人生にゲームをプラスするメディア

求人募集、エントリーシートの項目には対巨人の作戦立案など ─ 『ラグナロク オデッセイ エース』マルチプレイ要素も公開

ソニー PSV

アドホック、オンラインともに、最大4人で協力プレイが楽しめます
  • アドホック、オンラインともに、最大4人で協力プレイが楽しめます
  • 砦広場の「酒場」からマルチプレイができます
  • マルチプレイではリーダーだけがクエストを選択できます
  • 酒場で受注するクエストは、同じクエストでも難易度が高くなります
  • ソロでもマルチでも報酬に差はありません
  • エモーションアクションやエモーションアイコンが使えます
  • 機能を活かしてコミュニケーションを図ろう
  • 装備の組み合わせを42種類まで登録できます
ガンホー・オンライン・エンターテイメントが、PS Vitaソフト『ラグナロク オデッセイ エース』に関わる一風変わった求人募集を行ったのは既にお伝えした通りですが、希望者が記入するエントリーシートの項目もまた、実にユニークなものでした。

「巨人との戦闘」という勤務内容と、約7時間労働で3万円の日給という高額報酬が話題となった、セールス&マーケティング部の奇襲広告課「A.C.E.」による求人募集でしたが、興味深いのはその求人内容だけではなかったようです。

求人告知ページの下段にエントリーシートへのリンクが貼ってあり、クリックをするだけでダウンロード用のページへ飛びます。「A.C.E(Action Campaign Experts)ENTRY SHEET」と銘打たれており、なかなか本格的です。

氏名、生年月日、性別、身長体重などといった項目は、大半の求人募集でも必須となる項目でしょう。また、職業/所属を書き込む欄もあるため、専業傭兵だけでなく、本業が別にある兼業傭兵にも参加資格はあるようです。

ですが、重要となる項目はここから先となります。その中から、印象的なものをいくつかピックアップして紹介します。

■「無人島など、サバイバルな環境下で1週間以上すごしたことがある」
いきなり大胆な切り口ですが、今回の募集している職種は傭兵。しかも、巨人の討伐ともなれば、こういった実績が問われるもの無理はないかもしれません。次の項目にも、肉や魚などの自力調達の可否が問われているのも、関連事項と言えるでしょう。

■「気温45°Cをこえる屋外にいても全然平気だった過去がある」
こちらもかなり難易度が高い投げかけでしょう。その気温に耐えられるか以前に、味わったことのない人が圧倒的に多いかと思われます。もっとも世界規模で見れば、その外気温を乗り切った人も確実にいるので、決して無茶な項目とは言えません。

■「口が堅く、与えられた秘密を友人・恋人・家族などに話すことはない」
守秘義務が付きまとうのは、どのような仕事でも同様ですが、敢えて念を押す辺り、今回の「巨人討伐」は重要な意味を持っているのでしょう。ゲームの情報規制という面もあるかもしれませんが、世界の秘密に抵触するような秘密と関連する可能性もゼロではないでしょう。なにせ、巨人との戦闘ですから。

■「剣、短剣、棍棒、弓、魔法のいずれかを自在に操る自信がある」
これはむしろ必然と言える項目に近いでしょう。むしろこれらを使わずに、個人で巨人を倒すのは至難の業です。それがもし可能ならば、採用に関してかなり有利になるかもしれませんね。

■「これまで、とても重い荷物や十字架を背負って生きてきた」
これまでとは大きく異なるベクトルでヘビーな項目と言えるでしょう。荷物や十字架をどう捉えるかは個人ごとに違いますが、チェックをつけるか外すか、どちらにしても実に悩みどころとなりそうな項目です。

ここまでは基本的にイエスかノーの返答でしたが、記入事項はまだ続きます。一般的な履歴書にもある「特技」欄や、仕事柄を考えれば無理もない「今までに狩ってきた生物を教えてくださ」などは、まだ想定内と言えるでしょう。もっとも、狩った生物の一例に「かわいこちゃん」があるのは、色々物議を醸し出しそうな気配も感じるものの、次の設問が最も厄介な難問と思われます。

■「今回の任務では数メートルを超える巨人と戦っていただきますが、あなたはどんな作戦をとりますか?(イラストなどをつかって自由に表現してください」
巨人の推定身長として提示されているのは、なんと「34m」。まさしく、巨人の名にふさわしいスケールです。この巨大な敵に対し、どのような手段を講じるのかを問われる、今回の仕事内容に直結するような項目です。

これほど大きな存在にどう太刀打ちすればいいのか。それをどう表現するのか。実にハードルの高い設問ですが、巨人と戦う仕事である以上、一番大事な問いかけであることも確かです。採用の可否だけでなく、自身が無事に生還するためにも欠かせないサバイバルプラン。充分に案を練った上で、その想いをガンホーと巨人にぶつけましょう。

参加を考えている人だけでなく、一風変わったエントリーシートが見たい方も、公開されているうちに告知ページをチェックしてみてもいいかもしれませんね。


そして、傭兵として戦うのは怖いが、みんなで一緒なら戦いたいと考えている方には、このたび更新された公式サイトで、『ラグナロク オデッセイ エース』のオンライン機能に関しての情報が公開されましたので、簡単に紹介させていただきます。

本作は、アドホックマルチプレイとオンラインマルチプレイの両方が楽しめ、どちらも最大4人で協力プレイが可能です。マルチプレイを行う際には「酒場」へ移動。一番最初にルームに入ったプレイヤーがリーダーとなり、リーダーだけがクエストを選択できます。ただしゲーム進行に関しては、一番遅いプレイヤーを基準に表示されます。

酒場で受注するクエストは、シングル、マルチに関わらず、クエスト難易度が上昇しますが 傭兵団本部でクリアした場合よりもクエスト報酬が良くなります。酒場のシングルとマルチではクエスト報酬に変化はないので、複数人でマルチプレイを行うのがお得かと思われます。

なお、エモーションアクションやエモーションアイコンなどを使うことで、他のプレイヤーとコミュニケーションを取ることもできます。またオンラインプレイの場合は、テキストチャットや「コミュニケーションセット」機能が使用できるので、活用してください。

この他にも、酒場の伝声管を通じて、鍛冶屋、裁縫屋、雑貨屋などの各ショップを利用することができるため、酒場にいながら各店舗のサービスが利用可能となり、高い利便性も備えています。

充実したマルチプレイを楽しめる準備も整っている『ラグナロク オデッセイ エース』。発売日までわくわくしながら待つもよし、ユニークな求人に募集して購入資金の確保を狙うもよし。暑い夏を共に過ごす一本を、もう少しだけお待ち下さい。

『ラグナロク オデッセイ エース』は8月29日発売予定。価格はPS Vitaカード版が4935円(税込)、ダウンロード版が3900円(税込)です。

(C)Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All Rights Reserved.
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 日本一ソフトウェア「ハイパー掘り出し物市 第1弾」が開催―『ボク姫PROJECT』のPS4用アバターも販売

    日本一ソフトウェア「ハイパー掘り出し物市 第1弾」が開催―『ボク姫PROJECT』のPS4用アバターも販売

  2. 【プレイレポ】3Dグラフィックとボイスで生まれ変わる『聖剣伝説2』―懐かしくもしっかり新しい

    【プレイレポ】3Dグラフィックとボイスで生まれ変わる『聖剣伝説2』―懐かしくもしっかり新しい

  3. 【特集】『初代プレステの名作/迷作ギャルゲー』7選―20年前の黄金期を振り返る

    【特集】『初代プレステの名作/迷作ギャルゲー』7選―20年前の黄金期を振り返る

  4. 『ストリートファイターV アーケードエディション』新バトルスタイル「VトリガーII」の動画が公開

  5. 『モンハン:ワールド』拠点アステラの植生研究所やマカ錬金などの施設が公開―アクションの練習ができるトレーニングエリアも存在

  6. 『ドラゴンボール ファイターズ』アニメの名シーンを彷彿させる、大迫力なテレビCMを公開

  7. 「PlayStation4ゲットチャンスキャンペーン!!」開催決定、PS4本体購入でDL版『New みんなのGOLF』をプレゼント

  8. 『龍が如く 極2』×「いきなり!ステーキ」コラボキャンペーンがスタート、ゲーム内にも架空店舗が登場

  9. PS Storeで使える10%オフクーポンが配布中―「ニコデ、ハンガク」セールと併用可能!

  10. カプコン公式「ミス春麗決定戦」で「ザンギエフ」が優勝、その結果と再現度に会場困惑

アクセスランキングをもっと見る