人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2013】お父さんはタコ人間?異色のPS4タイトル『Octodad: Dadliest Catch』プレイレポ

ソニー PS4

【E3 2013】お父さんはタコ人間?異色のPS4タイトル『Octodad: Dadliest Catch』プレイレポ
  • 【E3 2013】お父さんはタコ人間?異色のPS4タイトル『Octodad: Dadliest Catch』プレイレポ
  • 【E3 2013】お父さんはタコ人間?異色のPS4タイトル『Octodad: Dadliest Catch』プレイレポ
  • 【E3 2013】お父さんはタコ人間?異色のPS4タイトル『Octodad: Dadliest Catch』プレイレポ
  • 【E3 2013】お父さんはタコ人間?異色のPS4タイトル『Octodad: Dadliest Catch』プレイレポ
  • 【E3 2013】お父さんはタコ人間?異色のPS4タイトル『Octodad: Dadliest Catch』プレイレポ
続編指向に走りがちなAAAタイトルと比べて、圧倒的に自由なのがインディゲームの世界。この愉快なタコオヤジ(などと日本語で書くと、とたんに駄目な感じになりますが)も、まさにインディならではのゲームでしょう。SCEブースのPS4試遊台でプレイデモされていた『Octodad: Dadliest Catch』です。

本作は顔と手足はタコだけど体は人間。そんなマイホームパパが主人公のアクションアドベンチャー、『Octdad』の続編です。オリジナル版を開発したのは米デポール大学の学生チームで、PC向けにフリーウェアで配信。2011年度のインディペンデントゲームアワード(IGF)で学生部門の最優秀賞に輝きました。

その後チームが中心となってYoung Horses, Incを起業。その結果生まれたのが本作『Octodad: Dadliest Catch』というわけです。2011年にはキックスターターで2万4320ドルの資金調達に成功。もともとPC向けに2013年リリース予定となっていましたが、新たにPS4での販売が決定。開発チームは8名で、さらに2名の3Dモデラーが手伝ってくれているという、まさにインディスタイル。同社サイトによると2013年または2014年の早い段階にリリース予定としています。

前作では美人の奥さんと二人の子どもに囲まれ、平和に暮らしつつ、なんとか自分の正体を隠し通してきたOctdad。しかし、次第に増加する妻の不信に耐えかねて、本作では地元の水族館に向かうことに(同社サイトより)。そんなの外見を見ればわかると思うのですが、そこはそれ「恋は盲目」という奴でしょうか? 

プレイデモでは結婚式に向かうOctdadの珍道中が描かれました。今日は大切な結婚式。控え室のOctdadは扉の鍵を開け、タキシードに着替え、蝶ネクタイを締めて、花嫁の待つ協会へと急ぎます。祭壇に到着したOctdadは小物入れから指輪を取り出し、花嫁の薬指にはめてゴールイン。ただ、これだけのことがドタバタになってしまうんです。だってOctdadはタコ人間なんだから。誰も知らない知られちゃいけない・・・。

本作の最大の特徴は、その操作方法にあります。まずL1ボタンで上半身と下半身の切り替えを行います。上半身モードの時は右スティックで手(触手)をぐりぐりと動かし、R1ボタンかXボタンでアイテムをつかみます。下半身モードの時は右トリガー、左トリガーがそれぞれ右足・左足に対応し、交互に押して二足歩行。方向転換は左スティックで行います。

もっともOctdadはタコなので動きもグニャグニャ。細かい操作など臨むべくもなく、 Octdadが動いた後は常にモノが床に散乱してしまいます。協会でもテーブルをひっくり返しながら進むと、それだけ参列者の白い視線を浴びてしまう始末です。なぜ、これで正体がばれない? それにしてもなぜ結婚できたんでしょうか、この二人・・・。

思うように操作できないキャラクターをゲームプレイの中核においたタイトルといえば、古くは『マーブルマッドネス』などが思い浮かびますが、操作性の悪さをユーモアに転化させたゲームというと、ちょっと思い浮かびません。まさに学生ならではの発想だと言えるでしょう。そして、この奇天烈なゲームがIGFで受賞し、PS4で商業配信されるまでに至ったことに、改めて驚きを感じ得ません。

最大の問題はこのゲーム史に(いろんな意味で)名前を残しそうなタイトルが、日本でリリースされるかということ。プレスカンファレンスでもSCEワールドワイド・スタジオ社長の吉田修平氏がお気に入りと話していたタイトルだけに、期待したいところです。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

特集

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  2. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

    「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  3. 裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

    裏側も見ナイト!『フォートナイト』×「TOKIO」TVCMメイキング映像―お馴染みのダンスも

  4. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  5. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

  6. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  7. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  8. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  9. 「『モンハン:ワールド』で一番最初にやられたモンスターは?」結果発表─1/3以上のハンターが倒れた強敵が判明!

  10. 『ウイイレ 2019』にはサッカー好きの夢が詰まっていた―新要素も交えて紹介するプレゼンレポ【E3 2018】

アクセスランキングをもっと見る