人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2013】インディーデベロッパーNumber Noneが手掛けるPS4向け3Dパズル『The Witness』

『Braid』を開発したインディーデベロッパーのNumber None, Inc.が手掛けるプレイステーション4(他にPC、iOSでもリリース予定)向けタイトル『The Witness』について、同社のJonathan Blow氏がプレゼンテーションを行いました。

ソニー PS4
The Witness
  • The Witness
  • The Witness
  • The Witness
  • 謎解きの例
『Braid』を開発したインディーデベロッパーのNumber None, Inc.が手掛けるプレイステーション4(他にPC、iOSでもリリース予定)向けタイトル『The Witness』について、同社のJonathan Blow氏がプレゼンテーションを行いました。



『The Witness』は3Dパズルゲームで、平和に見える島全体がゲームの舞台となり、様々な場所にある謎を探して解き明かしていきます。Blow氏によれば「何かを発見した時の閃きの感覚を味わえるゲームを作ろうと思った」とのこと。ゲームには一切のダイアログが存在せず、メッセージも殆どありません。プレイヤーはこの静かな島に放り出され、手掛かりを探しながら謎解きに挑戦していくのです。

プレゼンテーションでは実際にBlow氏がゲームを操作しながら内容の紹介が行われました。ゲームが始まるとそこはトンネルの中。外に出ると明るい島の風景が広がります。特に説明もなく歩いていると目に入る連なった看板のようなもの。近づいてみると迷路のような絵柄が描かれています。これが最初の謎解きです。スタートとゴールを一筋書きで繋ぐ、面積が当分になるように繋ぐ、上下対照になるように繋ぐ・・・などタイプは様々。解くために周りで手掛かりを探す必要のあるものもあります。

ゲームの中ではメッセージなどはありませんが、レベルデザインとしてユーザーが迷わないよう、次にすべきことのヒントを与えるような設計にはなっているとのこと。Blow氏によれば謎の難易度は様々あるとのことですが、「その全てを完璧にクリアしなくても先に進めるような設計になっている」とのことで、どうしても解けない謎に詰まってしまってどうしようもなくなる、ということは無さそうです。

島は全部で10のエリアに分かれていて、好きな場所からチャレンジしていくことができます。謎を解いていくと、エリアの最後には箱があり、それを10個全て集めることが目的になるようです。プレイ時間は全部で30時間程度とのこと。頭を捻る謎解きに"発見の喜び"を感じることができそうです。

『The Witness』の発売日は現在のところ未定です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. PS4『悪魔城ドラキュラXセレクション 月下の夜想曲&血の輪廻』発売決定!―X2タイトルのカップリング作品

    PS4『悪魔城ドラキュラXセレクション 月下の夜想曲&血の輪廻』発売決定!―X2タイトルのカップリング作品

  2. ファルコムショップ販売の『英雄伝説 閃の軌跡IV』永久保存版が発売前に誤発送

    ファルコムショップ販売の『英雄伝説 閃の軌跡IV』永久保存版が発売前に誤発送

  3. PS Now、一部PS4タイトルのローカルダウンロードに対応―DLCも利用可能に

    PS Now、一部PS4タイトルのローカルダウンロードに対応―DLCも利用可能に

  4. 生き延びたければ押せ! 時には引け!『キャサリン・フルボディ』OPムービー公開

  5. 『JUDGE EYES:死神の遺言』TVCM公開─八神隆之を演じる木村拓哉がメチャ格好いい!

  6. 初代PS20タイトルを同梱した「プレイステーション クラシック」12月3日発売!

  7. 『プレイステーション クラシック』のPS Plus加入者限定抽選先行予約が本日開始!

  8. 『アサシン クリード オデッセイ』国内向けローンチトレイラー!日本版の豪華声優陣も発表

  9. キーワードは「PSクラシック」と「PS Vita」…SIE織田氏合同インタビュー【TGS2018】

  10. 5期団所属の編纂者によって紡がれる『モンハン:ワールド』の世界―書籍「新大陸スケッチ紀行」発売開始!

アクセスランキングをもっと見る