人生にゲームをプラスするメディア

本日発売!『インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突』のDCユニバースと“JLA”を徹底解説

ソニー PS3

本日発売!『インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突』のDCユニバースと“JLA”を徹底解説
  • 本日発売!『インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突』のDCユニバースと“JLA”を徹底解説
  • 本日発売!『インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突』のDCユニバースと“JLA”を徹底解説
  • 本作では、パワーキャラであるものの、同じパワーキャラカテゴリーのソロモン・グランディよりも打撃技の割合が多く、コンボで圧倒。
  • 本日発売!『インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突』のDCユニバースと“JLA”を徹底解説
  • トリッキーな動きで相手を撹乱するような動きが得意なキャラクター
  • 『インジャスティス: 神々の激突』ロゴ
  • 本日発売!『インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突』のDCユニバースと“JLA”を徹底解説
  • 本日発売!『インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突』のDCユニバースと“JLA”を徹底解説
国内では本日PS3とWii U向けに発売されたアメコミヒーローたちが活躍する対戦格闘ゲーム『インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突』。本作は、スーパーマンやバットマンというヒーローを擁する、DCコミックスの世界(DCユニバース)を舞台に、ヒーローとヴィラン(悪役)が入り乱れて戦うストーリーが描か/れている。今回は、ベースとなったDCユニバースと“JLA”の成り立ちを知ることで、本作の魅力についてお伝えしていこう。

プレイ前に知っておきたいDCユニバースと“JLA”の基本

DCコミックスは、マーベルコミックスと人気を2分するアメコミ出版社であり、1935年に創設されて現在のアメコミ出版のスタイルを最初に確立した、アメコミ界のパイオニア的な存在。そのDCコミックスの80年近い歴史の中で生まれてきた数多くのスーパーヒーローの中から、外宇宙からの襲来するエイリアンや強力な力を持つスーパーヴィラン軍団に対処するために、最高の人材を集めて組織されたのが、本作のストーリーの中心となるスーパーヒーローチーム“ジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ”(以下、JLA)だ。

その誕生は、1960年。マーベルコミックスのスーパーヒーローチーム”アベンジャーズ”の登場する3年前であり、“アベンジャーズ”は“JLA”に影響を受けて誕生したとも言われている。スーパーマン、バットマンに加えて、オリンポスの神々の力を授かったアマゾン族の女闘士ワンダーウーマン、想像したものを物質化できるパワーリングを持つ銀河警察機構の隊員・グリーンランタン、光速で走抜ける史上最速の男・フラッシュ、水中で自在に行動が可能な海底王国の王・アクアマンらが集結してチームを創設。その後、メンバーの入れ替えやチームの拡大、縮小を繰り返して形を変えながらも、人類の繁栄を守る地球の守護者として活躍し続けてきたのだ。

DCユニバース揺るがし、戦いのきっかけとなる2大ヒーローの対立

そんな強い団結力のもとに行動する“JLA”だったが、ある事件をきっかけに2つの勢力に分裂して争うことになってしまう……というのが、本作『インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突』に用意されたオリジナルストーリーである。
スーパーマンが守り続ける、繁栄の象徴とも言える大都市メトロポリス。この平和な街をバットマンの宿敵であるジョーカーが崩壊させる。その結果、スーパーマンは自身の子供を身籠もっていた妻のロイス・レーン、親友であるジミー・オルセンが命を落としてしまうのだった。この事件をきっかけに、スーパーマンは世界秩序を維持すための強硬手段をとるために動き始めた。

このスーパーマンの頑ななやり方に反感を持ったバットマンは反旗を翻し、“JLA”を代表する2大巨頭が激突。さらに、スーパーヒーローだけでなく、バットマンの宿敵であるジョーカーやベイン、キャットウーマン、スーパーマンの宿敵である悪の天才レックス・ルーサー、かつてスーパーマンを殺した狂戦士・ドゥームズデイなどのヴィランたちも2大ヒーローの対立に呼応。善・悪ではなく、同調する派閥に別れて行動を開始する。こうして、DCユニバースはスーパーマン派とバットマン派に別れて、かつて無い激闘を繰り広げることになるのだ。

『インジャスティス』でこだわった、ヒーローとその世界の構築

『インジャスティス:神々(ヒーロー)の激突』のストーリーを担当したのは、ジャスティン・グレイとジミー・パルモッティ。ストーリーを考えるライター、下書きをするペンシラー、ペン入れをするインカー、色塗りを行うカラリストと分業化されているアメコミ業界において、グレイはライターとインカー、パルモッティはライターとして活動している。二人はDCコミックスではコンビを組んで仕事を行っており、DCユニバースの機微を知り抜いた上で、ヒーローとヴィランが入り乱れるし衝撃的な物語を構築しているのだ。

ゲーム制作は、『モータルコンバット』シリーズを手掛けるNetherRealm Studiosが担当。本作の最大の特徴は、スーパーヒーローやスーパーヴィラン同士による破天荒でダイナミックなバトルの表現。

それぞれのキャラクターの持つ攻撃アクションのエフェクト再現に加えて、目を見張るのはそのダメージの見せ方だ。豪腕で殴り、ビームや武器で攻撃し、得意の必殺技で大きなダメージを与える。スーパーパワー持つヒーローやヴィランだからこそ可能な攻撃によって吹き飛ばされたキャラクターは、壁や屋根、岩盤を突き破って文字通りステージ枠を飛び出す。そして、移動したその先がまた戦いの舞台となるのだ。閉鎖された空間ではなく、世界全体がステージにように感じるスケール感も、ヒーローたちによる想像を超えたバトルを演出していくのだ。さらに、ステージ上に見えるガレキや武器、施設などのガジェットも利用可能で、対戦格闘的なテクニカルな点だけでなく、状況把握もバトルの結末を左右する重要な要素となっている。

もちろん、用意されたステージはDCユニバースではお馴染みの場所ばかり。破壊されたメトロポリスの街、バットマンのホームタウンであるゴッサムシティ、バットマンの秘密基地バットケイブ、精神疾患があるヴィランが収容されるアーカムアサイラムなど、配置されるガジェットも含めて、ヒーローの活躍のみならずバトルステージの作り込みの深さによってDCユニバースの世界にいるような感覚さえも味わうことができるのだ。

さらに、使用可能なキャラクターには、それぞれのストーリーモードが用意されている。シングルプレイでは世界観の作り込みだけでなく、キャラクターそれぞれのバックストーリーによって、二分した世界の趨勢とその結末に続く物語をさまざまな角度から追うことになる。それこそが、このゲームのもうひとつの楽しみと言ってもいいだろう。

現在、“JLA”に関しては、小学館プロダクションとヴィレッジブックスより『NEW52 ジャスティス・リーグ』と言う新しいシリーズの翻訳版がリリースされている。これは、長きにわたって展開してきたDCユニバースを、基本設定はそのままなに再構築した物語。これから“JLA”の世界観やキャラクターの関係性を知るにはもってこいの作品なので、先に読んでからプレイすれば、ゲームの徹底した世界観構築やキャラクター表現の奥深さをより深く楽しむことができるはずだ。

逆に、ゲームをプレイしてキャラクターの背景をより知りたくなったなら読み始めてもいい。ゲームをプレイして気に入ったキャラクターたちの、ゲームでは語られない設定や物語、そして彼らの抱える宿命を知れば、さらにDCユニバースという大きな世界でのバトルを堪能できるだろう。

【製品情報】
『インジャスティス:神々の激突』
発売日: 2013年6月27日
価格: 7,280円 (税込)
ジャンル: 対戦格闘 プレイ人数: 1~2人 (オンライン対応)
対応プラットフォーム:プレイステーション3、WiiU
《石井誠》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『ドラゴンボール ファイターズ』孫悟空が超サイヤ人に目覚めた名場面も収録! 再現度の高さが伺える最新PV登場

    『ドラゴンボール ファイターズ』孫悟空が超サイヤ人に目覚めた名場面も収録! 再現度の高さが伺える最新PV登場

  2. PS4『ゴッド・オブ・ウォー』第1報が到着―父と子の絆の物語

    PS4『ゴッド・オブ・ウォー』第1報が到着―父と子の絆の物語

  3. 看板モンス「ネルギガンテ」を倒せるか!?『モンハン:ワールド』メディア体験会レポ

    看板モンス「ネルギガンテ」を倒せるか!?『モンハン:ワールド』メディア体験会レポ

  4. PS Plus加入者以外も遊べる!『モンスターハンター:ワールド』ベータテスト第2弾の実施決定

  5. 『モンスターハンター:ワールド』年末に地上波特番の放送が決定!アメリカザリガニが豪華ゲストと一狩り!

  6. EP5の騒動から数ヶ月、これからの『PSO2』はどうなる?酒井P&濱﨑Dインタビュー【追記】

  7. 『CODE VEIN』第3弾トレーラー公開!吸血牙装によるバトルを中心とした映像が初披露

  8. 【読者アンケート】「PS Awards 2017」ユーザーズチョイス賞から選ぶ今年の1本! 『ドラクエ』『FF』を押さえた1位は…

  9. 『バイオハザード7』DLC「End of Zoe」インプレ―ゾイを救うため、超肉体派主人公が立ち上がる

  10. 『アイドルマスター ステラステージ』紹介PV「如月千早」編が公開、新しいスタートを切った千早の行く末は

アクセスランキングをもっと見る