少女たちが、本作のプレイキャラクターとして楽しめるのではないかと思われます。

これ以上の詳細に関してはまだ明かされていませんが、「東京ゲームショウ2013」への試遊出展が決定しているので、情報公開に先駆けて、会場へ直接体験しに行くというのも一興かもしれません。

TVアニメが終わってから2年経過しても、「魔法少女まどか☆マギカ」の人気は衰えるところを知らず、根強い支持が様々な業界に影響を与え続けています。そして今後は『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』が、その熱を更に盛り上げてくれることでしょう。

『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram』は、2013年冬発売予定。価格は未定です。

(C)Magica Quartet/Aniplex・Madoka Movie Project
(C)NAMCO BANDAI Games Inc.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【PS Vita DL販売ランキング】『ダンジョントラベラーズ2-2』初登場首位、『ソルト アンド サンクチュアリ』は2位へ(4/28)

    【PS Vita DL販売ランキング】『ダンジョントラベラーズ2-2』初登場首位、『ソルト アンド サンクチュアリ』は2位へ(4/28)

  2. 【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

    【特集】『GUILTY GEAR』石渡太輔氏x「楽園追放」水島精二監督対談―3DCGだからできたことと、CGでは再現できない「魂の部分」とは

  3. あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

    あまりにセクシーな2B…『ニーア オートマタ』過去作コスチューム/闘技場DLC発表!

  4. PS4が「ロト エディション」になって登場!『ドラクエXI』や「はぐれメタル」USBカバーフィギュアが同梱

  5. 『FFXIV: 紅蓮のリベレーター』のベンチマークソフトが配信開始! 新要素を綴る最新トレーラーもお披露目

  6. PS4/PS Vita『祝姫 -祀-』現実と幻覚が交錯する世界を映像でお届け─キーワードは“呪い”と“悪夢”

  7. PS4『ポータルナイツ』のゲーム内容を紹介する国内向け最新トレイラー!

  8. 『リトルナイトメア』レインコートの少女が立ち向かうのは、恐ろしくも美しい“歪んだ世界”

  9. ソニー2016年度連結業績―PS4は2,000万台到達―ゲームは大幅増収増益

  10. 『仁王』DLC第1弾「東北の龍」の最新情報!―無料追加予定のPvP要素も公開

アクセスランキングをもっと見る