人生にゲームをプラスするメディア

鉄を携え「鷹の団」と共闘せよ ─ 『ベルセルク~快進撃!怒涛の傭兵団~』本日21日13時より配信開始

モバイル・スマートフォン iPhone

「ベルセルク」の世界を駆け抜けろ
  • 「ベルセルク」の世界を駆け抜けろ
  • アクションシーンも見応え充分
  • 己が身の力で戦場を生き抜け
  • 3D化されながらも、原作の雰囲気を再現しています
  • 苛烈な一撃
  • 「鷹の団」も登場します
  • グリフィスと共に戦える栄光も
  • 様々なキャラクターが用意されています
フィールズは、人気漫画「ベルセルク」初となる公式ソーシャルゲーム『ベルセルク~快進撃!怒涛の傭兵団~』を、8月21日の13時よりリリースを開始しました。

「ベルセルク」は、戦乱と硝煙が立ちこめる世界を舞台に、凄惨な過去を持つガッツが、世界の境界すら越える存在と対峙し、呪われた宿命や業へと立ち向かう大人気ダークファンタジー漫画。精密に計算された世界観を軸に重厚で濃密なストーリーが語られ、またそれを表現する圧倒的な画力による描写などが、読者から熱狂的な支持を受けており、コミックスの出版部数は国内だけでも2,500万部を超えるという名作です。

この「ベルセルク」を原作とした『ベルセルク~快進撃!怒涛の傭兵団~』が、本日21日の13時より、GREEにてサービスを開始。

本作には多くの魅力的な要素が満載されていますが、まず目を引くのが、3D化された原作キャラクターや傭兵らを重厚なタッチで描いた戦闘シーンです。「ベルセルク」の世界を再現したグラフィックは、プレイヤー自らがその場面を体験したかのような爽快感を与えてくれるでしょう。

また、傭兵団の要となる部隊長は、このゲームのために特別に制作されたオリジナルキャラクターとなります。手に入れた傭兵すべてにシナリオが設定されており、それぞれの傭兵と戦いをともにする中で、彼らの成長や傭兵たちの絆の物語を楽しむことができます。そのため、プレイヤー自らが本作に対する感情の高まりを直接感じられ、より一層この世界を堪能できる仕組みとなっています。

しかも戦闘シーンでは、原作キャラクターとのバトルが楽しめるほか、「鷹の団」のメンバーを援護設定することで、3Dの「鷹の団」メンバーが出現して戦闘を助けてくれるため、原作ファンには嬉しいシステムも。

そして、プレイヤー同士が対戦できる「武術演習」では、「鷹の団」のメンバーとプレイヤーの信頼度レベルにより、「鷹の団」メンバーによる援護攻撃の出現率が変化。戦闘結果を大きく左右します。しかも、戦いに勝利してポイントを獲得するとランクアップし、ランキング報酬がプレゼントされるという仕組みになっているので、「鷹の団」との関係性は、攻略の上でも重要な鍵となることでしょう。

なお対応機種は、iPhone4S以降/iPad第3世代以降となっており、この他の端末は動作保証対象外となります。加えて、利用にはGREEへのログインまたは会員登録が必要です。Android版については、後日リリースを予定しています。

『ベルセルク~快進撃!怒涛の傭兵団~』は8月21日13時より配信開始。価格は基本無料のアイテム課金型となります。

(C)三浦建太郎(スタジオ我画)・白泉社 / BERSERK FILM PARTNERS
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

    誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  2. 『FGO』1200万DL突破キャンペーンの開催決定! 7騎のサーヴァントを強化、マスターミッションの報酬も増加

    『FGO』1200万DL突破キャンペーンの開催決定! 7騎のサーヴァントを強化、マスターミッションの報酬も増加

  3. モバイル向けMMORPG『妖怪惑星クラリス』がサービス終了…SNSで突然のお別れ

    モバイル向けMMORPG『妖怪惑星クラリス』がサービス終了…SNSで突然のお別れ

  4. 【読者アンケート】「『FGO』で今足りないものは? ゲームプレイ編」結果発表─欲しいのは“戦力”よりも“嫁”、1位は誰もが納得!?

  5. 『アイドルマスター シャイニーカラーズ』は「原点回帰」―坂上P、高山氏に誕生のきっかけやキャラクターデザインの意図を訊いてみた

  6. 『ブレイブ フロンティア2』の配信が嬉しすぎたインサイドちゃん、Twitterアイコン&ヘッダーを差し替え!?

  7. 【読者アンケート】「『FGO』で今足りないものは? 育成編」結果発表─上位3位が全体の75%を占める大接戦!

  8. 今さら聞けない『アズールレーン』ー『艦これ』との違いや魅力って?【特集】

  9. 『FGO』「序/2017年12月31日」から考察する第2部のゆくえ【特集】

  10. 『FGO』一番好きな褐色サーヴァントは誰?(男性編)【読者アンケート】

アクセスランキングをもっと見る