人生にゲームをプラスするメディア

米国任天堂、「実況プレイ動画」ポリシーを変更か!?

任天堂 その他

先月発表されたYouTube上の「実況プレイ動画」に対する米国任天堂の今後の取り組みがゲームファンの間で話題を呼びましたが、この同社の方針が最近撤回(あるいは緩和)された可能性があるという発言が報告されています。

 ひと月ほど前、任天堂オブアメリカはYouTube上のプレイ実況動画に自社CMを挿入する方針を発表し、ゲーマーの間で話題を巻き起こしました。実際に実況プレイ動画を作成しYouTubeにアップすることで広告収入を得ている一部の投稿家にとって、この同社の方針は収入の道を閉ざされる事態に繋がるものになるという事情も、この話題に油を注ぐものとなっています。

しかし最近、そうした実況プレイ動画の人気「投稿家」の1人、Zack Scott氏がKotakuに語ったところによれば「同社から指摘されていたYouTube上の『スーパーマリオ 3Dランド』の実況プレイ動画の広告収入は、5月14日にいったん途絶えたものの、5月23日には再開しました」とのことで、これが同社の実況プレイ動画に対する方針が緩和してきていることの証拠だとしています。

この件に関する任天堂オブアメリカの公式の説明はまだありませんが、Scott氏は最近の中古ゲームに対するマイクロソフトの方針転換などを引き合いに出し、「今はビッグなゲーム会社のポリシーがガラッと大転換する季節です」と述べ、今という時代がビッグカンパニーといえども自信をもって舵を切ることが困難な混迷した状況であることを示唆しています。

もちろんこの件に関してはまだ予断は禁物であり、今後どのような展開を見せるのか引き続き注目していきたいと思います。
《小寺信夫》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

    任天堂、竹田玄洋氏の退任を発表―「NINTENDO64」以降の据え置き機開発に携わる

  2. 任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

    任天堂、平成29年3月期決算を発表─『ゼルダの伝説 BotW』は合算で384万本、ニンテンドースイッチは274万台を販売

  3. 4月27日で『星のカービィ』は25周年!関係各所からお祝いコメントが公開

    4月27日で『星のカービィ』は25周年!関係各所からお祝いコメントが公開

  4. 『スプラトゥーン2』セブン-イレブン限定グッズ&一番くじの画像が公開、タンブラーやアイロンビーズなど

  5. 「ニャニャニャ! ネコマリオタイム」『ゼルダの伝説 BotW』で風の力を借りずにイカダを動かす方法とは? “ウルトラミニターボ”実装の『マリカ8 DX』にも迫る

  6. 【レポート】『モンスターハンターダブルクロス』セミナー開催―参加者がモンスターデザインから学んだこと

  7. トヨタホームの展示場で『マリオカート8 DX』が遊べる! ニンテンドースイッチなどが当たる抽選会も

  8. 3DS『エヴァーオアシス』登場キャラの魅力や設定画などを石井浩一がお披露目─女性主人公も選択可能!

  9. 情報開発本部や統合開発本部は廃止 若返る任天堂の新体制が明らかに

  10. 「一番くじ スプラトゥーン2」発売決定! バッグ・Tシャツ・ぬいぐるみなどイカす景品!

アクセスランキングをもっと見る