人生にゲームをプラスするメディア

「ゲームファンの投稿動画は公式動画に匹敵する人気」Google「Think Insights」が報告

サービス開始以来、Googleの「Think Insights」が提供するインターネットユーザーの動向を分析したデータの数々は常に多くの注目を集めていますが、同サイトで先頃、ゲームとYoutube動画に関する研究報告がアップされ、ゲーム業界とゲームユーザーの間で話題を呼んでいます。

ゲームビジネス 市場
研究報告書「Gamers on YouTube」
  • 研究報告書「Gamers on YouTube」
サービス開始以来、Googleの「Think Insights」が提供するインターネットユーザーの動向を分析したデータの数々は常に多くの注目を集めていますが、同サイトで先頃、ゲームとYoutube動画に関する研究報告がアップされ、ゲーム業界とゲームユーザーの間で話題を呼んでいます。

同サイトにアップされた「Gamers on YouTube」と銘打たれた8ページからなる研究報告書では、YouTubeに投稿されているゲーム関連動画がどのように見られているかについて詳細な分析が述べられていて、「2012年はゲーム関連動画をYouTubeで見るユーザーが前年比で2倍に増加しました」と指摘しています。

報告書の中では、例えばゲーム関連動画が多く見られるのは週末が多く、時間帯としては午後6時から午後10時の間で、季節的には夏のほうが多く見られているというデータなどが示され、また、公式アナウンス動画やトレイラー動画、ユーザーによる実況プレイ動画など、動画のタイプも細かく分類(7種類)した分析がグラフやチャートを用いながら展開されています。

特筆すべきなのは、YouTubeにアップロードされた特定のゲーム関連動画のうち、メーカーによる公式動画のシェア(閲覧の割合)は50%に過ぎず、47%はファンが手がけた実況プレイ動画などであるというデータです。メーカーによる公式動画と、ファンが制作した動画の影響力がほぼ同じであるというこの分析結果は、ゲームメーカーのマーケティング戦略にとって大きな衝撃となるかもしれません。

また、これらのデータが示す結論として報告書では「ゲーム間連動画の閲覧数と実際のゲームの売上高には非常に強い相関関係がある」と結んでいて、売上げアップのためには発売前の多種多彩な動画によるプロモーション戦略が特に肝要であることを強調しています。

もちろんこの研究報告を鵜呑みにする必要はまったくありませんが、ネット上の動画コンテンツの重要性が急激に高まっていることについては疑問の余地がないと言えるのではないでしょうか。この観点に立てば、ユーザーの実況プレイ動画を規制するなどという方策は、メーカーとしてあり得ない行為だということになりそうです。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

    さよならハドソン、過去の名作をCMで振り返る

  2. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

    VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  3. 言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

    言論の自由はどこまで言論の自由を許すか?・・・平林久和「ゲームの未来を語る」第21回

  4. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  5. 任天堂、ロゴを変更?

  6. 「管コレ」を手かげるマッドサイエンティストJHに突撃インタビュー!その思想と原点を訊いた(前編)

  7. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  8. 『艦これ アーケード』公式が類似サービスについて注意喚起―配信直後のスマホゲーが原因か

  9. 「VRに関する意識調査」認知度は45.4%で、購入・予約者は3.7%に…MMDLabo調べ

  10. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

アクセスランキングをもっと見る