人生にゲームをプラスするメディア

『ガンダムブレイカー』、巨大モビルアーマー「アプサラスII」「ゲルズゲー」「シャンブロ」登場

ソニー PS3

『ガンダムブレイカー』、巨大モビルアーマー「アプサラスII」「ゲルズゲー」「シャンブロ」登場
  • 『ガンダムブレイカー』、巨大モビルアーマー「アプサラスII」「ゲルズゲー」「シャンブロ」登場
  • 『ガンダムブレイカー』、巨大モビルアーマー「アプサラスII」「ゲルズゲー」「シャンブロ」登場
  • 『ガンダムブレイカー』、巨大モビルアーマー「アプサラスII」「ゲルズゲー」「シャンブロ」登場
  • 『ガンダムブレイカー』、巨大モビルアーマー「アプサラスII」「ゲルズゲー」「シャンブロ」登場
  • 『ガンダムブレイカー』、巨大モビルアーマー「アプサラスII」「ゲルズゲー」「シャンブロ」登場
  • 『ガンダムブレイカー』、巨大モビルアーマー「アプサラスII」「ゲルズゲー」「シャンブロ」登場
  • 『ガンダムブレイカー』、巨大モビルアーマー「アプサラスII」「ゲルズゲー」「シャンブロ」登場
  • 『ガンダムブレイカー』、巨大モビルアーマー「アプサラスII」「ゲルズゲー」「シャンブロ」登場
バンダイナムコゲームスは、プレイステーション3ソフト『ガンダムブレイカー』の最新情報を公開しました。

『ガンダムブレイカー』は、“ガンプラ”をモチーフとし、あらゆる舞台=“ジオラマ”が戦場となる新タイプのゲーム。戦闘では、頭パーツや腕パーツが外れるガンプラならではの“部位破壊”を採用。同ソフトの体験版『ガンダムブレイカーBETA版』は、3月14日から配信されており、すでに55万ダウンロードを突破しています。

ゲームの舞台は、ガンプラによるバトルゲームを実現するガンプラバトルシミュレータ「バトルライブ-G」。全国の名だたるガンプラモデラーが参戦する中、そのシステムを開発した開発者からは、ときとして過酷な試練が与えられます。プレイヤーは仲間とともに力を合わせ、巨大モビルアーマーなどに挑むこととなります。

巨大MAは、一発でパーツをバラバラにしてしまうような、強烈な攻撃を繰り出してきます。不用意に突っ込まずに、行動パターンを見きわめてコンボを叩き込み、射撃やEXで着実にダメージを与えていきましょう。

今回は、そんな巨大MAの数々を紹介。巨大飛行試験型MA「アプサラスII」は、巨体でありながら高い機動性を持ち、機体前部には大型メガ粒子砲を装備しています。ミノフスキークラフトによる衝撃波を使った落下攻撃、上空からのメガ粒子砲、回転しながらの体当たり攻撃などで襲い掛かってきます。

一方、拠点防衛用モビルアーマー「ゲルズゲー」は、ビーム砲を装備した前脚で、ビーム射撃と突き攻撃を行うことができるMA。下半身背部の大経口の滑腔砲と、上半身のビームライフルによる複合攻撃も可能です。陽電子リフレクターによる防御性能とあわせて、極めて高い制圧用能力を持つ機体です。

そして、水陸両用大型モビルアーマー「シャンブロ」は、主兵装となる大口径メガ粒子砲、両肩に内蔵された拡散メガ粒子砲、ビームを反射するリフレクター・ビットによるオールレンジ攻撃、さらに大型アイアン・ネイルによる串刺し攻撃など、圧倒的な攻撃力を誇るMAです。

ミッションが進むにつれ、巨大なモビルアーマー戦などガンプラバトルはさらに過酷になります。ただし、プレイヤー側も、機体のスペックや行動速度、攻撃範囲などを大幅に上昇させることが可能です。「覚醒」は、画面下の覚醒ゲージが満タンになると使用できる技。ゲージ満タン時にL3+R3ボタンを同時に押しこむと発動し、覚醒ゲージを消費しているあいだは、行動速度・攻撃範囲などが大幅に上昇します。「強化モジュール」は、機体のスペックを強化できる優れもの。自分の機体の強みをさらにアップさせるも良し、弱点を補うも良し。機体のバランスや戦い方に応じて装備しましょう。

ミッションで貯めた「GP」は、プレイヤーズショップでアイテムやガンプラと交換が可能。GPを貯めて好きなアバターに着替えたり、ガンプラのランナーセットを購入したりして、カスタマイズの幅を広げることができます。

なお、追加参戦ガンプラとして、小説「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン」に登場する「Hi-νガンダム」が参戦決定となりました。

PS3版『ガンダムブレイカー』は、6月27日発売予定で価格は7,980円(税込)です。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

    『バイオハザード2』フルリメイク『バイオハザード RE:2』17分プレイ映像!【E3 2018】

  2. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

    『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  3. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

    ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

  4. 全世界5万台限定「PlayStation 4 Pro 500 Million Limited Edition」予約がAmazonでスタート【UPDATE】

  5. 「『モンハン:ワールド』どの武器使う?」結果発表─どの武器も超接戦! わずか“0.1”%で明暗が分かれることも…【アンケート】

  6. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  7. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  8. 『モンハン:ワールド』“歴戦王”テオ・テスカトルがイベクエに出現!来週開催のマム・タロトでは新鑑定武器も登場

  9. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

  10. 『MGSV:TPP』新アップデートで「クワイエット」がプレイ可能に!一定時間不動で透明化など能力も

アクセスランキングをもっと見る